地球流体電脳倶楽部

/GFD_Dennou_Club/ ftp/ arch/

prepri

会員プレプリント(原稿)アーカイブプロジェクト 公開ディレクトリ
林祥介 (1998/09/06)
開発者向けノート 公開資源はシンボリックリンクのみにすること. 資源実体は非公開領域へおくように.


要約

00inprep/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 現在 製作中
林祥介 (1998/09/06)
1986/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 1986 年
林祥介 (2005/04/14)
1991/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 1991 年
林祥介 (2005/04/14)
1998/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 1998 年
林祥介 (1998/09/06)
2000/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2000 年
林祥介 (2002/03/01)
2001/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2001 年 (公開資源)
林祥介 (2002/03/01)
2002/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2002 年 (公開資源)
林祥介 (2002/03/01)
2003/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2003 年 (公開資源)
林祥介 (2003/02/18)
2004/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2004 年
林祥介 (2003-10-11)
2005/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2005 年
林祥介 (2004-11-25)
2006/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2006 年
林祥介 (2006-02-02)
2007/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2007 年
林祥介 (2006-08-31)
2008/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2008 年
林祥介 (2008/02/27)
2009/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2009 年
林祥介 (2009/01/14)
2010/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2010 年
林祥介 (2009/01/15)
2011/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2011 年
林祥介 (2011/02/11)
2012/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2012 年
林祥介 (2012/03/01)
2013/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2013 年
林祥介 (2013/02/05)
2014/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2014 年
林祥介 (2014/03/13)
2015/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2015 年
林祥介 (2015/02/04)
2016/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2016 年
林祥介 (2016/01/19)
2017/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2017 年
林祥介 (2017/02/17)
index.htm@
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 目次ファイル
林祥介 (2010/05/24)
[直接編集しないこと. 編集する場合は index.rd を編集した後 make を実行すること.]

詳細

00inprep/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 現在 製作中
林祥介 (1998/09/06)
1986/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 1986 年
林祥介 (2005/04/14)
1986/jmsj/
1986 年 気象集誌
林祥介 (2005/04/14)
1986/jmsj/aqua-planet/
Hayashi,Y.-Y., Sumi,A., 1986: The 30-40 day oscillations in an "aqua planet" model. J. Metorol. Soc. Japan, 64, 451--467.
山田由貴子 (2005/04/14 )
[PDF ファイルは Hayashi-Sumi_1986_JMSJ64-451.pdf 取得元はスキャナー]
1991/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 1991 年
林祥介 (2005/04/14)
1991/jmsj/
1991 年 気象集誌
林祥介 (2005/04/14)
1991/jmsj/aqua-planet-large-scale/
Numaguti, A., Hayashi, Y.-Y., 1991b: Behaviors of cumulus activity and the structures of circulations in an Aqua Planet model Part II: Eastward moving planetary scale structure and the intertropical convergence zone J. Met. Soc. Japan, 69, 563--579.
山田 由貴子 (2005/04/14 山田 由貴子)
[PDF は Numaguti-Hayashi_1991_JMSJ69-563.pdf 取得元はスキャナー]
1991/jmsj/aqua-planet-small-scale/
Numaguti, A., Hayashi, Y.-Y., 1991a: Behaviors of cumulus activity and the structures of circulations in an Aqua Planet model Part I: The structure of the super clusters. J. Met. Soc. Japan, 69, 541--561.
山田 由貴子 (2005/04/14 山田 由貴子)
[PDF は Numaguti-Hayashi_1991_JMSJ69-541.pdf 取得元はスキャナー]
1998/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 1998 年
林祥介 (1998/09/06)
1998/jmsj/
1998 年 気象集誌
林祥介 (1998/09/06)
1998/jmsj/aqua-pl/
Hosaka, M., Ishiwatari, M., Takehiro, S., Nakajima, K., Hayashi, Y.-Y., 1998, Tropical precipitation patterns in the response to a local warm SST area placed at the equator of an aqua planet.
林祥介 (1998/09/06)
J. Met. Soc. Japan, 76, 289-305.
2000/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2000 年
林祥介 (2002/03/01)
2000/dgt98/
1998 The IUTAM/IUGG Symposium on Developments in Geophysical Turbulence, June 16-19, 1998, NCAR
林祥介 (1998/09/13)
2000/dgt98/spbaro/
Hayashi, Y.-Y., Ishioka, K., Yamada, M., Yoden, S., 2000: Emergence of circumpolar vortex in 2-D turbulence on a rotating sphere. in IUTAM Symposium on Developments in Geophysical Turbulence (Proceedings of the IUTAM Symposium held at the National Center for Atmospheric Research, Boulder, CO, 16-19 June 1998) Ed R.M. Kerr and Y. Kimura, (Fluid Mecahnics and Its Applications Vol.58) Kluwer Academic Publishers, 297pp, 179-192.
林祥介 (1998/09/13)
[Technical preprint spbaro.pdf]
2000/fluidsoc/
2000 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2000-03-31)
2000/fluidsoc/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介, 2000, 火星大気放射対流の数値計算: 鉛直1次元モデルとの比較
小高正嗣 (2000/06/07)
2000/fluidsoc/marsconv/pub/
発表用 mgp ファイル群
小高正嗣 (2000/06/07)
[公開資料. ./presen/ 以下の mgp ファイルから mgp -D で自動生成]
2000/goudou/
2000 年 地球惑星科学関連学会合同大会
林祥介 (2000/02/27)
2000/goudou/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2000, 火星大気放射対流の数値計算: 鉛直1次元モデルとの比較
小高正嗣 (2000/02/27)
2000/goudou/marsconv/pub/
発表用 mgp ファイル群
小高正嗣 (2000/02/27)
[公開資料. ./presen 以下の mgp ファイルから mgp -D で自動生成]
2000/hokudai/
2000 年 北海道大学
林祥介 (2003/06/09)
2000/hokudai/choji/
卒業論文(氷床の動力学の基礎)
村田泰洋 (2001/03/20 村田泰洋)
2000/isas-lp/
宇宙科学研究所月惑星シンポジウム 2000
林祥介 (2000/06/30)
2000/isas-lp/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介, 2000 火星大気放射対流の数値計算:鉛直1次元モデルとの比較
小高正嗣 (2000/02/25)
2000/isas-lp/marsconv/pub/
発表資料 (公開用)
小高正嗣 (2002/03/01)
2000/kyushu-u/
2000 年 九州大学
竹広真一 (2000/05/26)
2000/kyushu-u/pnspcnv/
地球惑星科学教室談話会 : 竹広真一, 2000 : 高速回転球殻中の貫入対流 -木星大気と地球外核の安定成層-
竹広真一 (2000/05/27)
2001/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2001 年 (公開資源)
林祥介 (2002/03/01)
2001/agu.aut/
AGU (アメリカ地球科学連合) 秋季大会
小高正嗣 (2002/03/01)
2001/agu.aut/marsconv/
Masatsugu Odaka, Kensuke Nakajima, Masaki Ishiwatari, Yoshi-Yuki Hayashi, "A numerical simulation of thermal convection in the Martian lower atmosphere with a two-dimensional anelastic model", 2001 AGU Fall Meeting, December 12, 2001 (Preparing, Presentation No. P31A-0533).
小高正嗣 (2002/02/23)
2001/agu.aut/marsconv/pub/
ポスター発表資料 (公開用)
小高正嗣 (2002/03/01)
2001/fluidsoc/
2001 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2002/03/01)
2001/fluidsoc/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2001, 火星大気対流の 2 次元数値計算: 対流の風によるダストの巻き上げ,
小高正嗣 (2001/09/02)
2001/fluidsoc/marsconv/pub/
ポスター発表資料 (公開用)
小高正嗣 (2002/03/01)
2001/goudou/
2001 年 地球惑星科学関連学会合同大会
林祥介 (2001/02/27)
2001/goudou/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2001, 火星大気対流の数値計算: 対流の風によるダストの巻き上げ,
小高正嗣 (2001/06/10)
2001/goudou/marsconv/pub/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2001, 火星大気対流の数値計算: 対流の風によるダストの巻き上げ, 発表用 mgp ファイル群
小高正嗣 (2001/06/10)
[公開資料. ./presen 以下の mgp ファイルから mgp -D で自動生成.]
2001/goudou/oboro/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, 地球惑星科学関連学会 2001 年合同大会, 国立代々木オリンピック記念青少年センター, 2001 年 6 月 6 日, 発表番号 Aa-P009.
杉山耕一朗 (2001/05/31)
[講演予稿は http://mc-net.jtbcom.co.jp/earth2001/session/pdf/aa/aa-p009.pdf ]
2001/goudou/oboro/poster/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, ポスター発表用資料
杉山耕一朗 (2001/05/31)
2001/goudou/oboro/poster/ps/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, ポスター用画像ファイル
杉山耕一朗 (2001/05/31)
2001/goudou/oboro/poster/pub/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, ポスター一覧
杉山耕一朗 (2001/05/31)
[mgp -D より自動生成]
2001/goudou/oboro/yokou/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, 予稿集用資料
杉山耕一朗 (2001/05/31)
2001/hokudai/
2001 年 北海道大学
林祥介 (2001/11/22)
2001/hokudai/kazto/
卒業論文 (原始惑星系星雲のロスビー波)
高橋和人 (2001/02/22 高橋和人)
2001/hokudai/marsconv/
2 次元非弾性系を用いた火星大気放射対流の数値計算
小高正嗣 (2001/11/22)
[2001 年 11 月 6 日 北海道大学森羅万象セミナー発表資料]
2001/hokudai/nishiro/
卒業論文(海洋循環モデルの基礎)
西川史朗 (2001/03/02 西川史朗)
2001/hokudai/okuyama/
修士論文 (「水惑星」の赤道および赤道外に置いた暖水域が形成する降水分布)
奥山尚範 (2001/02/03 奥山尚範)
2001/hokudai/sugiyama/
修士論文 (外惑星を念頭においた熱力学計算手法)
杉山耕一朗 (2001/03/01 杉山耕一朗)
2001/hokudai/uwabami/
卒業論文(地球磁場の生成過程)
佐々木洋平 (2001/04/20 佐々木洋平)
2001/isas-lp/
宇宙科学研究所月惑星シンポジウム 2001
林祥介 (2002/03/01)
2001/isas-lp/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2001, 火星大気放射対流の 2 次元数値計算: 対流の風によるダストの巻き上げ
小高正嗣 (2001/06/29)
2001/isas-lp/marsconv/pub/
発表資料 (公開用)
小高正嗣 (2002/03/01)
2001/isas-lp/oboro/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算 第34回月惑星シンポジウム, 2001 年 8 月 6 日.
杉山耕一朗 (2001/08/29)
[Sugiyama, K., M. Odaka, K. Kuramoto, and Y.-Y., Hayashi, 2001, Thermodynamic calculation of the atmospheres of the Jovian planets, Proc. of the 34rd ISAS Lunar and Planetary Symposium, The Institute of Space and Astronautical Science., 53-56. ]
2001/isas-lp/oboro/doc/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算. 報告所格納ディレクトリ
杉山耕一朗 (2001/08/29)
2001/isas-lp/oboro/ps/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算. イメージファイル格納ディレクトリ
杉山耕一朗 (2001/08/29)
2001/isas-taiki/
宇宙科学研究所大気圏シンポジウム 2001
林祥介 (2002/03/01)
2001/isas-taiki/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2001, 火星大気の対流計算: ダストのある場合
小高正嗣 (2001/04/01)
2001/isas-taiki/marsconv/pub/
発表資料 (公開用)
小高正嗣 (2002/03/01)
2001/metsoc.spr/
2001 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2002/03/01)
2001/metsoc.spr/marsconv/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介, 2001 火星大気放射対流の数値計算:対流の風によるダストの巻き上げ
小高正嗣 (2001/02/10)
2001/metsoc.spr/marsconv/pub/
ポスター発表 mgp ファイル
小高正嗣 (2001/02/10)
[公開資料. ./presen 以下の mgp ファイルから mgp -D で自動生成.]
2001/metsoc.spr/oboro/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算 日本気象学会春季大会, 東京大学, 2001 年 5 月 10 日, 発表番号 P308.
杉山耕一朗 (2001/06/20)
[日本気象学会 2001 年春季大会講演予稿集, 382.]
2001/metsoc.spr/oboro/poster/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, ポスター発表用資料
杉山耕一朗 (2001/05/31)
2001/metsoc.spr/oboro/poster/ps/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, ポスター用画像ファイル
杉山耕一朗 (2001/05/31)
2001/metsoc.spr/oboro/poster/pub/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, ポスター一覧
杉山耕一朗 (2001/05/31)
[mgp -D より自動生成]
2001/metsoc.spr/oboro/yokou/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2001 木星型惑星大気の熱力学計算, 予稿集用資料
杉山耕一朗 (2001/05/31)
2001/nies/
平成 13 (2001) 年度国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2001/07/29)
2001/nies/meeting-3dconv/
林 祥介, 2001 アンサンブル平均で見た水惑星GCM赤道暖水域応答の時間発展と水蒸気輸送, 2001 年 9 月 13 日 環境研究所. 第 9 回スーパーコンピュータを利用した地球環境研究発表会
林祥介 (2001/07/29)
2001/tenmon.sum/
2001年 天文夏の学校
林祥介 (2002/03/01)
2001/tenmon.sum/gcm/
小高 正嗣「惑星大気大循環の数値モデルリング」
小高正嗣 (2001/09/05)
2001/tenmon.sum/gcm/pub/
ポスター発表資料 (公開用)
小高正嗣 (2002/03/01)
2001/u-tokyo/
2001 年 東京大学
林祥介 (2002/03/01)
2001/u-tokyo/odakker/
小高正嗣 2001: 2 次元非弾性系を用いた火星大気対流に関する数値的研究, 博士論文, 東京大学数理科学研究科(2001 年 3 月 29 日学位授与)
小高正嗣 (2001/04/21)
2002/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2002 年 (公開資源)
林祥介 (2002/03/01)
2002/fluidsoc/
2002 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2002-03-29)
2002/fluidsoc/marswave/
小高 正嗣, 倉本 圭, 中島 健介, 林 祥介, 「鉛直対流により励起される火星大気の内部重力波」
小高正嗣 (2002/03/29 )
日本流体力学会年会 2002
2002/goudou/
2002 年 地球惑星科学関連学会合同大会
林祥介 (2002/02/22)
2002/goudou/duststorm/
小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介 火星ダストの気象学
小高正嗣 (2002/02/27)
2002/goudou/marswave/
小高正嗣, 倉本圭, 中島健介, 林 祥介, 鉛直対流により励気される火星大気の内部重力波
小高正嗣 (2002/02/26)
2002/goudou/oboro/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 2002 木星型惑星大気の熱力学計算〜温度と静的安定度の分布, 地球惑星科学関連学会 2002 年合同大会, 国立代々木オリンピック記念青少年センター, 2002 年 5 月 27 日, 発表番号 P036-P018.
杉山耕一朗 (2002/06/20)
2002/goudou/oboro/yokou/
予稿集用原稿置場
杉山耕一朗 (2002/03/01)
2002/hokudai/
2002 年 北海道大学
石渡正樹 (2001/12/20)
2002/hokudai/choji/
修士論文 (氷床流動の構成方程式依存性に関する数値的研究)
村田泰洋 (2002/02/20 村田泰洋)
2002/hokudai/choji/ice-model.tar.gz@
修士論文で用いたプログラム
村田泰洋 (2002/06/05 村田泰洋)
2002/hokudai/choji/shu-ron.pdf@
修士論文 PDF版 (氷床流動の構成方程式依存性に関する数値的研究)
村田泰洋 (2002/06/05 村田泰洋)
2002/hokudai/choji/shu-ron.tar.gz@
修士論文 tar 圧縮アーカイブ版 (氷床流動の構成方程式依存性に関する数値的研究)
村田泰洋 (2002/06/05 村田泰洋)
2002/hokudai/kazto/
卒業論文 (Rubyのための高速フーリエ変換(FFT)ライブラリの構築)
高橋和人 (2001/02/22 高橋和人)
2002/hokudai/koko/
卒業論文 (二次元定常ロスビー波の伝播)
高橋 こう子 (2002/06/05 高橋 こう子)
2002/hokudai/koko/rossby-n2.f90@
卒業論文のプログラム
高橋 こう子 (2002/06/05 高橋 こう子)
2002/hokudai/koko/sotsuron.pdf@
卒業論文 (二次元定常ロスビー波の伝播) PDF ファイル
高橋 こう子 (2002/06/05 高橋 こう子)
2002/hokudai/koko/sotsuron.tar.gz@
卒業論文 (二次元定常ロスビー波の伝播) TAR ファイル
高橋 こう子 (2002/06/05 高橋 こう子)
2002/hokudai/yukiko/
卒業論文 (赤道波の線形理論)
山田 由貴子 (2001/02/22 山田 由貴子)
2002/jas/
2002 年 J. Atmos. Sci. (公開用)
林祥介 (2008/08/01)
2002/jas/bousou/
テクニカルリプリント Ishiwatari, M., S. Takehiro, K. Nakajima, Y.-Y. Hayashi, 2002: A numerical study on appearance of the runaway greenhouse state of a three-dimensional gray atmosphere. J. Atmos. Sci., 59, 3223-3238.
石渡正樹 (2007/08/09)
[英語版は ./pub/bousou.pdf 日本語版は ./pub/bousou_ja.pdf JAS で出版されたものは http://ams.allenpress.com/perlserv/?request=get-abstract&doi=10.1175%2F1520-0469%282002%29059%3C3223%3AANSOAO%3E2.0.CO%3B2 ]
2002/metsoc.aut/
2002 年 日本気象学会秋季大会
中島健介 (2002/07/16)
2002/metsoc.aut/pnspcnv/
竹広真一, J. R. Lister, 2002 : 高速回転球殻中の貫入対流と木星の平均帯状流生成
竹広真一 (2002/07/19)
2002/metsoc.aut/pnspcnv/pub/
竹広真一, J. R. Lister, 2002 : 高速回転球殻中の貫入対流と木星の平均帯状流生成. 発表資料.
竹広真一 (2002/10/12)
2002/metsoc.hokkaido/
2001 年度気象学会北海道支部研究会
fumi (2001-12-20)
2002/metsoc.hokkaido/mars/
小高正嗣, 林 祥介 火星ダストの気象学
小高正嗣 (2002/08/21)
2002/metsoc.spr/
2002 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2002/02/23)
2002/metsoc.spr/marswave/
小高正嗣, 倉本圭, 中島健介, 林 祥介, 鉛直対流により励気される火星大気の内部重力波
小高正嗣 (2002/02/23)
2002/metsoc.spr/oboro/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林 祥介, 2002 木星型惑星大気の熱力学計算〜温度分布と静的安定度の分布 日本気象学会春季大会, 大宮ソニックシティ, 2002 年 5 月 22 日, 発表番号 P104.
杉山耕一朗 (2002/06/20)
[日本気象学会 2002 年春季大会講演予稿集, 207.]
2002/metsoc.spr/oboro/poster/
ポスター発表原稿置場
杉山耕一朗 (2002/06/20)
2002/metsoc.spr/oboro/yokou/
予稿集用原稿置場
杉山耕一朗 (2002/02/25)
2002/nies/
平成 14 (2002) 年度国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2002/07/02)
2002/nies/meeting-3dconv/
林祥介, 2002: アンサンブル平均で見た水惑星GCM赤道暖水域応答の時間発展と水蒸気輸送, 2002 年 9 月 ? 日 環境研究所 第 10 回 スーパーコンピュータを利用した地球環境研究発表会
林祥介 (2002/07/02)
2002/riam/
2002 年 九州大学応用力学研究所 研究集会「流体現象と非線形現象論」 2002/03/13-15
林祥介 (2002/03/14 林祥介)
2002/riam/aqua-pl/
林 祥介, 熱帯域の降水分布: 水惑星アンサンブル実験による暖水域の影響, 2002 年 3 月 14 日, 九州大学応用力学研究所 研究集会「流体現象と非線形現象論」 2002/03/13-15
林祥介 (2002/03/14 林祥介)
2003/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2003 年 (公開資源)
林祥介 (2003/02/18)
2003/alma/
ワークショップ「ALMA で惑星科学」
小高正嗣 (2003/02/18)
2003/fluidsoc/
2003 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2003-06-24 石渡正樹)
2003 年 7 月 28 日(月) 〜 7 月 30 日 (水) 工学院大学, 日本流体力学会
2003/fluidsoc/agcm6/
小高正嗣, 石渡正樹, 竹広真一, 石岡圭一, 豊田英司, 林祥介, 2003: 地球型惑星大気大循環モデル AGCM6 の開発 日本流体力学会年会 2003 大気の流れセッション
小高正嗣 (2003/03/31)
2003/fluidsoc/spmodel-mhd/
佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 2003: SPMODEL群の一環としての回転球殻 MHD ダイナモの数値モデルの構築 2003 年度流体力学会
佐々木洋平 (2004年 5月 4日 火曜日 23:33:28 JST)
2003/goudou/
2003 年 地球惑星科学関連学会合同大会
小高正嗣 (2003/05/25)
2003/goudou/agcm6/
小高正嗣, 石渡正樹, 竹広真一, 石岡圭一, 豊田英司, 林祥介, 2003: 地球型惑星大気大循環モデル AGCM6 の開発 地球惑星科学関連学会合同大会 2003 セッション J031 情報地球惑星科学
小高正嗣 (2003/05/25)
2003/goudou/alma/
林 祥介, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 石渡 正樹, 「火星大気の循環構造: 種々の混合過程と大規模場への影響」, 地球惑星科学関連学会 2003 年合同大会, 幕張メッセ国際会議場, 2003 年 5 月 27 日(発表番号 P084-P010) [セッション P084 アルマは惑星科学にどのようなブレークスルーをもたらすか]
林 祥介 (2003/02/23 林 祥介)
2003/goudou/mosir_edu/
中神 雄一, 大島 修, 杉山 耕一朗, 倉本 圭, 小高 正嗣, 川端 善仁, 佐藤 光一朗, 小林 和真, 笹川 浩達, Mosir プロジェクト, 「DVTS を活用した高大間双方向遠隔授業の実践」, 地球惑星科学関連学会 2003 年合同大会, 幕張メッセ国際会議場, 2003 年 5 月 26 日(発表番号 J045-012).
杉山耕一朗 (2003/03/10)
2003/goudou/mosir_tech/
中神 雄一, 大島 修, 杉山 耕一朗, 倉本 圭, 小高 正嗣, 川端 善仁, 佐藤 光一朗, 小林 和真, 笹川 浩達, Mosir プロジェクト, 「DVTS とその地球惑星科学における活用」 地球惑星科学関連学会 2003 年合同大会, 幕張メッセ国際会議場, 2003 年 5 月 26 日(発表番号 J077-007).
杉山耕一朗 (2003/03/10)
2003/hokudai/
2003 年 北海道大学
林 祥介 (2003/06/09)
2003/hokudai/daktu32/
卒業論文 (TRMM/PRで観測された熱帯域の降雨分布:gtool4による可視化)
塚原大輔 (2003/02/10)
2003/hokudai/morikawa/
卒業論文 (数値予報モデルのための気象力学)
森川 靖大 (2003/02/05 森川 靖大)
[閲覧用資源は pub/index.htm]
2003/hokudai/uwabami/
修士論文(回転球殻 MHD ダイナモの数値モデルの構築)
佐々木洋平 (2003/02/10)
2003/iugg/
IUGG 2003
林祥介 (2003/01/29)
2003/iugg/agcm6/
Masatsugu Odaka, Masaki Ishiwatari, Shin-ichi Takehiro, Keiichi Ishioka, Eizi Toyoda, and Yoshi-Yuki Hayashi, 2003: Development of a general circulation model for the earth type planetary atmospheres: The GFD Dennou Club atmospheric general circulation model version 6, IUGG 2003, July 11, 2003, Sapporo (MC04/11P/B22-003).
小高正嗣 (2003/01/29)
2003/iugg/gtool/
豊田英司, 石渡正樹, 竹広真一, 林祥介 development of gtool
豊田英司 (2003/02/19)
2003/iugg/marswave/
Masatsugu Odaka, Kiyoshi Kuramoto, Kensuke Nakajima, and Yoshi-Yuki Hayashi, A numerical study of vertical eddy mixing due to gravity waves generated by thermal convection in the Martian atmosphere, IUGG 2003, July 11, 2003, Sapporo (MC04/11P/B22-002).
小高正嗣 (2003/01/29)
2003/iugg/oboro/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 2003 The systematic calculation of adiabatic structure of Jovian planet atmospheres. IUGG 2003. MC04/10P/B22-005.
杉山耕一朗 (2003/07/10)
2003/kobe-u/
2003 年 神戸大学
林 祥介 (2003/09/30)
2003/kobe-u/mars-hayashi/
林 祥介 2003: 地球型惑星大気大循環モデルへ向けて --- まずは地球大気 vs 火星大気 --- 火星サイエンスの brain-storming meeting 神戸大学・自然科学研究科 3 号館 609, 2003 年 9 月 29 日 〜 30 日
林 祥介 (2003/09/30)
2003/metsoc.aut/
2003 年 日本気象学会秋季大会
林祥介 (2006/06/28 )
2003 年 10 月 15 日 (水) 〜 17 日 (金), 宮城県民会館・勾当台会館(仙台市青葉区国分町3丁目)
2003/metsoc.aut/gms/
*中野 満寿男, 中島 健介, 2006: お手軽グリッドモデル構築ツール (GMS) の開発. 日本気象学会 2003 年度秋季大会講演予稿集, ???.
中野 満寿男 (2006/06/28 )
[講演日 : 10 月 15 日 場所 : 宮城県民会館・勾当台会館 B 会場 講演番号 : P135 予稿 pdf は ./yokou/gms.pdf . ポスターは ./poster/]
2003/nies/
平成 15 (2003) 年度国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2003/10/20)
2003/nies/meeting-agcm6/
小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 2003: 地球型惑星待機大循環モデルの開発と基礎実験 2003 年 10 月 21 日 環境研究所 第 11 回 スーパーコンピュータを利用した地球環境研究発表会
小高正嗣 (2003/09/19)
2004/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2004 年
林祥介 (2003-10-11)
2004/adec/
風送ダスト研究会
林祥介 (2004/09/23)
2004/adec/duststorm/
小高正嗣, 2004: 火星のダストと気象, 第17会風送ダスト研究会, 2004 年 9 月 30 日, 気象庁
小高正嗣 (2004/09/23)
2004/aogs/
AOGS 1ST Annual Meeting
林祥介 (2004/02/12)
2004/07/05 (月) 〜 07/9 (金), Suntec Singapore International Convention & Exhibition Centre, Singapore
2004/aogs/mars-model/
Numerical modeling of the Martian atmosphere: A review
小高正嗣 (2004/02/12)
[講演日: 講演セッション: SP15 Science and Exploration of Mars and Venus. 講演番号: ]
2004/esps/
系外惑星系セミナー
林 祥介 (2004/07/13 林 祥介)
2004/esps/hotjupiter/
林 祥介, 2004: 系外巨大惑星の大気循環 系外惑星系セミナー --- 「惑星系を狙え」 第22回 2004 年 7 月 13 日 於 北大 低温研
林 祥介 (2004/07/13 林 祥介)
[公開資源は pub/index.html]
2004/fluidsoc/
2004 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2004-08-06 山田由貴子)
2004 年 8 月 09 日(月) - 8 月 11 日 (水) 名古屋大学, 日本流体力学会
2004/fluidsoc/ape-resol/
山田由貴子, 三瓶岳昭, 高橋芳幸, 吉岡真由美, 大淵 済, 石渡正樹, 中島健介, 林 祥介, 2004: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の解像度依存性. 日本流体力学会年会 2004 講演論文集, ながれ, ?? 別冊, ???--???.
山田 由貴子 (2004/06/14 山田 由貴子)
[8 月 11 日 講演番号 A-313]
2004/fluidsoc/mhd-dynamo/
佐々木洋平, 小高正嗣, 竹広真一, 林祥介 ダイナモベンチマークにおける磁場生成維持機構の解析 2004 年度流体力学会
佐々木洋平 (2004/04/21 佐々木洋平)
2004/gfdl/
2004 年 9 月 24 日 GFDL/FMS 電脳調査
石渡正樹 (2004/09/18)
2004/gfdl/dcpam/
GFD Dennou Club (林 祥介), 2004: Development of a Hierarchical Set of Numerical Models ─ from GFD to Planetary Atmospheres ─
林 祥介 (2004/09/18 林 祥介)
2004/goudou/
地球惑星科学関連学会 2004年 合同大会
林祥介 (2004/01/26)
2004 年 5 月 9 日 (日) 〜 5 月 13 日(木), 幕張メッセ国際会議場
2004/goudou/cumulus/
中島健介, 2004: 理想化された状況における積雲対流の自発的構造化の数値実験 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-DOM
中島健介 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: J028 地球流体力学 ―地球惑星科学における「遷移現象と多重解」へのアプローチ― 講演番号 : J028-004 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/goudou/exoplanets/
中島健介, 2004: 太陽系外惑星の大気循環 : 予測のために何が必要か 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-DOM
中島健介 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 13 日 講演セッション: P074 系外地球型惑星、木星型惑星 講演番号 : J074-002 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/goudou/gms/
*中野 満寿男, 中島 健介, 2006: fortran90 を用いたお手軽 grid model 構築ツール gms の開発. 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-ROM
中野 満寿男 (2006/06/29 発表資料追加)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: J031「情報地球惑星科学」 講演番号 : J031-007 予稿 pdf は ./yokou/j031-007.pdf (日本語), ./yokou/j031-007_e.pdf (英語). 発表資料は ./presen/pub (HTML 版), ./presen/gms.pdf (PDF 版).]
2004/goudou/gt4f90io/
森川靖大, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 2004: gt4f90io: gtool4 規約に基づく Fortran90 netCDF I/O ライブラリ: 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-ROM
森川靖大 (2004/02/09)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: J031「情報地球惑星科学」 講演番号 : J031-011]
2004/goudou/gt4f90io/pub/
公開 (発表) 用資料
森川 靖大 (2004/05/07)
[目次は index.html である.]
2004/goudou/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2004: 原始火星大気における CO2 氷雲の安定性 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-DOM
光田千紘 (update: missing)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: P061 「変遷する火星」 講演番号 : J061-006 発表資料[Quick Time版]は, ./presen/epsu_20040510.pdf 発表資料[PDF版]は, ./presen/epsu_20040510_latest.mov.]
2004/goudou/mars-gcm/
高橋 芳幸, 小高 正嗣, 2004: 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-DOM
小高正嗣 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: P061 「変遷する火星」 講演番号 : J061-005 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/goudou/mars-nhm/
小高 正嗣, 2004: 非静力学火星大気モデルを用いた数値シミュレーションの現状 地球惑星科学関連学会 2004 年合同大会 予稿集, CD-DOM
小高正嗣 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: P061 「変遷する火星」 講演番号 : P061-004 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/goudou/mhddynamo/
佐々木洋平, 小高 正嗣, 林 祥介, 竹広 真一, 2004: ダイナモベンチマーク・ケース1 における磁場生成維持機構の解析 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-ROM
佐々木洋平 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 12 日 講演セッション: E012「地磁気・古地磁気」 講演番号 : E012-004 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/goudou/snowball/
石渡正樹, 中島健介, 竹広真一, 林祥介, 2004: アイスアルベドフィードバックを組み込んだ灰色大気モデルの多重平衡解 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-DOM
石渡正樹 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: J028 地球流体力学 ―地球惑星科学における「遷移現象と多重解」へのアプローチ― 講演番号 : J028-003 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/goudou/snowball/pub/
公開資源置場
石渡正樹 (2004/05/08)
[目次は ./pub/index.html .]
2004/goudou/spmodel-shallow/
小高 正嗣, 石渡 正樹, 竹広 真一, 石岡 圭一, 林 祥介, 2004: SPMODEL の一環としての球面浅水モデル 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会 予稿集, CD-ROM
小高正嗣 (2004/02/04)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: J031「情報地球惑星科学」 講演番号 : J031-012]
2004/goudou/spmodel-shallow/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2004/03/20)
[目次は ./pub/index.html . ./src/ から epppt http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~morikawa/perl/epppt/SIGEN_PUB.htm を用いて作成.]
2004/goudou/venus/
杉山耕一朗, 佐野康男, 柿並義宏, 山田学, 渡部重十, 2004: 金星の紫外観測 ---Planet C 紫外カメラ開発に向けて--- 地球惑星科学関連学会 2004年合同大会
杉山耕一朗 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 10 日 講演セッション: 金星研究サークル 講演番号 : 発表資料目次は ./index.html]
2004/hokudai/
2004 年 北海道大学
石渡正樹 (2002/10/22)
2004/hokudai/kitamo/
北守 太一 2004: 北海道大学理学部地球科学科卒業論文 (Mellor and Yamada (1974) の乱流クロージャモデル)
北守 太一 (2004/01/19 北守 太一)
2004/hokudai/kitamo/poster/
北海道大学理学部地球科学科卒業論文発表会発表資料 (Mellor and Yamada (1974) の乱流クロージャモデル)
北守 太一 (2004/2/16)
2004/hokudai/kitamo/thesis/
北守 太一 2004: 北海道大学理学部地球科学科卒業論文 (Mellor and Yamada (1974) の乱流クロージャモデル)
北守 太一 (2004/2/16)
[閲覧用資源は pub/index.htm]
2004/hokudai/koko/
高橋 こう子 2004: 北海道大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻修士論文 (非静力学対流モデルの定式化に関する再検討:地形を考慮した雲解像モデルの開発へ向けて)
高橋 こう子 (2004/01/30 高橋 こう子)
2004/hokudai/odakker_2004-07-13/
全学教育 科学・技術の世界「地球惑星科学のフロンティア」 講義スライド(2004/07/13 実施)
小高正嗣 (2004/07/13)
[目次は pub/index.html]
2004/hokudai/odakker_2004-07-20/
全学教育 科学・技術の世界「地球惑星科学のフロンティア」 講義スライド(2004/07/20 実施)
小高正嗣 (2004/07/20)
[目次は pub/index.html]
2004/hokudai/odakker_2004-11-10/
大垣東高校遠隔授業講義スライド(2004/11/10 実施)
小高正嗣 (2004/11/03)
[目次は pub/index.html]
2004/hokudai/takemoto/
竹本 和彰 2004: 北海道大学理学部地球科学科卒業論文
竹本 和彰 (2004/10/19 小高正嗣)
[電脳 ruby 公開領域 /GFD_Dennou_Club/ftp/arch/ruby/products/gave/tutorial/takemoto のシンボリックリンク ]
2004/hokudai/totera_Dexam-0728/
理学研究科地球惑星科学専攻, 博士後期課程入試試験 口頭試問スライド
光田千紘 (2004/07/28)
[PDF 版は ./pub/Dexam.pdf QuickTime 版は ./pub/Dexam.mov]
2004/hokudai/yukiko/
山田 由貴子 2004: 北海道大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻修士論文 (水惑星実験による熱帯域降水活動の放射冷却率鉛直分布依存性に関する研究)
山田 由貴子 (2003/11/28 山田 由貴子)
2004/hpws/
Habitable planets workshop
林祥介 (2005/01/05)
2004 年 12 月 14 日 (火) 〜 10 月 16 日(木), 東山温泉玉子湯
2004/hpws/mars-cloud/
光田千紘, 2004: 古火星環境での二酸化炭素氷雲の温室効果 東山温泉玉子湯, habitable plantes workshop
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[Quick Time版]は, ./presen/hpws.mov 発表資料[PDF版]は, ./presen/hpws.pdf]
2004/isas-lp/
宇宙科学研究本部 月惑星シンポジウム 2004 年 8 月 4 日(水) 〜 8 月 6 日(金) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
林祥介 (2005/01/05)
2004/isas-lp/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2004: 原始火星における CO2 氷雲の散乱温室効果 : line by line 法による検討 宇宙科学研究本部 月惑星シンポジウム 講演集
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[Quick Time版]は, ./presen/Lunar_Planet_0729.pdf 発表資料[PDF版]は, ./presen/Lunar_Planet_0729.mov 講演集は, ./proc/proceeding.pdf]
2004/isas-ss/
宇宙科学研究所 Super SINET 成果報告研究会
林祥介 (2004/01/21)
2004/isas-ss/hokudai/
北大における Super SINET 接続と利用
小高正嗣 (2004/01/21)
2004/jmsj/
2004 年 気象集誌
中島健介 (2004/04/08)
2004/jmsj/aqua3d/
K.Nakajima, E.Toyoda, M.Ishiwatari, S.Takehiro, Y.-Y. Hayashi, 2004: Initial Development of Tropical Precipitation Patterns in Response to a Local Warm SST Area: An Aqua-Planet Ensemble Study, J. Meteorol. Soc. Japan, 82, 1483-1504.
中島健介 (2005-03-16)
2004/metsoc.aut/
2004 年 日本気象学会秋季大会
林祥介 (2004-08-06 山田由貴子)
2004 年 10 月 6 日 (水) 〜 10 月 8 日 (金), アクロス福岡(福岡市中央区)
2004/metsoc.aut/ape-hadley/
*大淵 済, 山田由貴子, 三瓶岳昭, 吉岡真由美, 高橋芳幸, 2004: 水惑星実験における時間・帯状平均量のモデル解像度依存性. 日本気象学会 2004 年度秋季大会講演予稿集, D105.
山田由貴子 (2004/10/08 山田由貴子)
[講演日 : 10 月 06 日 講演番号 : D105 予稿 pdf は ./yokou/pub/ape-hadley_metsoc-aut.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2004/metsoc.aut/ape-resol/
*山田由貴子, 三瓶岳昭, 高橋芳幸, 吉岡真由美, 大淵 済, 石渡正樹, 中島健介, 林 祥介, 2004: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の解像度依存性. 日本気象学会 2004 年度秋季大会講演予稿集, C302.
山田由貴子 (2004/08/05 山田由貴子)
[講演日 : 10 月 08 日 講演番号 : C302 予稿 pdf は ./yokou/pub/ape-rezol_metsoc-aut.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2004/metsoc.hokkaido/
2004 年度日本気象学会北海道支部研究会
山田 由貴子 (update: missing)
第 2 回 2004 年 12 月 15 日 (水), 札幌管区気象台
2004/metsoc.hokkaido/ape-resol/
*山田由貴子, 三瓶岳昭, 高橋芳幸, 吉岡真由美, 大淵 済, 石渡正樹, 中島健介, 林 祥介, 2004: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の解像度依存性. 日本気象学会北海道支部機関誌「細氷」, XXXp .
山田由貴子 (2004/12/17 山田由貴子)
[講演日 : 12 月 15 日 予稿 pdf は ./yokou/pub/ape-resol_metsoc-hokkaido.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2004/metsoc.spr/
2004 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2003-05-02 山田由貴子)
2004 年 5 月 16 日 (日) 〜 5 月 19 日 (水), 学術総合センター・学士会館・気象庁(東京都千代田区)
2004/metsoc.spr/aqua-mradl/
山田由貴子, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2004: 水惑星実験における赤道域降水活動の放射冷却率鉛直分布依存性. 日本気象学会 2004 年度春季大会講演予稿集, P221.
山田由貴子 (2004/02/07 山田由貴子)
[講演日 : 5 月 17 日 講演番号 : P221 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/metsoc.spr/omochi/
村田泰洋, 林祥介, 小高正嗣, 保坂征宏 2004: 氷床流動モデルの構築: 気候モデルに導入するに向けて
村田 泰洋 (2004/02/13 村田 泰洋)
[講演日 : 5 月 16 日 講演番号 : P107 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/metsoc.spr/spmodel-shallow/
小高 正嗣, 石渡 正樹, 竹広 真一, 石岡 圭一, 林 祥介, 2004: 階層的地球流体力学スペクトルモデル集 SPMODEL, 日本気象学会春季大会
小高正嗣 (2004/05/08)
[講演日 : 5 月 16 日 講演番号 : P122 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/metsoc.spr/spmodel-shallow/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2004/03/20)
[目次は ./pub/index.html . ./src/ から epppt http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~morikawa/perl/epppt/SIGEN_PUB.htm を用いて作成.]
2004/metsoc.spr/sumatra/
インドネシア/スマトラ島域の活発な雲活動の調査
上延史 (2004/05/21)
[講演日 : 5 月 16 日 講演番号 : P165 発表資料目次は ./pub/index.html]
2004/nies/
平成 16 (2004) 年度国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2003/10/11)
2004/nies/meeting-aqua-mradl/
林祥介, 石渡正樹, 小高正嗣, 2004: 簡略な水惑星GCMに見られる熱帯域降水活動の放射冷却率鉛直分布依存性 2004 年 10 月 4 日 環境研究所 第 12 回 スーパーコンピュータを利用した地球環境研究発表会
林祥介 (2003/08/30)
2004/ruby/
2004年 ruby workshop
林祥介 (2004/03/18)
2004/ruby/davis/
小高正嗣, davis プロジェクト davis/gtool4 プロジェクト -その背景と野望-
小高正嗣 (2004/03/21)
2004/ruby/davis/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2004/05/07)
[目次は ./pub/index.html]
2004/ruby/dcchart/
2004年 dcchart 発表資料
林祥介 (2004/03/18)
2004/ruby/debian/
小高正嗣, 竹本和彰, 第 3 回電脳 Ruby ワークショップ Debian パッケージの紹介
小高正嗣 (2004/03/20)
2004/ruby/debian/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2004/05/07)
[目次は ./pub/index.html]
2004/ruby/gt4f90io/
森川靖大, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 2004: gt4f90io: gtool4 規約に基づく Fortran90 netCDF I/O ライブラリ.
森川 靖大 (2004/03/21)
[講演日時 : 2004 年 01 月 29 日 15:30--15:50. 講演場所 : 愛媛大学総合情報メディアセンター.]
2004/ruby/spmodel/
小高正嗣, SPMODEL 開発グループ SPMODEL: ISPACK と gt4f90io による数値モデル開発
小高正嗣 (2004/03/20)
2004/ruby/spmodel/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2004/05/07)
[目次は ./pub/index.html]
2004/snowice.aut/
2004 年 日本雪氷学会全国大会
林祥介 (2004/10/05)
2004 年 9 月 27 日 (月) 〜 9 月 30 日(木), 滋賀県立大学
2004/snowice.aut/mars/
小高正嗣, 2004: 火星のダストと氷雲, 2004 年度日本雪氷学会全国大会, 滋賀県立大学
小高正嗣 (2004/10/05)
[講演日: 9 月 29 日 講演セッション: 惑星探査の発展と宇宙雪氷の魅力 講演番号: S1-3 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2004/stel-gi/
名古屋大学太陽地球環境研究所 研究小集会 宇宙地球情報科学研究会
林祥介 (2004/01/21)
2004/01/29 (木) 〜 01/30 (金), 愛媛大学総合情報メディアセンター
2004/stel-gi/gt4f90io/
森川靖大, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 2004: gt4f90io: gtool4 規約に基づく Fortran90 netCDF I/O ライブラリ. 2004年 STEL研究小集会:宇宙地球系情報科学研究会.
森川 靖大 (2004/01/30)
[講演日時 : 2004 年 01 月 29 日 15:30--15:50. 講演場所 : 愛媛大学総合情報メディアセンター.]
2004/stel-gi/spmodel-shallow/
小高正嗣, 竹広真一, 石渡正樹, 石岡圭一, 林祥介, 2004: SPMODEL 群の一環としても球面浅水方程式モデルの開発. 2004年 STEL研究小集会: 宇宙地球系情報科学研究会.
小高正嗣 (2004/01/26)
[講演日 : 2004 年 01 月 29 日 講演場所 : 愛媛大学総合情報メディアセンター.]
2004/stel-gi/spmodel-shallow/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2004/05/07)
[目次は ./pub/index.html]
2004/wakusei.aut/
2004 年 日本惑星科学会 秋季講演会
林祥介 (2005/01/05)
2004 年 10 月 14 日 (木) 〜 10 月 16 日(土), 札幌市立青少年科学館
2004/wakusei.aut/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2004: 湿潤古火星大気における二酸化炭素氷雲の安定性と散乱温室効果 札幌市立青少年科学館, 日本惑星科学会 2004 年秋季講演会惑星, 発表番号 103
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[Quick Time版]は, ./presen/fallmeeting.mov 発表資料[PDF版]は, ./presen/fallmeeting.pdf 予稿集は, ./yokou/yokou.pdf]
2004/wakusei.sum/
2004 年 惑星夏の学校
林祥介 (2005/01/05)
2004 年 8 月 25 日 (水) 〜 8 月 27 日(金), 御殿場, 国立青年の家
2004/wakusei.sum/mars-cloud/
光田千紘, 2004: 原始火星における CO2 氷雲の散乱温室効果 国立青年の家, 惑星夏の学校, 火星セッション
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[Quick Time版]は, ./presen/ssps2004.mov 発表資料[PDF版]は, ./presen/ssps2004.pdf]
2004/yuseijin/
遊星人記事
林祥介 (2005/04/12)
2004 年
2004/yuseijin/mgcm_review/
高橋芳幸, 小高正嗣, 林祥介, 2004: 大気大循環モデルによる火星気候の再現実験--現状とダストの扱いにおける課題, 遊星人, 13, 145--155.
高橋芳幸 (2005/04/12 高橋芳幸)
2005/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2005 年
林祥介 (2004-11-25)
2005/apeworkshop/
APE Workshop
林祥介 (2005/04/12 作成)
20-22 April 2005, Department of Meteorology at The University of Reading, UK
2005/apeworkshop/ape-aguforape/
Wataru Ohfuchi, 2005: AGU for APE. APE Workshop 2005, Reading, UK.
(maintainer: missing) (2005/04/12 山田 由貴子)
[講演日 04 月 20 日 発表資料目次は ./index.html]
2005/apeworkshop/ape-ohfuchi/
Wataru Ohfuchi, Yukiko Yamada, Takeaki Sampe, Mayumi K. Yoshioka, Yoshiyuki O. Takahashi, Yoshi-Yuki Hayashi, 2005: Sensitivity of Intensities of Subtropical Jet and Hadley Circulation onCumulus Parameterizations and Resolutions. APE Workshop 2005, Reading, UK.
(maintainer: missing) (2005/04/12 山田 由貴子)
[講演日 04 月 21 日 発表資料目次は ./index.html]
2005/apeworkshop/ape-shosuke/
Yoshi-Yuki Hayashi, Yukiko Yamada, Yoshiyuki O. Takahashi, Masaki Ishiwatari, Mayumi K. Yoshioka, Wataru Ohfuchi, Takeaki Sampe, Kensuke Nakajima, 2005: On the varieties offorced and spontaneously generated tropical precipitation patterns: some expectations and results. APE Workshop 2005, Reading, UK.
山田 由貴子 (2005/04/12 山田 由貴子)
[講演日 04 月 20, 21 日 発表資料目次は ./index.html]
2005/apeworkshop/ape-yukiko/
Yukiko YAMADA, Takeaki SAMPE, Yoshiyuki O. TAKAHASHI, Mayumi K. YOSHIOKA,Wataru OHFUCHI, Masaki ISHIWATARI, Kensuke NAKAJIMA, Yoshi-Yuki HAYASHI, 2005: A resolution dependence of equatorial precipitation activities represented in a general circulation model. APE Workshop 2005, Reading, UK.
山田 由貴子 (2005/04/12 山田 由貴子)
[講演日 04 月 20 日 発表資料目次は ./index.html]
2005/dps/
37th Meeting of the AAS Division for Planetary Sciences
光田千紘 (2005/09/12)
2005/09/04 - 11/09, University of Cambridge
2005/dps/mars-cloud/
Mitsuda, C.; Yokohata, T,; Kuramoto, K, 2005: The greenhouse effect of CO2 ice cloud and climate stability on early Mars. 37th Annual DPS meeting
光田千紘 (update: missing)
[講演日 : 9 月 6 日 講演セッション: 33 Mars' Atmosphere 講演番号 : 33.23 予稿 PDF は ./yokou/DPSyokou.pdf ポスターは ./poster/DPSposter.pdf]
2005/egu/
European Geosciences Union General Assembly 2005, Vienna, Austria, 24 - 29 April 2005
林 祥介 (2005/01/30)
2005/egu/ape-resol/
Yamada, Y.; Sampe, T.; Takahashi, Y. O.; Yoshioka, M. K.; Ohfuchi, W.; Ishiwatari, M.; Nakajima, K.; Hayashi, Y.-Y., 2005: A resolution dependence of equatorial precipitation activities represented in a general circulation model. EGU05 General Assembly of the European Geosciences Union, EGU05-A-06114.
山田 由貴子 (2005/01/30 山田 由貴子)
[講演日 04 月 25 日 講演番号 EGU05-A-06114 予稿 pdf は ./EGU05-J-06114.pdf 発表資料目次は ./index.html]
2005/fluidsoc/
2005 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2005/04/27 作成)
2005 年 9 月 5 日 (月) 〜 7 日 (水) 工学院大学 (新宿校舎), 日本流体力学会
2005/fluidsoc/ape-resol/
山田由貴子, 高橋芳幸, 林 祥介, 石渡正樹, 大淵 済, 中島健介, 2005: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の解像度依存性. 日本流体力学会年会 2005 講演論文集, ながれ, 24 別冊, 257.
山田 由貴子 (2005/05/02 山田 由貴子)
[09 月 07 日 講演番号 AM05-13-012]
2005/fluidsoc/dcpam/
森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 小高正嗣, 林祥介, 2005: 大気大循環モデル用力学コアの設計と実装実験: 可変性と可読性の高いプログラムへの試み 日本流体力学会年会 2005 講演論文集, ながれ, 24 別冊, 268.
森川 靖大 (2005/09/10)
講演日: 9 月 7 日 . セッション: 大気・海洋の流れ3 (C 室: 9:00 -10:40) . 講演番号: AM05-13-013
2005/fluidsoc/dcpam/presen/
発表資料置場 (口頭)
森川 靖大 (2005/04/27 作成)
[目次は ./pub]
2005/fluidsoc/dcpam/yokou/
予稿原稿置場
森川 靖大 (2005/04/27 作成)
[予稿 pdf ファイルは pub 以下に置いてある. 資料は src 以下に格納してある.]
2005/goudou/
地球惑星科学関連学会 2005年 合同大会
林祥介 (2005/02/06 作成)
日時 : 2005 年 5 月 22 日 (日) 〜 5 月 26 日(木)。 場所 : 幕張メッセ国際会議場。
2005/goudou/dcpam/
森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 小高正嗣, 林祥介, 2005: 大気大循環モデル用力学コアの設計と実装実験: 可変性と可読性の高いプログラムへの試み : 地球惑星科学関連学会 2005年合同大会 予稿集, CD-ROM.
森川靖大 (2005/05/25 発表終了)
[講演日時 : 2005 年 05 月 25 日 13:45--13:58. 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 101A. 講演セッション : J031「情報地球惑星科学」. 講演番号 : J031-001.
発表資料目次は ./pub/index.html]
2005/goudou/dcpam/pub/
公開 (発表) 用資料
森川 靖大 (2005/02/07)
[目次は index.html である.]
2005/goudou/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005: 二酸化炭素氷雲による初期火星の温暖化 : 雲面密度の変化に対する凝結率の負のフィードバック 地球惑星科学関連学会 2005年合同大会 予稿集, CD-DOM
光田千紘 (2005/05/30)
[講演日 : 5 月 26 日 講演セッション: P092「火星」 講演番号 : J092-010 予稿 pdf ファイルは ./yokou/p092-010.pdf ./yokou/p092-010_e.pdf 発表資料[Quick Time版]は, ./presen/epsu2005_mars.mov 発表資料[PDF版]は, ./presen/epsu2005_mars.pdf]
2005/goudou/mars-nhm/
小高 正嗣, 2005: 火星大気湿潤対流のための非静力学モデルの定式化 地球惑星科学関連学会 2005 年合同大会
小高正嗣 (2005/05/27)
[講演日 : 5 月 26 日 講演セッション: P092 「火星」 講演番号 : 発表資料目次は ./pub/]
2005/hokudai/
2005 年 北海道大学
森川 靖大 (2005/02/03 作成)
2005/hokudai/daktu32/
塚原大輔 2005: NCEP/NCAR 再解析データを用いた対流圏帯状平均場の解析. 北海道大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻修士論文.
塚原大輔 (2005/01/28 塚原大輔 提出版を格納)
2005/hokudai/daktu32/paper/
修士論文本体
塚原大輔 (2004/12/24 塚原大輔)
2005/01/28 に北海道大学大学院理学研究科 理学研究科に提出したもの.
2005/hokudai/daktu32/presen/
ポスター資料
塚原大輔 (2004/12/24 塚原大輔)
[発表日時 : 2005 年 02 月 02 日 09:00--16:30.(ポスターは 14:00 -- 16:00) 発表場所 : 理学部5号館2階大講義室前ロビー 発表形式 : ポスター]
2005/hokudai/daktu32/presen/poster/
ポスター資料
塚原大輔 (2004/12/24 塚原大輔)
2005/hokudai/morikawa/
森川靖大 2005: 惑星大気大循環モデル DCPAM の開発: データ I/O ライブラリの改良および力学コアの設計と実装実験. 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻修士論文.
森川靖大 (2008/02/01 森川 靖大 いまさら SIGEN ファイルの整備)
論文本体は paper/pub/shuron.pdf
ポスター概要発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/index.html

2005/hokudai/morikawa/paper/
修士論文
森川 靖大 (2005/01/31 提出版を格納)
2005/01/28 に北海道大学大学院理学研究科 理学研究科に提出したもの
[目次は pub/index.htm である.]
2005/hokudai/morikawa/paper/pub/
公開用資料
森川 靖大 (2005/01/12 新規作成)
修士論文を、dcnote http://www.gfd-dennou.org/arch/cc-env/dcnote/SIGEN.htm を用いて HTML 化したもの. 元の TeX ファイルなどに関しては, src 以下を検索のこと.
[目次は index.htm である.]
2005/hokudai/morikawa/poster/
森川靖大 2004: 惑星大気大循環モデル DCPAM の開発: データ I/O ライブラリの改良および力学コアの設計と実装実験: 2004年度 北海道大学理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文発表会.
森川 靖大 (2005/01/12 新規作成)
[目次は pub/index.html である。 発表日時 : 2005 年 02 月 02 日 09:00--16:30. 発表場所 : 理学部5号館2階大講義室前ロビー 発表形式 : ポスター]
2005/hokudai/morikawa/poster/pub/
公開用資料
森川 靖大 (2005/01/30 新規作成)
修士論文発表 (ポスター) に用いた資料を、epppt http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~morikawa/perl/epppt/SIGEN_PUB.htm を用いて HTML 化したもの. 元の ppt ファイルなどに関しては, src 以下を検索のこと.
[目次は index.html である.]
2005/hokudai/morikawa/presen/
森川靖大 2004: 惑星大気大循環モデル DCPAM の開発: データ I/O ライブラリの改良および力学コアの設計と実装実験: 2004年度 北海道大学理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文発表会. ポスター概要.
森川 靖大 (2005/02/01 完成版を格納)
[目次は pub/index.html である。 発表日時 : 2005 年 02 月 02 日 14:04--14:06. 発表場所 : 理学部5号館大講義室]
2005/hokudai/morikawa/presen/pub/
公開用資料
森川 靖大 (2005/02/01 新規作成)
修士論文発表 (ポスター) の概要紹介に用いた資料を、epppt http://www.ep.sci.hokudai.ac.jp/~morikawa/perl/epppt/SIGEN_PUB.htm を用いて HTML 化したもの. 元の ppt ファイルなどに関しては, src 以下を検索のこと.
[目次は index.html である.]
2005/isas-lp/
宇宙科学研究本部 第 38 回月惑星シンポジウム 2005 年 7 月 27 日(水) 〜 7 月 29 日(金) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
林祥介 (2005/06/29)
2005/isas-lp/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005: 古火星における二酸化炭素氷雲の散乱温室効果と気候の安定性
光田千紘 (2005/10/21)
[講演日 : 7 月 29 日 発表資料[Quick Time版]は, ./presen/ISAS_LP2005.mov 発表資料[PDF版]は, ./presen/ISAS_LP2005.pdf 講演集 pdf ファイルは ./proc/ISASLp2005Proc.pdf]
2005/isas-lp/mars-nhm/
小高 正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介, 高橋芳幸, 石渡正樹, 林祥介 2005: 火星大気湿潤対流のための非静力学モデルの定式化, 第XX回月惑星シンポジウム, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
小高正嗣 (2005/08/01)
[講演日 : 7 月 29 日 発表資料目次は ./pub/]
2005/isas-taiki/
宇宙科学研究所 第19回大気圏シンポジウム 2005
林祥介 (2005/02/14)
2005/isas-taiki/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005: 二酸化炭素氷雲による初期火星の温暖化 : 液体の水は存在可能か? 宇宙科学研究本部 大気圏シンポジウム 講演集
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[PDF版]は, ./poster/poster.pdf 講演集 pdf ファイルは ./proc/proceeding.pdf]
2005/jnctam/
2005 年 第 54 回理論応用力学講演会 2005 年 01 月 25 日 〜 27 日
林 祥介 (2004/10/11)
2005/jnctam/ape-resol/
山田由貴子, 三瓶岳昭, 高橋芳幸, 吉岡真由美, 大淵 済, 石渡正樹, 中島健介, 林 祥介, 2005: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の解像度依存性. 第 54 回 理論応用力学講演会.
山田 由貴子 (2004/10/11 山田 由貴子)
[講演日 01 月 26 日 講演番号 2D04 予稿 pdf は ./ape-resol_jnctam.pdf 発表資料目次は ./index.html]
2005/marsaero/
火星エアロノミー勉強会 2005 年 11 月 17 日(木) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
林祥介 (2005/12/26)
2005/marsaero/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005: 二酸化炭素氷雲による古火星の温暖化 火星エアロノミー勉強会
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[PDF版]は, ./presen/Marsaeronomy.pdf, 発表資料[Quicktime版]は, ./presen/Marsaeronomy.mov]
2005/marsmicro/
Kobe University, the 21st century COE program, Microsymposium, Climate and Meteorology on Mars, Kobe, 17 June 2005
林 祥介 (2005/06/20)
2005/marsmicro/mars-cloud/
Chihiro Mitsuda, Tokuta Yokohata and Kiyoshi Kuramoto: Warming of early Mars induced by CO2 ice clouds: Kobe University, the 21st century COE program, Microsymposium, Climate and Meteorology on Mars
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[PDF版]は, ./presen/kobe20050617.pdf 発表資料[Quicktime版]は, ./presen/kobe20050617.mov]
2005/metsoc.aut/
2005 年 日本気象学会秋季大会
林祥介 (2005/11/20 )
2005 年 11 月 20 日 (日) 〜 11 月 22 日 (火), 神戸大学
2005/metsoc.aut/dcpam/
*森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 小高正嗣, 林祥介, 2005: ソフトウェアとしての可読性を重視した全球プリミティブモデル. 日本気象学会 2005 年度秋季大会講演予稿集, p481.
森川 靖大 (2006/03/22 石渡正樹)
[講演日 : 11 月 22 日 講演番号 : P388 予稿 pdf は ./yokou/pub/dcpam_metsoc-aut_current.pdf . 発表資料 (ポスター) は ./presen/pub/metsoc-aut2005_dcpam.pdf]
2005/metsoc.aut/dcpam/presen/
発表資料置場 (ポスター)
森川 靖大 (2005/11/20 )
[PDF は ./pub/metsoc-aut2005_dcpam.pdf]
2005/metsoc.aut/dcpam/yokou/
予稿原稿置場
森川 靖大 (2005/08/16 )
[予稿 pdf ファイルは pub 以下に置いてある. 資料は src 以下に格納してある.]
2005/metsoc.aut/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005: 二酸化炭素氷雲の散乱温室効果による古火星気候の温暖化 日本気象学会 2005 年度秋季講演会, 発表番号 P 124
光田千紘 (update: missing)
[予稿集 pdf ファイルは ./yokou/metsoc.pdf 発表資料[PDF版]は, ./poster/poster.pdf ]
2005/metsoc.aut/mars-nhm/
小高 正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介 , 高橋芳幸, 石渡正樹, 林祥介 2005: 火星大気湿潤対流のための非静力学モデルの定式化 日本気象学会 2005 年度秋季大会講演予稿集, P123.
小高正嗣 (2005/12/19)
[講演日 : 11 月 20 日 講演番号 : P123 予稿 pdf は ./yokou/pub/mars-nhm_2005metsoc.aut.pdf 発表資料目次は presen/pub]
2005/metsoc.aut/mars-nhm/presen/
発表資料置場
小高 正嗣 (2005/06/30 )
[発表資料目次は pub]
2005/metsoc.aut/mars-nhm/presen/pub/
公開資源置場
小高 正嗣 (2005/06/30 )
[目次は index.html]
2005/metsoc.aut/mars-nhm/yokou/
予稿原稿置場
小高 正嗣 (2006/02/18 )
[予稿 pdf は ./pub/mars-nhm_2005metsoc.aut.pdf]
2005/metsoc.spr/
2005 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2005-03-01 山田由貴子)
2005 年 5 月 15 日 (日) 〜 5 月 18 日 (水), 東京大学本郷キャンパス (東京都文京区本郷7-3-1)
2005/metsoc.spr/ape-resol/
*山田由貴子, 三瓶岳昭, 高橋芳幸, 吉岡真由美, 大淵 済, 石渡正樹, 中島健介, 林 祥介, 2005: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の解像度依存性. 日本気象学会 2005 年度春季大会講演予稿集, C104.
山田由貴子 (2005/03/01 山田由貴子)
[講演日 : 05 月 15 日 講演番号 : C104 予稿 pdf は ./yokou/pub/ape-resol_2005_metsoc-spr.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2005/metsoc.sum/
日本気象学会夏期特別セミナー 第 17 回若手会夏の学校
林祥介 (2005-08-01 光田千紘)
2005 年 7 月 29 日 (金) 〜 7 月 31 日 (日), 草津温泉, 草津セミナーハウス (群馬県吾妻郡草津町大字草津宇白根737)
2005/metsoc.sum/mars-cloud/
光田千紘, 2005: 二酸化炭素氷雲による初期火星の温暖化
光田千紘 (2005/08/01)
[講演日 : 7 月 30 日 発表資料[Quick Time版]は, ./presen/ymss2005.mov 発表資料[PDF版]は, ./presen/ymss2005.pdf]
2005/newtrends/
4th International Symposium on New Trends of Physics, Sapporo, 1 - 2 April 2005
林 祥介 (2005/02/26)
2005/newtrends/mars-cloud/
Chihiro Mitsuda, Tokuta Yokohata and Kiyoshi Kuramoto: Warming of early Mars induced by CO2 ice clouds: Estimations of cloud condensation flux, column density and radius by a one-dimensional radiation model 4th International Symposium on New Trends of Physics
光田千紘 (update: missing)
[発表資料[PDF版]は, ./poster/poster.pdf 講演集 pdf ファイルは ./yokou/yokou.pdf]
2005/nies/
平成 17 (2005) 年度国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2004/10/18)
2005/nies/meeting-3dconv/
林祥介, 石渡正樹, 山田由貴子, 森川靖大, 高橋芳幸, 中島健介, 小高正嗣, 竹広真一, 2005: 簡略な水惑星GCMに見られる熱帯域降水構造の解析: 赤道重力波・水蒸気輸送の役割について 2005 年 10 月 20 日 (木) 環境研究所 第 13 回 スーパーコンピュータを利用した地球環境研究発表会
林祥介 (2005/06/21)
2005/ruby/
2005 年 ruby workshop
林祥介 (2005/03/21 作成)
2005/stel-gi/
名古屋大学太陽地球環境研究所 研究小集会 宇宙地球情報科学研究会
林祥介 (2005/12/15 作成)
2005/12/15 (木) 〜 12/16 (金), 愛媛大学総合情報メディアセンター
2005/stel-gi/deepconv/
小高正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介, 林祥介, 2005: 可読性を考慮した非静力学気象モデルの開発 2005年 STEL研究小集会:宇宙地球系情報科学研究会.
小高正嗣 (2005/12/15 )
発表資料は pub
[講演日時 : 2005 年 12 月 15 日 16:30--16:50. 講演場所 : 愛媛大学総合情報メディアセンター.]
2005/stel-gi/rdoc-dennou/
森川靖大, 石渡正樹, 堀之内武, 小高正嗣, 林祥介, 2005: RDoc を用いた Fortran90/95 プログラムのドキュメント生成: 2005年 STEL研究小集会:宇宙地球系情報科学研究会.
森川 靖大 (2005/12/15 )
発表資料は pub
[講演日時 : 2005 年 12 月 15 日 13:50--14:10. 講演場所 : 愛媛大学総合情報メディアセンター.]
2005/wakusei.aut/
2005 年 日本惑星科学会 秋季講演会
林 祥介 (2005/09/24)
2005 年 9 月 20 日 (火) 〜 9 月 22 日 (木), 会津大学
2005/wakusei.aut/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2005: 二酸化炭素氷雲による火星古気候の温暖化とその安定性 日本惑星科学会 2005 年度秋季講演会
光田千紘 (2005/09/24)
[予稿集 pdf ファイルは ./yokou/wakusei2005abst.pdf 発表資料[PDF版]は, ./presen/jsps2005.pdf, 発表資料[Quicktime版]は, ./presen/jsps2005.mov]
2005/wakusei.aut/mars-nhm/
小高 正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介 , 高橋芳幸, 石渡正樹, 林祥介 2005: 火星大気湿潤対流のための非静力学モデルの定式化 日本惑星科学会秋季大会 予稿集 (発表番号 O15-2)
小高正嗣 (2005/10/24)
[講演日 : 2005 年 9 月 20 日 講演番号 : 予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/ 発表資料目次は ./presen/pub/]
2006/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2006 年
林祥介 (2006-02-02)
2006/aerosol/
第23回エアロゾル科学・技術研究討論会
杉山 耕一朗 (2006/06/03)
2006/aerosol/mars/
小高正嗣, 2006: 火星のダストストーム, 第23回エアロゾル科学・技術研究討論会 予稿集.
杉山耕一朗 (2006/06/03)
[講演日時 : 2006 年 8 月 10 日 講演場所 : 福岡大学 講演セッション : シンポジウムIV: 惑星エアロゾル研究の現状と展望 講演番号 : J02 予稿 pdf ファイルは yokou/pub/mars_aerozol2006_v2.pdf 発表資料目次は presen/pub/]
2006/agu.aut/
AGU (アメリカ地球科学連合) 秋季大会
光田千紘 (2007/11/16)
2007 年 12 月 11 日〜 12 月 15 日, Moscone West, Moscone South, San Francisco, CA, USA
2006/agu.aut/mars-cloud/
Chihiro Mitsuda, Tokuta Yokohata, Kiyoshi Kuramoto, 2006; Scattering Greenhouse Effect of Radiatively Contralled CO2 ice cloud layer in a Martian Paleoatmosphere, 2006 AGU Fall Meeting, Planetary sciences, Martian atmosphere, P23A-0042
光田千紘 (2006/12/19 光田千紘)
[講演日 : 12 月 12 日 発表資料目次は ./presen/pub/mars-cloud_2006_agu-aut.pdf abst pdf は ./yokou/pub/mars-cloud_2006_agu-aut-yokou.pdf]
2006/gfd-stint/
GFD-STinT
林祥介 (2006-11-05 山田 由貴子)
2006 年 11 月 13 日 (月) 〜 11 月 18 日 (土), シンガポール
2006/goudou/
地球惑星科学連合 2006年大会
林祥介 (2006/02/06 作成)
日時 : 2006 年 5 月 14 日 (日) 〜 5 月 18 日(木) 場所 : 幕張メッセ国際会議場
2006/goudou/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 2006: 厚い古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲の鉛直構造 地球惑星科学連合 2006 年大会
光田千紘 (update: missing)
[講演日時 : 2006 年 5 月 17 日 15:42--15:54 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 201B 講演セッション : P230 (火星の科学と将来探査) 講演番号 : P230-002
予稿 pdf ファイルは ./yokou/P230-002.pdf (英語版は ./yokou/P230-002_e.pdf ) 発表資料目次は ./presen/pub/index.html (pdf 版は ./presen/pub/jpgu2006.pdf )]
2006/goudou/mars-conv/
小高 正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介, 林祥介 2006: 大気主成分の凝結を考慮した火星大気対流モデルの開発 地球惑星科学連合 2006 年大会 予稿集, CD-DOM
小高正嗣 (2006/05/19)
[講演日時 : 2006 年 05 月 17 日 16:18--16:30 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 201B 講演セッション : P230 (火星の科学と将来探査) 講演番号 : P230-005
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/P230-005.pdf (英語版は ./yokou/pub/P230-005_e.pdf ) 発表資料目次は ./presen/pub/]
2006/goudou/rdoc-dennou/
*森川 靖大, 石渡 正樹, 堀之内 武, 小高 正嗣, 林 祥介, 2006: RDoc を用いた Fortran90/95 プログラムのドキュメント生成 日本気象学会 2006 年度春季大会講演予稿集, 238.
森川 靖大 (2006/02/17 )
[講演日 : 5 月 24 日 (水) 場所 : つくば国際会議場 講演番号 : D401 予稿 pdf は ./yokou/pub/rdoc-dennou_2006_metsoc-spr.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2006/goudou/rdoc-dennou/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2006/goudou/rdoc-dennou/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[予稿情報は src/rdoc-dennou_goudou2006_ver4.txt 。 予稿 pdf ファイルは pub/j157-???.pdf 、 pub/j157-???_e.pdf 。 投稿時のプレビューから取得。]
2006/goudou/rdoc-dennou/yokou/pub/
公開資源置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[予稿 pdf ファイルは ./j157-???.pdf 、 ./j157-???_e.pdf 。 投稿時のプレビューから取得。]
2006/goudou/tops-to-mars/
小高 正嗣 2006: TOPS による火星観測と科学目標の検討 地球惑星科学連合 2006 年大会 TOPS サイエンスミーティング
小高正嗣 (2006/05/26)
[講演日時 : 2006 年 5 月 16 日 13:30--17:00 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 204 講演セッション : 講演番号 : 発表資料目次は ./presen/pub/]
2006/hokudai/
2006 年 北海道大学
森川 靖大 (2006/02/02 )
2006/hokudai/kamas/
加藤真也 2006: 回転球殻内のブシネスク流体モデルの定式化. 北海道大学理学部地球科学科 (地球物理) 卒業論文.
加藤真也 (2006/02/02 ディレクトリ作成)
2006/hokudai/kamas/paper/
卒業論文
加藤 真也 (2006/02/03)
2006/hokudai/kamas/poster/
卒業論文ポスター発表
加藤 真也 (2006/02/03)
2006/hokudai/kitamo/
北守太一, 2006 「大気主成分の凝結を考慮した火星大気非静力学モデルの開発」
北守太一 (2006/01/10)
2006/hokudai/kitamo/paper/
北守 太一 修士論文
北守 太一 (2006/02/08)
2006/hokudai/kitamo/poster/
北守 太一 修士論文発表資料
北守 太一 (2006/02/08)
2006/hokudai/kitamo/poster/pub/
サムネイル公開ディレクトリ
北守 太一 (2006/02/08)
dcppt.pl で作成されたサムネイル公開 html ページ置き場
2006/hokudai/odakker_2006-11-27/
第 2 回構造形成論セミナー
小高正嗣 (2006/12/22)
日時 2006/11/27 場所 北大理学部 8 号館 8-2-06
2006/hokudai/tutaka/
土屋貴志 2006: β平面上における2次元乱流の数値計算. 北海道大学理学部地球科学科 (地球物理) 卒業論文.
土屋貴志 (2006/02/02 ディレクトリ作成)
2006/hokudai/yamasita_soturon-chukan/
山下達也 2006: ソリトンの数理 〜逆散乱法による KdV 方程式の解法〜 . 北海道大学理学部地球科学科 (地球物理) 中間発表.
山下達也 (2010/09/13 ディレクトリ作成)
2006/isas-lp/
宇宙科学研究本部 第 39 回月惑星シンポジウム 2006 年 8 月 7 日(月) 〜 8 月 9 日(水) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
林祥介 (2005/07/31)
2006/isas-lp/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2006: 古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲とその温室効果 第 39 回月惑星シンポジウム.
光田千紘 (2006/09/11 光田千紘)
[講演日 : 8 月 8 日 発表資料目次は ./presen/index.html 講演集 pdf は ./proceeding/mars-cloud_2006_isas-lp.pdf]
2006/isas-taiki/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第20回大気圏シンポジウム 2006 年 2 月 23 日(木) 〜 2 月 24 日(金) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
林祥介 (2006/02/24)
2006/isas-taiki/mars-conv/
小高 正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介, 林祥介 2006: 「火星大気湿潤対流の数値計算」, 第 20 回大気圏シンポジウム, 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 (英文タイトル: A numerical simulation of moist convection in the Martian atmosphere)
小高正嗣 (2006/02/24)
[講演日 : 2 月 24 日 講演原稿 pdf は ./proc/pub/mars-conv-isas_taiki2006.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2006/metsoc.aut/
2006 年 日本気象学会秋季大会
林祥介 (2006-07-21 高橋芳幸)
2006 年 10 月 25 日 (水) 〜 5 月 27 日 (金), ウィルあいち (名古屋市東区上堅杉町 1)
2006/metsoc.aut/aqua-mradl/
山田由貴子, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2006: 大気大循環モデルの赤道域対流圏に表れた 2 種類のケルビン波的シグナル. 日本気象学会 2006 年度秋季大会講演予稿集, P356.
山田由貴子 (2006/07/22 山田由貴子)
[講演日 : 10 月 27 日 講演番号 : P356 予稿 pdf は ./yokou/pub/aqua-mradl_2006_metsoc-aut.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/metsoc-aut-2006_aqua-mradl-poster.pdf]
2006/metsoc.aut/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2006: 放射冷却による二酸化炭素氷雲の形成と古火星大気の温室効果 日本気象学会 2006 年度秋季大会講演予稿集
光田千紘 (2006/07/25 光田千紘)
[講演日 : 10 月 27 日 講演番号 : A361 予稿 pdf は ./yokou/pub/mars-cloud_2006_metsoc-aut.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2006/metsoc.spr/
2006 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2006-02-14 山田由貴子)
2006 年 5 月 21 日 (日) 〜 5 月 24 日 (水), つくば国際会議場 (茨城県つくば市竹園2-20-3)
2006/metsoc.spr/ape-resol/
*山田由貴子, 高橋芳幸, 林 祥介, 石渡正樹, 大淵 済, 中島健介, 2006: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の循環構造解析  -- 背景風移流と赤道波に着目して -- 日本気象学会 2006 年度春季大会講演予稿集, C410.
山田由貴子 (2006/02/14 山田由貴子)
[講演日 : 05 月 24 日 講演番号 : C410 予稿 pdf は ./yokou/pub/ape-resol_2006_metsoc-spr.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2006/metsoc.spr/mars-conv/
小高 正嗣, 北守太一, 杉山耕一朗, 中島健介, 林祥介 2006: 大気主成分の凝結を考慮した火星大気対流モデルの開発 日本気象学会 2006 年春季講演会 講演予稿集, 245.
小高正嗣 (2006/05/25)
[講演日 : 5 月 24 日 (水) 場所 : つくば国際会議場 講演番号 : D408 予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/mars-conv_2006metsoc_spr.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2006/metsoc.spr/rdoc-dennou/
*森川 靖大, 石渡 正樹, 堀之内 武, 小高 正嗣, 林 祥介, 2006: RDoc を用いた Fortran90/95 プログラムのドキュメント生成 日本気象学会 2006 年度春季大会講演予稿集, 238.
森川 靖大 (2006/02/17 )
[講演日 : 5 月 24 日 (水) 場所 : つくば国際会議場 講演番号 : D401 予稿 pdf は ./yokou/pub/rdoc-dennou_2006_metsoc-spr.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2006/metsoc.spr/rdoc-dennou/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2006/metsoc.spr/rdoc-dennou/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[予稿情報は src/rdoc-dennou_goudou2006_ver4.txt 。 予稿 pdf ファイルは pub/j157-???.pdf 、 pub/j157-???_e.pdf 。 投稿時のプレビューから取得。]
2006/metsoc.spr/rdoc-dennou/yokou/pub/
公開資源置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[予稿 pdf ファイルは ./j157-???.pdf 、 ./j157-???_e.pdf 。 投稿時のプレビューから取得。]
2006/nies/
平成 17 (2006) 年度国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2005/08/20)
2006/nies/meeting-3dconv/
林祥介, 石渡正樹, 山田由貴子, 森川靖大, 高橋芳幸, 中島健介, 小高正嗣, 竹広真一, 2006: 水惑星実験における赤道域降水パターンの多様性: 鉛直乱流混合過程の影響 2006 年 10 月 30 日 (月) 環境研究所 第 14 回 スーパーコンピュータを利用した地球環境研究発表会
林祥介 (2006/09/19)
2006/sgepss.aut/
2005 年 地球電磁気惑星圏学会秋季大会
高橋芳幸 (2006/08/22)
2006 年 11 月 4 日 (土) 〜 11 月 7 日 (火). 相模原市産業会館
2006/wakusei.aut/
2006 年 日本惑星科学会秋季講演会
林祥介 (2006-07-31 光田千紘)
2006 年 10 月 18 日 (水) 〜 10 月 20 日 (金), ひょうご国際プラザ(神戸市中央区脇浜海岸通1丁目5番1号国際健康センター2F), 兵庫県立美術館 (神戸市中央区脇浜海岸通1丁目1番1号)
2006/wakusei.aut/dcpam/
森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 小高正嗣, 林祥介, 2006: 惑星大気大循環モデル DCPAM の設計と開発. 日本惑星科学会秋季大会 予稿集 (発表番号 325)
森川 靖大 (2006/10/21 )
[講演日: 2006 年 10 月 20 日 . 講演番号: 325 抄録は ./yokou/pub/wakusei2006_abstract.txt . 予稿 PDF は ./yokou/pub/wakusei2006_dcpam_ver7.pdf . 発表資料目次は ./presen/pub (HTML), ./presen/pub/wakusei2006_dcpam_ver9.pdf (PDF).]
2006/wakusei.aut/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭, 2006: 古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲の鉛直構造と散乱温室効果 日本惑星科学会 2006 年度秋季大会講演予稿集.
光田千紘 (2006/11/07 光田千紘)
[講演日 : 10 月 20 日 講演番号 : 324 予稿 pdf は ./yokou/pub/mars-cloud_2006_wakusei-aut.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2007 年
林祥介 (2006-08-31)
2007/dust/
特定領域「系外惑星」ダスト班研究会
林祥介 (2007/05/01 作成)
日時 : 2007 年 3 月 1 日 (木) 〜 3 月 3 日(土) 場所 : 定山渓温泉
2007/dust/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 2007: 放射によって調節された二酸化炭素氷雲と古火星大気の温暖化 特定領域「系外惑星」ダスト班研究会
光田千紘 (2007/05/01)
[講演日時 : 2007 年 3 月 2 日 講演場所 : 定山渓温泉 講演集 pdf ファイルは ./proc/pub/mars-cloud_2007_dust-proc.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html (PDF 版は ./presen/pub/mars-cloud_2007_dust-presen.pdf )]
2007/es/
平成 18 (2006) 年度地球シミュレータ成果物
林祥介 (2006/12/24)
2007/fluidsoc/
2007 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2007/06/23 作成)
2007 年 8 月 6 日 (月) 〜 8 日 (水) 東京大学教養部, 日本流体力学会
2007/fluidsoc/dcpam/
森川靖大, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2007: 大気大循環モデルによる湿潤惑星の数値実験 --可読性と可変性を考慮した大気大循環モデル開発--. Numerical Experiment of Moist Planet with General Circulation Model. 日本流体力学会年会 2007 講演論文集, ながれ, 26 別冊, 246.
森川 靖大 (2007/08/10 )
講演日: 2007 年 8 月 8 日 09:15 - 09:30. 講演場所: 東京大学教養学部5号館 第一会場 511 号室. 講演セッション: 大気・海洋の流れ3.
[予稿 PDF (アブストラクト) は ./yokou/pub/dcpam-abst_fluidsoc2007_ver7.pdf . 予稿 PDF (要旨) は ./yokou/pub/dcpam-youshi_fluidsoc2007_ver10.pdf . 発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/wakusei2007_dcpam_ver4.pdf]
2007/fluidsoc/dcpam/presen/
発表資料置場 (口頭)
森川 靖大 (2007/06/25 作成)
[目次は ./pub]
2007/fluidsoc/dcpam/yokou/
予稿原稿置場
森川 靖大 (2007/06/25 作成)
[予稿 pdf ファイルは pub 以下に置いてある. 資料は src 以下に格納してある.]
2007/goudou/
地球惑星科学連合 2007 年大会
林祥介 (2007/02/06 作成)
日時 : 2007 年 5 月 19 日 (土) 〜 5 月 24 日(木) 場所 : 幕張メッセ国際会議場, 千葉市, 日本
2007/goudou/aqua-mradl/
山田由貴子, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2007: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の 放射冷却率鉛直分布依存性 日本地球惑星科学連合 2007 年大会 予稿集, CD-ROM.
山田 由貴子 (2007/02/06 )
[講演日時 : 2007 年 05 月 24 日 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 202 講演セッション : J165「地球流体力学」 講演番号 : J165-007 予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/J165-007.pdf, (英語版は ./yokou/pub/J165-007_e.pdf ) 発表資料目次は ./presen/pub/]
2007/goudou/dcpam/
森川 靖大, 石渡 正樹, 高橋 芳幸, 小高 正嗣, 林祥介, 2007: 可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの設計と実装実験: 物理過程モジュールでの試み. 日本地球惑星科学連合 2007 年大会 予稿集, CD-ROM.
森川 靖大 (2007/05/20 アーカイブ完了)
[講演日時 : 2007 年 05 月 20 日 09:00--09:12。 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 101B。 講演セッション : J166「情報地球惑星科学」。 講演番号 : J166-001 。
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/J166-001.pdf 。 (英語版は ./yokou/pub/J166-001_e.pdf )。 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/goudou/dcpam/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2007/02/06 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2007/goudou/dcpam/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2007/05/20 アーカイブ完了)
[予稿情報は src/dcpam_jpgu2007_ver8.txt 。 予稿 pdf ファイルは pub/J166-001.pdfpub/J166-001_e.pdf 。]
2007/goudou/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 2007: 厚い古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲の鉛直構造 地球惑星科学連合 2007 年大会
光田千紘 (2007/05/24)
[講演日時 : 2007 年 5 月 19 日 14:15 -- 14:30 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 304 講演セッション : P138 (火星) 講演番号 : P138-001
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/P138-001.pdf (英語版は ./yokou/pub/P138-001_e.pdf ) 発表資料目次は ./presen/pub/index.html (PDF 版は ./presen/pub/mars-cloud_2007_goudou.pdf )]
2007/hokudai/
2007 年 北海道大学
林 祥介 (2006/11/13)
2007/hokudai/kanenari/
兼成智久 2007: 定常ロスビー波の球面伝播
兼成智久 (2007/01/30 )
2007/hokudai/kanenari/paper/
卒業論文
兼成 智久 (2007/02/06)
2007/hokudai/kanenari/poster/
卒業論文ポスター発表
兼成 智久 (2007/02/06)
2007/hokudai/morikawa_dmsemi_20070629/
森川 靖大, 2007: 「可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの設計と実装実験: 物理過程交換のためのプログラム設計」 DM ゼミ 2007 年 6 月 19 日, 北大理学部 8 号館 8-2-01.
森川 靖大 (2007/11/24 )
[発表資料は pub]
2007/hokudai/morikawa_dmsemi_20071017/
森川 靖大, 2007: 「可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの開発手法の考案と実装試験」 DM ゼミ 2007 年 10 月 17 日, 北大理学部 8 号館 8-2-01.
森川 靖大 (2007/11/24 )
[発表資料は pub]
2007/hokudai/odakker_20070525/
小高 正嗣, 2007: 宇宙惑星科学入門「惑星の気象」 2007 年 5 月 25 日
小高 正嗣 (2007/05/25)
2007/hokudai/sugiyama/
杉山耕一朗 2007: H2O, NH3 の凝結と NH4SH の生成反応を考慮した雲対流,ならびにその直接数値計算 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 学位論文.
杉山耕一朗 (update: missing)
2007/hokudai/yamasita/
山下達也, 2007: ソリトンの数理
山下達也 (2007/01/30 )
2007/hokudai/yoshiya_soturon-chukan_20070928/
徳永 義哉, 2007: 卒業研究中間発表「木星大気の放射対流平衡モデル」 2007 年 10 月 04 日
徳永 義哉 (2007/10/04)
2007/hokudai/yukiko/
山田由貴子 2007: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の組織化と階層的構造 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 学位論文.
山田 由貴子 (update: missing)
2007/hokudai/yukiko/ronbun/
山田由貴子 2007: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の組織化と階層的構造 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 学位論文.
山田 由貴子 (update: missing)
2007/hokudai/yukiko/shinsa/
山田由貴子 2007: 大気大循環モデルで表現される赤道域降水活動の組織化と階層的構造 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 学位論文本審査
山田 由貴子 (update: missing)
2007/isas-taiki/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第21回大気圏シンポジウム 2007 年 2 月 27 日(火) 〜 2 月 28 日(水) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
杉山耕一朗 (2006/02/26)
2007/isas-taiki/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 2007: 放射によって調節された二酸化炭素氷雲と古火星大気の温暖化 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部, 第 21 回大気圏シンポジウム講演集, 1-4.
光田千紘 (2010/03/11)
[講演日時 : 2007 年 2 月 28 日 10:30--10:45 講演場所 : 宇宙科学研究本部 講演集 pdf ファイルは ./proc/pub/mars-cloud_2007_isas-taiki-proc.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html (PDF 版は ./presen/pub/mars-cloud_2007_isas-taiki-presen.pdf )]
2007/jgr/
2007 年 J. Geophys. Res.
石渡正樹 (2007/08/07)
2007/jgr/snowball/
テクニカルリプリント Ishiwatari, M., K. Nakajima, S. Takehiro, Y.-Y. Hayashi, 2007: Dependence of climate states of gray atmosphere on solar constant: from the runaway greenhouse to the snowball states. J.Geophys. Res., 112, D13120, doi:10.1029/2006JD007386.
石渡正樹 (2007/08/08)
[英語版は ./pub/snowball.pdf 日本語版は ./pub/snowball_ja.pdf JGR で出版されたものは http://www.agu.org/pubs/crossref/2007/2006JD007368.shtml ]
2007/metsoc.aut/
2007 年 日本気象学会秋季大会
林祥介 (2007-07-13 谷口 博)
2007年10月14日(日)〜16日(火) 北海道大学 学術交流会館・クラーク会館・地球環境科学研究院 札幌市, 北海道 [申し込み〆切(online): 2007年7月24日(火)15:00]
2007/metsoc.aut/dcpam/
*森川靖大, 石渡正樹, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 2007: 可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの開発と 湿潤惑星の数値実験: 日本気象学会 2007 年度秋季大会講演予稿集, B305.
森川 靖大 (2007/10/21 発表資料格納)
[講演日時 : 2007 年 10 月 16 日 10:15--11:27。 講演場所 : 北海道大学学術交流会館。 講演番号 : B 会場 (小講堂)
予稿 PDF は ./yokou/pub/dcpam_2007_metsoc-aut_ver1.1.pdf 発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/metsoc-aut-2007_dcpam_ver15.pdf]
2007/metsoc.aut/dcpam/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2006/01/26 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2007/metsoc.aut/dcpam/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2006/01/26 )
2007/metsoc.aut/mars-conv/
小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 林祥介 2007: 3 次元非静力学モデルによる火星大気対流の数値計算, 日本気象学会 2007 年度秋季大会講演予稿集, 164.
小高正嗣 (2007/08/21 小高正嗣)
[講演日 : 10 月 16 日 (火) 場所 : 北海道大学 講演番号 : B302 予稿 pdf は ./yokou/pub/marsconv_metsoc.aut2007.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/metsoc.spr/
2007 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2007-02-16 山田 由貴子)
2007 年 5 月 13 日 (日) 〜 5 月 16 日 (水), 国立オリンピック記念青少年総合センター (東京都渋谷区代々木神園町)
2007/metsoc.spr/aqua-mradl/
山田由貴子, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2007: 水惑星実験における赤道域降水パターンに対する 鉛直乱流混合過程の影響 日本気象学会 2007 年度春季大会講演予稿集, D465.
山田 由貴子 (2007/02/06 )
[講演日 : 05 月 16 日 講演番号 : D465 予稿 pdf は ./yokou/pub/ape-mradl_2007_metsoc-spr.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/metsoc.spr/gfdnavi/
堀之内武, 西澤誠也, 渡辺知恵美, 神代剛, 塩谷雅人, 森川靖大, 林祥介, 石渡正樹, 電脳 davis プロジェクト, 2007: 地球流体データの公開・共有・解析・可視化のためのツール Gfdnave の開発 日本気象学会 2007 年度春季大会講演予稿集, P306.
石渡 正樹 (2007/06/22)
[講演日 : 05 月 14 日 講演番号 : P224 予稿 pdf は ./yokou/pub/msj0705yokou_gfdnavi.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/nies/
平成 19 (2007) 年国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2006/08/31)
2007/nies/meeting-3dconv/
林祥介, 石渡正樹, 山田由貴子, 森川靖大, 中島健介, 高橋芳幸, 竹広真一, 小高正嗣, 2007: 大気大循環モデルに見られる赤道域降水活動の表現の多様性に関する研究, 2007 年 11 月 20 日 (水) 国立環境研究所 国立環境研究所 平成 19 年度スーパーコンピュータ利用研究報告会
林祥介 (2007/10/10)
2007/osc/
オープンソースカンファレンス
石渡正樹 (2007/06/28 作成)
2007 年 06 月 30 日(土) 北大・学術交流会館 札幌市, 北海道
2007/osc/GFD-Dennou-Club/
オープンソースカンファレンス発表資料 地球流体電脳倶楽部の紹介
石渡正樹 (2007/06/28 作成)
[発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/sgepss.aut/
2007 年 地球電磁気惑星圏学会秋季大会
高橋芳幸 (2007/07/10)
2007 年 9 月 28 日 (金) 〜 10 月 1 日 (月). 名古屋大学
2007/sgepss.aut/deepconv/
2 次元対流モデルで明らかにされた木星大気の雲対流構造
杉山耕一朗 (2007/07/16)
2007/stel.mss/
2007 年 名古屋大学太陽地球環境研究所:研究集会:「磁気嵐シミュレータ実現に向けた検討会」
石渡正樹 (2007/08/29)
2007 年 9 月 10 日 (火) 〜 9 月 11 日 (水). 大阪府立大学学術交流会館小ホール
2007/stel.mss/gfd-dennou-club/
石渡 正樹, 2007: 地球流体電脳倶楽部の概要紹介.
石渡 正樹 (2007/09/17 )
日時: 2007 年 9 月 11 日 (水), 10:30 - 11:30. 大阪府立大学学術交流会館小ホール
[発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/stel.mss_gfd-dennou-club_ver3.pdf]
2007/stel.mss/hierarchical-models/
森川 靖大, 石渡 正樹, 林 祥介, 地球流体電脳倶楽部開発グループ: 2007 階層的モデル群の開発・整備のための基盤技術開発.
森川 靖大 (2007/09/17 )
日時: 2007 年 9 月 11 日 (水), 11:30 - 12:30. 大阪府立大学学術交流会館小ホール
[発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/stel.mss_hierarchical-models_ver1.2.pdf]
2007/volcano/
火山シミュレーション研究集会
小高正嗣 (2007/11/29)
日時 : 2007 年 11 月 29 日 (木) 場所 : 東京大学地震研究所 2F 第二会議室
2007/volcano/turbulence/
小高正嗣, 2007: 大気モデルにおける乱流混合の表現
小高正嗣 (2007/11/29)
[発表資料目次は pub/index.html]
2007/volcano/turbulence/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2007/11/29 小高正嗣)
2007/wakusei.aut/
2007 年 日本惑星科学会秋季講演会
林祥介 (2007/07/13 小高正嗣)
2007 年 9 月 25 日 (火) 〜 9 月 27 日 (木), 高知大学朝倉キャンパス, 高知市, 高知県
2007/wakusei.aut/dcpam/
森川靖大, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2006: 木星を念頭においた湿潤惑星の大気大循環モデルによる数値実験. 日本惑星科学会 2007 年秋季講演会 予稿集 (発表番号 342)
森川 靖大 (2007/10/14 発表資料格納 )
[講演日: 2007 年 9 月 27 日 . 講演番号: 342 抄録は ./yokou/pub/wakusei2007_abstract_ver5.txt . 予稿 PDF は ./yokou/pub/wakusei2007_dcpam_ver7.pdf . 発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/wakusei2007_dcpam_ver4.pdf]
2007/wakusei.aut/mars-cloud/
光田千紘, 横畠徳太, 倉本圭 2007: 厚い古火星大気中に形成される二酸化炭素氷雲の鉛直構造 日本惑星科学会 2007 年度秋季講演会
光田千紘 (2007/09/30)
[講演日時 : 2007 年 9 月 25 日, 26 日 講演場所 : 高知大学朝倉キャンパスキャンパス 講演番号 : P48
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/mars-cloud_2007_wakusei.aut-yokou.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html (PDF 版は ./presen/pub/mars-cloud_2007_wakusei.aut-presen.pdf )]
2007/wakusei.aut/marsconv3d/
小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 林 祥介 2007: 3 次元火星大気非静力学モデルの開発と放射対流の数値計算, 日本惑星科学会 2007 年秋季講演会予稿集, 92.
小高正嗣 (2007/08/21 小高正嗣)
[講演日 : 9 月 27 日 (木) 場所 : 高知大学 講演番号 : 341 予稿 pdf は ./pub/wakusei2007_marsconv3d.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2007/wtk/
惑星大気研究会
光田千紘 (2007-05-19)
2007/wtk/mars-cloud/
光田 千紘, 2007: 放射加熱によって調節された二酸化炭素氷雲の散乱温室効果と古火星の温暖化 惑星大気研究会オンラインセミナー 2007 年 5 月 10 日 13:30 〜 15:30 北海道大学 理学 8 号館 2F コスモスタジオ
光田 千紘 (2007/05/24)
[発表資料目次は ./presen/pub/index.html (PDF 版は ./presen/pub/mars-cloud_2007_wtk.online.pdf )]
2007/wtk/mars-cloud-review/
光田 千紘, 2007: 古火星大気の温暖化問題 惑星大気研究会 「火星研究の現状」 2007 年 5 月 12 日 13:30 〜 18:30 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟 3階 309室 (気象学会春季大会B会場)
光田 千紘 (2007/05/24)
[発表資料目次は ./presen/pub/index.html (PDF 版は ./presen/pub/mars-cloud_2007_wtk.spring.pdf )]
2008/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2008 年
林祥介 (2008/02/27)
2008/fluidsoc/
2008 年 日本流体力学会年会
林祥介 (2008/05/23 作成)
2008 年 9 月 4 日 (木) 〜 7 日 (日) 神戸大学
2008/fluidsoc/mars-conv3d/
小高正嗣, 山下達也, 杉山耕一朗, 中島健介, 林 祥介 2008: 3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算, 日本流体力学会年会 2008 ながれ, 27 別冊, 378.
小高正嗣 (2009/06/15 石渡正樹 ページ数追加)
[講演日 : 9 月 XX 日 (XX) 場所 : 神戸大学 講演番号 : 予稿 pdf 日本語版は ./yokou/pub/ 発表資料目次は ./presen/pub/]
2008/fluidsoc/mars-conv3d/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/06/04 小高正嗣)
[発表資料目次は ./pub/]
2008/fluidsoc/mars-conv3d/presen/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/06/05 小高正嗣)
[発表資料目次は index.html]
2008/fluidsoc/mars-conv3d/yokou/
予稿原稿置場
小高正嗣 (2008/06/04 小高正嗣)
[公開資料日本語版は relative:]
2008/fluidsoc/mars-conv3d/yokou/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/06/05 小高正嗣)
[公開資料日本語版は relative:]
2008/fluidsoc/sliprigid_dynamo/
佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 倉本 圭, 2008: 回転球殻 MHD ダイナモにおける力学的境界条件の影響 日本流体力学会年会 2008 講演論文集, ながれ, 27 別冊, 376.
佐々木洋平 (2009/02/10)
日本流体力学会年会2008
2008/goudou/
地球惑星科学連合 2008 年大会
林祥介 (2008/02/01 作成)
日時 : 2008 年 5 月 25 日 (日) 〜 5 月 30 日(金) 場所 : 幕張メッセ国際会議場
2008/goudou/dcpam-jupiter/
森川靖大, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 中島健介, 林祥介, 2008: 木星大気を念頭においた湿潤大気のための大循環モデルの開発および数値実験: 日本地球惑星科学連合 2008 年大会 予稿集、CD-ROM。
森川 靖大 (2008/05/29 アーカイブ完了)
[講演日時 : 2008 年 05 月 27 日 09:00--09:12。 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 203。 講演セッション : J160 「地球流体力学:地球惑星現象への分野横断的アプローチ」。 講演番号 : J160-001 。
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/J160-001.pdf 。 (英語版は ./yokou/pub/J160-001_e.pdf )。 発表資料目次は ./presen/pub/index.html 。 PDF 版は ./presen/pub/jpgu2008_dcpam-jupiter_ver1.1.pdf]
2008/goudou/dcpam-jupiter/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2008/02/03 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2008/goudou/dcpam-jupiter/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2008/02/03 )
[予稿情報は src/dcpam_jpgu2008_ver?.txt 。 予稿 pdf ファイルは pub/J16?-???.pdf 、 pub/J16?-???_e.pdf 。]
2008/goudou/mars-conv3d/
小高正嗣, 山下達也, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介 2008: 3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算, 地球惑星科学連合 2008 年大会
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[講演日 : 5 月 25 日 (日) 場所 : 幕張メッセ 講演番号 : P138-010 (「火星」セッション) 予稿 pdf 日本語版は ./yokou/pub/P138-010.pdf 英語版は ./yokou/pub/P138-010_e.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/P138-010.pdf]
2008/goudou/mars-conv3d/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/02/04 小高正嗣)
[発表資料目次は ./pub/]
2008/goudou/mars-conv3d/presen/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[発表資料目次は index.html]
2008/goudou/mars-conv3d/yokou/
予稿原稿置場
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[公開資料日本語版は P138-010.pdf 英語版は P138-010_e.pdf]
2008/goudou/mars-conv3d/yokou/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[公開資料日本語版は P138-010.pdf 英語版は P138-010_e.pdf]
2008/goudou/mars-model/
小高正嗣, 2007: 火星大気循環とその数値シミュレーション 地球惑星科学連合 2008 年大会
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[講演日 : 5 月 30 日 (金) 場所 : 幕張メッセ 講演番号 : J246-009 (「水惑星の起源・進化・多様性」) 予稿 pdf 日本語版は ./yokou/pub/J246-009.pdf 英語版は ./yokou/pub/J246-009_e.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2008/goudou/mars-model/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/02/04 小高正嗣)
[発表資料目次は ./pub/]
2008/goudou/mars-model/presen/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[発表資料目次は index.html]
2008/goudou/mars-model/yokou/
予稿原稿置場
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[予稿 pdf 日本語版は ./pub/J246-009.pdf 英語版は ./pub/J246-009_e.pdf]
2008/goudou/mars-model/yokou/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/06/02 小高正嗣)
[公開資料日本語版は P138-010.pdf 英語版は P138-010_e.pdf]
2008/goudou/sliprigid-dynamo/
佐々木洋平, 竹広真一, 林祥介, 倉本 圭, 2008: 下端に粘着条件・上端に応力無し条件を課した 回転球殻 MHD ダイナモ計算, 日本地球惑星科学連合 2008 年大会 予稿集、CD-ROM
佐々木洋平 (2008/02/07)
日本地球惑星科学連合2008年大会
[講演日時 : 2008 年 05 月 28 日 11:45--12:00
講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場
講演セッション : E111 「地磁気・古地磁気」
講演番号 : E111-011
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/005643_002099_j.pdf. (英語版は ./yokou/pub/005643_002099_e.pdf.). 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2008/hokudai/
2008 年 北海道大学
林 祥介 (2007/12/18)
2008/hokudai/morikawa_dmsemi_20081113/
森川 靖大, 2008: 「惑星大気大循環モデルの設計と開発 - 階層モデル群のためのソフトウェア基盤整備 -」 DM ゼミ 2008 年 11 月 13 日, 北大理学部 8 号館 8-2-01.
森川 靖大 (2008/11/13 )
2008/hokudai/odakker_20080523/
小高 正嗣, 2008: 宇宙惑星科学入門「惑星の気象」 2008 年 5 月 23 日
小高 正嗣 (2008/05/23)
2008/hokudai/odakker_hss/
小高正嗣, 山下達也, 杉山耕一郎, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2008: 「3次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算」, 第6回北大シミュレーションサロンワークショップ
小高正嗣 (update: missing)
日時 : 2008 年 3 月 19 日 (水) 場所 : 北海道大学
2008/hokudai/odakker_hss/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/03/03 小高正嗣)
[発表資料目次は ./pub/]
2008/hokudai/odakker_hss/presen/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2010/03/01 小高正嗣)
[発表資料目次は index.html]
2008/hokudai/odakker_hss/yokou/
予稿原稿置場
小高正嗣 (2008/03/03 小高正嗣)
[予稿 pdf は ./yokou/pub/]
2008/hokudai/odakker_hss/yokou/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/03/03 小高正嗣)
[予稿 pdf は marsconv3d_HSS2008.pdf]
2008/isas-lp/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第41回月惑星シンポジウム 2008 年 8 月 6 日(水) 〜 8 月 8 日(金) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 相模原市, 神奈川県
小高正嗣 (2008/08/07)
2008/isas-lp/marsconv3d/
Odaka, M., Yamashita,T., Sugiyama,K., Nakajima,K., Ihiwatari,M., Hayashi,Y.-Y. (2008)Development of a three dimensional non-hydrostatic model for Martian atmosphere and a numerical simulation of thermal convection. Proceedings of the 41th ISAS Lunar and Planetary Symposium, P139-P142 小高正嗣, 山下達也, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介 2008: 3 次元火星大気非静力学モデルの開発と鉛直対流の数値計算, 第41回月惑星シンポジウム
小高正嗣 (2020/03/10)
[講演日 : 2008 年 8 月 8 日 (金) 場所 : 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 研究管理棟 2F 会議室 講演原稿は ./proc/pub/ 発表資料目次は ./presen/pub/]
2008/isas-lp/marsconv3d/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/08/07 小高正嗣)
[発表資料目次は pub/index.html]
2008/isas-lp/marsconv3d/presen/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/02/27 小高正嗣)
[発表資料目次は index.html]
2008/isas-lp/marsconv3d/proc/
講演原稿稿置場
小高正嗣 (2008/08/07 小高正嗣)
[原稿 pdf は ./yokou/pub/]
2008/isas-taiki/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第22回大気圏シンポジウム 2008 年 2 月 27 日(水) 〜 2 月 28 日(木) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部
小高正嗣 (2008/02/27)
2008/isas-taiki/mars-conv3d/
小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 林 祥介 2008: 3 次元非静力学モデルを用いた火星大気対流の数値計算, 第22回大気圏シンポジウム
小高正嗣 (2008/02/27 小高正嗣)
[講演日 : 2 月 27 日 (木) 場所 : 宇宙航空研究開発研究 宇宙科学研究本部 講演番号 : 予稿 pdf は ./yokou/pub/ 発表資料目次は ./presen/pub/]
2008/isas-taiki/mars-conv3d/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/02/27 小高正嗣)
[発表資料目次は pub/index.html]
2008/isas-taiki/mars-conv3d/presen/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/02/27 小高正嗣)
[発表資料目次は index.html]
2008/isas-taiki/mars-conv3d/proc/
講演原稿稿置場
小高正嗣 (2008/02/27 小高正嗣)
[原稿 pdf は ./yokou/pub/]
2008/isas-taiki/mars-conv3d/proc/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/02/27 小高正嗣)
2008/kobe-u/
2008 年 神戸大学
林 祥介 (2008/01/18 作成)
2008/kobe-u/080617_epasemi_yot/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2008 年 6 月 17 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/080624_epasemi_nakamoto/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2008 年 6 月 24 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/080708_epasemi_uwabami/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2008 年 7 月 8 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/081007_epasemi_seiya/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2008 年 10 月 7 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/081014_epasemi_iwayama/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演者 : 岩山 隆寛 講演日時 : 2008 年 10 月 14 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/081028_epasemi_morikawa/
神戸大学 地球および惑星大気科学研究室 大気セミナー: 「惑星大気大循環モデルの設計と開発 - 階層モデル群のためのソフトウェア基盤整備 - (森川 靖大)」
森川 靖大 (2008/10/30 )
[講演日時 : 2008 年 10 月 28 日 13:00 - 15:00 講演場所 : 神戸大学 自然科学 3 号館 セミナー室 508]
2008/kobe-u/081201_epasemi_higashi/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2008 年 12 月 1 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/081225_epasemi_takeuchi/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2008 年 12 月 25 日 講演場所 : セミナー室 508]
2008/kobe-u/arum/
康アルム 2008: 2次元定常ロスビー波の伝播 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
康アルム (2008/02/02)
論文本体は paper/pub/arum_20080229.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/arum_poster.pdf

2008/kobe-u/arum/paper/
康 アルム,2008: beta平面上の2次元定常ロスビー波の伝播
康 アルム (2008/02/03 仮提出版を格)
2008/02/29 に神戸大学理学部地球惑星科学科 地球および惑星大気科学研究室に提出したもの
2008/kobe-u/arum/poster/
康 アルム, 2008: beta平面上の2次元定常ロスビー波の伝播
康 アルム (2008/02/03 新規作成)
2008/kobe-u/arum/presen/
康 アルム, 2008: beta平面上の2次元定常ロスビー波の伝播.
康 アルム (2008/02/03 新規作成)
2008/kobe-u/gemini/
松村 佳明 2008: 木星大気の静的安定度. 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
松村 佳明 (2008/03/04)
論文本体は paper/pub/sot.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/sot.poster.pdf

2008/kobe-u/gemini/paper/
卒業論文
松村 佳明 (2008/02/03 仮提出版を格納)
2008/02/03 に神戸大学理学部地球惑星科学科 地球および惑星大気科学研究室に提出したもの
2008/kobe-u/gemini/poster/
松村 佳明 2008: 木星大気の静的安定度
松村 佳明 (2008/02/03 新規作成)
2008/kobe-u/gemini/presen/
松村 佳明 2008: 木星大気の静的安定度
松村 佳明 (2008/02/03 新規作成)
2008/kobe-u/hyakutake/
百武 宏之 2008 修士論文: 非線形エクマンパンピングと台風の目の形成について. 神戸大学 自然科学研究科 地球惑星科学専攻.
百武 宏之 (2008/03/25)
論文本体は paper/pub/master_main.pdf
口頭発表資料は presen/pub/0303master.pdf

2008/kobe-u/hyakutake/paper/
修士論文
百武 宏之 (2008/02/28 提出版を格納)
2008/02/28 に神戸大学理学部地球惑星科学科 事務室に提出
2008/kobe-u/hyakutake/presen/
百武 宏之 2008: 非線形エクマンパンピングと台風の目の形成について.
百武 宏之 (2008/02/28 新規作成)
2008/kobe-u/itouitoh/
伊藤 宏記 2008: 地球と火星におけるダストデビル. 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
伊藤 宏記 (2008/02/29)
論文本体は paper/pub/soturon.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/poster.pdf

2008/kobe-u/itouitoh/paper/
卒業論文
伊藤 宏記 (2008/02/29 最終版を格納)
2008/02/03 に神戸大学理学部地球惑星科学科 地球および惑星大気科学研究室に提出したもの
2008/kobe-u/itouitoh/poster/
伊藤 宏記 2008: 地球と火星におけるダストデビル
伊藤 宏記 (2008/02/29 最終版をアーカイブ)
2008/kobe-u/itouitoh/presen/
伊藤 宏記 2008: 地球と火星におけるダストデビル
伊藤 宏記 (2008/02/29 最終版をアーカイブ)
2008/kobe-u/kenken/
佐治 憲介 2008: 北極振動と気候変動. 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
佐治 憲介 (2008/03/04)
論文本体は paper/pub/sotsuron.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/sotsuron_poster.pdf

2008/kobe-u/kenken/paper/
卒業論文
佐治 憲介 (2008/02/29 最終提出版を格納)
2008/02/29 に神戸大学理学部地球惑星科学科 地球および惑星大気科学研究室に提出したもの
2008/kobe-u/kenken/poster/
佐治憲介 2008: 北極振動と気候変動.
佐治 憲介 (2008/02/02 新規作成)
2008/kobe-u/kenken/presen/
佐治憲介 2008: 北極振動と気候変動.
佐治 憲介 (2008/02/02 新規作成)
2008/kobe-u/takemura/
竹村 和人 2008: 2次元ベナール・レイリー型対流の数値シミュレーション. 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
竹村 和人 (2008/03/02)
論文本体は paper/pub/text1.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/poster.pdf

2008/kobe-u/takemura/paper/
卒業論文
竹村 和人 (2008/02/03 仮提出版を格納)
2008/02/03 に神戸大学理学部地球惑星科学科 地球および惑星大気科学研究室に提出したもの
2008/kobe-u/takemura/poster/
竹村和人 2008: 2次元ベナール・レイリー型対流の数値シミュレーション.
竹村 和人 (2008/02/01 新規作成)
2008/kobe-u/takemura/presen/
竹村和人 2008: 2次元ベナール・レイリー型対流の数値シミュレーション.
竹村 和人 (2008/02/29 新規作成)
2008/02/16 の卒論合宿での発表に用いた資料
2008/kobe-u/yasugi/
八杉 美友紀 2008: 山岳波の線形理論. 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
八杉 美友紀 (2008/02/29)
論文本体は paper/pub/sotsuron.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html
ポスター本体は poster/pub/poster.pdf

2008/kobe-u/yasugi/paper/
八杉 美友紀, 2008:山岳波の線形理論
八杉 美友紀 (2008/02/29 最終提出版を格納)
2008/02/29 に神戸大学理学部地球惑星科学科 地球および惑星大気科学研究室に提出したもの
2008/metsoc.aut/
2008 年 日本気象学会秋季大会
林祥介 (2008-08-04 竹広真一)
2008 年 11 月 19 日 (水) 〜 11 月 21 日 (金), 仙台国際センター(仙台市青葉区青葉山)
2008/metsoc.aut/dcpam/
*森川靖大, 石渡正樹, 高橋芳幸, 杉山耕一朗, 小高正嗣, 中島健介, 林祥介, 2008: 可変性と可読性を考慮した大気大循環モデルの開発: ソースコードの簡潔さを重視したモデル設計: 日本気象学会 2008 年度秋季大会講演予稿集, D304.
森川 靖大 (2008/11/22 )
[講演日時 : 2008 年 11 月 21 日。 講演場所 : 仙台国際センター D 会場 講演番号 : D304
予稿 PDF は ./yokou/pub/dcpam_2008_metsoc-aut_ver1.8.pdf 発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/metsoc-aut-2008_dcpam_ver2.1.pdf]
2008/metsoc.aut/dcpam/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2008/08/13 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2008/metsoc.aut/dcpam/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2008/08/13 )
2008/metsoc.aut/mars-conv3d/
小高正嗣, 山下達也, 杉山耕一朗, 中島健介, 林 祥介 2008: 3 次元非静力学モデルによる火星大気対流の数値計算: 2 次元モデル計算との比較 日本気象学会 2008 年度秋季大会
小高正嗣 (2008/08/14 小高正嗣)
[講演日 : 11 月 21 日 (金) 場所 : 仙台国際センター 講演番号 : D308 予稿 pdf 日本語版は ./yokou/pub/ 発表資料目次は ./presen/pub/]
2008/metsoc.aut/mars-conv3d/presen/
発表資料置場
小高正嗣 (2008/08/14 小高正嗣)
[発表資料目次は ./pub/]
2008/metsoc.aut/mars-conv3d/yokou/
予稿原稿置場
小高正嗣 (2008/08/14 小高正嗣)
[公開資料日本語版は relative:]
2008/metsoc.aut/mars-conv3d/yokou/pub/
公開資源置場
小高正嗣 (2008/08/14 小高正嗣)
[公開資料日本語版は relative:]
2008/nhm-nagoya/
第10回非静力学モデルワークショップ
中島健介 (2008/11/05)
2008 年 11 月 27 日 (於・名古屋大学)
2008/nhm-nagoya/deepconv/
小高正嗣, 杉山耕一朗, 山下達也, 石渡正樹, 高橋芳幸, 中島健介, 林祥介, 「惑星大気における非静力学モデリング」, 第10回非静力学モデルワークショップ
中島健介 (2010/03/10)
2008 年 11 月 27 日 (於・名古屋大学)
2009/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2009 年
林祥介 (2009/01/14)
2009/fluidsoc/
2009 年 日本流体力学会年会
竹広真一 (2009/04/23 作成)
2009 年 9 月 2 日 (水) 〜 4 日 (金) 東洋大学
2009/fluidsoc/mars-moistconv/
山下 達也, 小高 正嗣, 杉山 耕一朗, 中島 健介, 石渡 正樹, 林 祥介, 2009: 主成分の凝結を伴う大気対流の二次元数値実験 (A two dimensional numerical experiment of atmospheric convection with condensation of the major component) 日本流体力学会年会 2009
山下 達也 (2009/07/14 作成)
[2009 年 9 月 2 日 東洋大学白山キャンパス 講演番号 154 ながれ 28 別冊, P.44]
2009/fluidsoc/mechBC_dynamo/
佐々木 洋平, 竹広 真一, 林 祥介, 倉本 圭, 2009 : 回転球殻 MHD ダイナモ解に対する上部力学的境界条件の影響 (The effects of the upper mechanical boundary condition on MHD dynamo solutions in a rotating spherical shell)
佐々木 洋平 (2009/09/29 更新)
[2009 年 9 月 2 日 東洋大学白山キャンパス ながれ 28 別冊, P.106]
2009/fluidsoc/mechBC_dynamo/presen/
流体力学会年会 2009 発表資料置場
佐々木洋平 (2009/07/20 2009/07/20 佐々木洋平)
[発表資料目次は ./pub/index.html なお, 資源は git で管理しているので電脳サーバに git が導入 された暁には $ git clone ssh://dennou-k.gfd-dennou.org/GFD_Dennou_Club/dc-arch/prepri/2009/fluidsoc/mechBC_dynamo/presen/src によって操作できる(現状, git は個人領域に install するしかない)]
2009/fluidsoc/mechBC_dynamo/yokou/
流体力学会年会 2009 予稿原稿置場
佐々木洋平 (update: missing)
[予稿(短編)ソースは src/mechBC_dynamo-abst.tex 予稿(長編)ソースは src/mechBC_dynamo-extabst.tex 予稿 pdf ファイルは 短編は pub/mechBC_dynamo-abst.pdf 長編は pub/mechBC_dynamo-extabst.pdf なお, 資源は git で管理しているので電脳サーバに git が導入 された暁には $ git clone ssh://dennou-k.gfd-dennou.org/GFD_Dennou_Club/dc-arch/prepri/2009/fluidsoc/mechBC_dynamo/yokou/src によって操作できる(現状, git は個人領域に install するしかない)]
2009/goudou/
地球惑星科学連合 2009 年大会
林祥介 (2009/02/05 作成)
日時 : 2009 年 5 月 16 日 (土) 〜 5 月 21 日(木) 場所 : 幕張メッセ国際会議場
2009/goudou/gtool5/
森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 2009: 階層的地球流体モデルのためのデータ入出力 Fortran 90/95 ライブラリ Gtool5 日本地球惑星科学連合 2009 年大会 予稿集、CD-ROM。
森川 靖大 (2009/05/18 )
[講演日時 : 2009 年 05 月 21 日 09:15--09:30。 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場 展示ホール7別室。 講演セッション : J171 「情報地球惑星科学」。 講演番号 : J171-002 。
予稿 pdf ファイルは ./yokou/pub/J171-002.pdf 。 (英語版は ./yokou/pub/J171-002_e.pdf )。 発表資料目次は ./presen/pub/index.html 。 PDF 版は ./presen/pub/jpgu2009_gtool5_ver1.4.pdf]
2009/goudou/gtool5/presen/
発表資料置場
森川靖大 (2009/02/02 )
[発表資料目次は ./pub/index.html]
2009/goudou/gtool5/yokou/
予稿原稿置場
森川靖大 (2009/02/02 )
[予稿情報は src/gtool5_jpgu2009_ver?.txt 。 予稿 pdf ファイルは pub/J1??-???.pdf 、 pub/J1??-???_e.pdf 。]
2009/goudou/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2009 : 大気主成分の凝結を考慮した 二次元湿潤対流の基礎的数値実験 地球惑星科学連合 2009 年大会火星セッション
山下 達也 (2010/03/02 作成)
[講演日時 : 2009 年 05 月 18 日 09:30--09:45. 講演場所 : 幕張メッセ 国際会議場. 講演セッション : P142 「火星」. 講演番号 : P142-014.
予稿 pdf ファイルは ./abst/pub/P142-014.pdf . (英語版は ./abst/pub/P142-014_e.pdf ). 発表資料目次は ./presen/pub/index.html .]
2009/hokudai/
2008 年 北海道大学
林 祥介 (2008/12/01 )
2009/hokudai/momoko_kisochigaku2/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2009年度(H21 年度) 講義資料
石渡 正樹 (2010/10/17 )
内容は学部 1 年生向けの地学(気象・宇宙)の授業.
2009/hokudai/yamasita/
山下達也, 2009: 大気主成分の凝結を考慮した 2 次元湿潤対流 - 火星大気中の CO2 氷雲を伴う対流に関する基礎的数値実験 - 北海道大学 大学院理学院 宇宙理学専攻 修士論文.
山下 達也 (2009/03/08 )
2009/isas-lp/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第42回月惑星シンポジウム 2009 年 8 月 5 日(水) 〜 8 月 7 日(金) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 相模原市, 神奈川県
山下達也 (2009/08/11)
2009/isas-lp/mars-moistconv/
Yamashita,T., Odaka, M., Sugiyama,K., Nakajima,K., Ihiwatari,M., Hayashi,Y.-Y., 2009: A two dimensional numerical experiment of atmospheric convection with condensation of the major component. Proceedings of the 42th ISAS Lunar and Planetary Symposium, P12-P16 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介 2009: 主成分の凝結を伴う大気対流の二次元数値実験 第42回月惑星シンポジウム
山下達也 (2010/06/08 石渡正樹)
[講演日 : 8 月 5 日 (水) 場所 : 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 研究管理棟 2F 会議室 講演原稿は ./proc/pub/ 発表資料目次は ./presen/pub/]
2009/kobe-u/
2009 年 神戸大学
林 祥介 (2009/01/20 作成)
2009/kobe-u/090113_epasemi_jun/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 20 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090127_epasemi_imachan/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090127_epasemi_sekki/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090127_epasemi_taro/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090127_epasemi_tnyorai/
卒業論文中間発表会資料
島津 通 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090127_epasemi_tomosuga/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090203_epasemi_noda/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 2 月 3 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090209_epasemi_higashi/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 3 月 4 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090223-imachan-Bthesis/
卒業論文発表会資料
今村 翔太 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 2 月 23 日 講演場所 : 城之崎温泉 志なのや]
2009/kobe-u/090223-imachan-Bthesis/paper/
今村 翔太 2009: 卒業論文「定在ロスビー波の球面伝播」提出用文書
今村 翔太 (2009/02/22 新規作成)
2009/kobe-u/090223-imachan-Bthesis/poster/
今村 翔太 2009: 卒業論文「定在ロスビー波の球面伝播」発表用ポスター
今村 翔太 (2009/02/28 一部修正)
2009/kobe-u/090223-imachan-Bthesis/presen/
今村 翔太 2009: 卒業論文「定在ロスビー波の球面伝播」発表会用資料
今村 翔太 (2009/02/28 一部修正 )
2009/kobe-u/090223-sekki-Bthesis/
卒業論文発表会資料・研究室への提出用論文
今関翔 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 2 月 23 日 講演場所 : 城之崎温泉 志なのや]
2009/kobe-u/090223-sekki-Bthesis/paper/
今関 翔 2009: 卒業論文・「非静力学モデルの方程式系」の提出用に文書にしたもの
今関 翔 (2009/02/20 新規作成)
2009/kobe-u/090223-sekki-Bthesis/poster/
今関 翔 2009: 卒業論文・「非静力学モデルの方程式系」の発表用ポスター
今関 翔 (2009/02/20 新規作成)
2009/kobe-u/090223-sekki-Bthesis/presen/
今関 翔 2009: 卒業論文・「非静力学モデルの方程式系」の発表用パワーポイント
今関 翔 (2009/02/20 新規作成)
2009/kobe-u/090223-taro-Bthesis/
卒業論文発表会資料
北野太朗 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 2 月 23 日 講演場所 : 城之崎温泉 志なのや]
2009/kobe-u/090223-taro-Bthesis/paper/
北野 太朗2009: 卒業論文「高・低気圧の発達に関する理論的研究」の提出文書
北野 太朗 (2009/02/23 新規作成)
2009/kobe-u/090223-taro-Bthesis/poster/
北野 太朗2009: 卒業論文「高・低気圧の発達に関する理論的研究」ポスターセッション用資料
北野 太朗 (2009/02/23 新規作成 2009/02/28 一部修正 )
2009/kobe-u/090223-taro-Bthesis/presen/
北野 太朗2009: 卒業論文「高・低気圧の発達に関する理論的研究」の学科内卒論発表会用資料
北野 太朗 (2009/02/23 新規作成 2009/02/28 一部修正)
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/
卒業論文発表会資料
島津 通 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 2 月 23 日 講演場所 : 城之崎温泉 志なのや]
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/paper/
島津 通 卒業論文 2009:熱帯大気の線形応答
島津 通 (2009/02/23 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/paper/pub/
卒業論文:熱帯大気の線形応答
島津 通 (update: missing)
[卒業論文 公開資源 (.pdf)]
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/poster/
島津 通 卒業論文 2009:熱帯大気の線形応答
島津 通 (2009/02/23 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (ppt, pdf)]
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/poster/pub/
卒業論文:熱帯大気の線形応答
島津 通 (update: missing)
[卒論発表用ポスター pdf ファイル]
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/presen/
島津 通 卒業論文 2009:熱帯大気の線形応答
島津 通 (2009/02/23 新規作成)
[卒論発表会 発表用 ppt ファイル]
2009/kobe-u/090223-tnyorai-Bthesis/presen/pub/
卒業論文:熱帯大気の線形応答
島津 通 (update: missing)
[卒論発表資料公開資源]
2009/kobe-u/090223-tomosuga-Bthesis/
卒業論文発表会資料
須賀 友也 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 2 月 23 日 講演場所 : 城之崎温泉 志なのや]
2009/kobe-u/090223-tomosuga-Bthesis/paper/
須賀 友也 2009: 卒業論文「地球赤道域の大気波動に関する研究」文書
須賀 友也 (2009/03/01 Subject 修正 2009/02/20 新規作成)
2009/kobe-u/090223-tomosuga-Bthesis/poster/
須賀 友也 2009: 卒業論文「地球赤道域の大気波動に関する研究」発表用ポスター
須賀 友也 (2009/03/01 Subject 修正 2009/02/20 新規作成)
2009/kobe-u/090223-tomosuga-Bthesis/presen/
須賀 友也 2009: 卒業論文「地球赤道域の大気波動に関する研究」発表用パワーポイント
須賀 友也 (2009/03/01 Subject 修正 2009/02/20 新規作成)
2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/
中本 光紀 2009 修士論文: 海洋大陸および赤道西太平洋の雲活動に関する観測的研究. 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻.
中本 光紀 (2009/02/28)
論文本体は paper/pub/shuron.pdf
口頭発表資料は presen/pub/index.html

2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/paper/
修士論文
中本 光紀 (2009/02/27 提出版を格納)
2009/02/27 に神戸大学理学部地球惑星科学科事務室に提出
2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/paper/pub/
公開用資料
中本 光紀 (2008/02/27 新規作成)
「修士論文」の pdf ファイルが置いてあります. 元の TeX ファイルなどに関しては, src 以下を検索して下さい.
2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/paper/src/
修士論文の資源
中本 光紀 (2009/02/27)
主に TeX, eps, pdf ファイルが格納されています.
[src 直下には「修士論文」の TeX ファイルが置いてあります. できあがったものは ../pub/shuron.pdf です. これは shuron.tex を platex でコンパイルして 生成されたものです. ]
2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/presen/
中本 光紀 2009: 海洋大陸および赤道西太平洋の雲活動に関する観測的研究
中本 光紀 (2008/02/27 新規作成)
2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/presen/pub/
公開用資料
中本 光紀 (2009/02/27)
修論発表会で用いた資料を、 HTML 化したものです. 元の ppt ファイルなどに関しては, src 以下を検索してください.
[発表資料は index.html です.]
2009/kobe-u/090227-nakamoto-Mthesis/presen/src/
修士論文発表資料の資源
中本 光紀 (2009/02/27 新規作成)
修論発表会に用いた ppt ファイルが格納されています.
2009/kobe-u/090526_epasemi_murashin/
大気セミナーアーカイブ資料
塩原潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 5 月 26 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090609_epasemi_jun/
二次元乱流系における二重カスケード過程に関する証明のレビュー
塩原 潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 6 月 09 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090623_epasemi_noda/
M 型矮星を公転する地球型同期回転惑星の大気の計算: 大気崩壊条件と生命生存可能性への暗示
塩原 潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 6 月 23 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090707_epasemi_shosuke/
大気セミナー発表資料(過去の資料へシンボリックリンクした)
林 祥介 (2009/12/16 北野太朗)
2009/kobe-u/090714_epasemi_yot/
大気大循環モデルを用いた海と陸がある惑星の大気循環計算
塩原 潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 7 月 14 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090721_epasemi_taro/
大気セミナーアーカイブ資料
中本光紀 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090804_epasemi_sekki/
Fierro et al. 2009 の論文紹介
今関 翔 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 8 月 4 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090811_epasemi_tnyorai/
Hayashi 1970の論文紹介
島津 通 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 8 月 11 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090818_epasemi_tomosuga/
Nakamoto(2009) の紹介
須賀 友也 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 8 月 18 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090825_epasemi_iwayama/
一般化された 2 次元流体系の理論的研究
塩原 潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 10 月 06 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/090910_epasemi_nishizawa/
大気セミナーアーカイブ資料
塩原潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 9 月 10 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/091013_epasemi_murashin/
大気セミナーアーカイブ資料
塩原潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 10 月 13 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/091020_epasemi_noda/
同期回転惑星の気候の自転角速度依存性
納多 哲史 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 10 月 20 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/091027_epasemi_jun/
強制二次元乱流系の数値実験
塩原 潤 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 10 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/091117_epasemi_taro/
大気セミナーアーカイブ資料
北野太朗 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 11 月 17 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/091201_epasemi_tnyorai/
大気セミナーアーカイブ資料
島津 通 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 12 月 01 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/kobe-u/091208_epasemi_tomosuga/
大気セミナーアーカイブ資料
須賀 友也 (update: missing)
[講演日時 : 2009 年 12 月 08 日 講演場所 : セミナー室 508]
2009/metsoc.spr/
2009 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2009/02/16 )
2009 年 5 月 28 日 (木) 〜 5 月 31 日 (日), つくば国際会議場
2009/metsoc.spr/gtool5/
*森川靖大, 高橋芳幸, 小高正嗣, 石渡正樹, 林祥介, 2009: 階層的数値モデルのための データ入出力ライブラリ Gtool5 の設計と開発: 日本気象学会 2009 年度春季大会講演予稿集, 73.
森川 靖大 (2009/10/19 )
[講演日時 : 2009 年 5 月 31 日 講演場所 : つくば国際会議場 A 会場 講演番号 : A402
予稿 PDF は ./yokou/pub/gtool5_2009_metsoc-spr_ver0.9.pdf 発表資料 (HTML 版) は presen/pub . 発表資料 (PDF 版) は presen/pub/metsoc-spr-2009_dcpam_ver0.9.pdf]
2009/metsoc.spr/mars-moistconv/
*山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2009: 大気主成分の凝結を考慮した 二次元湿潤対流の基礎的数値実験 日本気象学会 2009 年度春季大会講演予稿集, 76.
山下 達也 (2010/03/02)
[講演日時 : 2009 年 5 月 31 日 講演場所 : つくば国際会議場 A 会場 講演番号 : A405
予稿 PDF は ./yokou/metsoc-spr-yokou.pdf 発表資料 (HTML 版) は presen/pub .]
2009/nagare/
2009 年 ながれ
杉山耕一朗 (2009/01/14)
2009/nagare/jupiter/
杉山 耕一朗, 小高 正嗣, 中島 健介, 林 祥介 (2009), 木星大気を念頭においた雲対流モデルの開発, ながれマルチメディア ながれ 28, ながれマルチメディア,
杉山耕一朗 (2009/01/14)
2010/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2010 年
林祥介 (2009/01/15)
2010/hokudai/
2010 年 北海道大学
林 祥介 (2010/01/21)
2010/hokudai/momoko_kisochigaku2/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2010年度(H22 年度) 講義資料
石渡 正樹 (2012/01/20 )
内容は学部 1 年生向けの地学(気象・宇宙)の授業.
2010/hokudai/morikawa/
森川靖大, 2010: 惑星大気大循環モデルの設計と開発. 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 学位論文.
森川 靖大 (2010/01/12)
2010/hokudai/morikawa/ronbun/
森川靖大, 2010: 惑星大気大循環モデルの設計と開発. 北海道大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 学位論文.
森川 靖大 (2010/01/12 )
2010/hokudai/morikawa/shinsa/
学位論文本審査発表資料
森川 靖大 (2010/01/30)
[目次は pub]
2010/isas-lp/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第43回月惑星シンポジウム 2010 年 8 月 4 日(水) 〜 8 月 6 日(金) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 相模原市, 神奈川県
山下達也 (2010/08/07)
2010/isas-lp/mars-moistconv/
Yamashita,T., Odaka, M., Sugiyama,K., Nakajima,K., Ihiwatari,M., Hayashi,Y.-Y., 2010: Atmospheric convection with condensation of the major component, Proceedings of the 43th ISAS Lunar and Planetary Symposium(CD-ROM) 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林 祥介 2010: 主成分の凝結を伴う対流 〜系の保存性に関する再検討〜 第43回月惑星シンポジウム
山下達也 (2011/04/20 山下達也)
[講演日 : 8 月 5 日 (木) 場所 : 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 研究管理棟 2F 会議室 講演原稿は ./proc/pub/2010isas-lp_marsmoistconv_v17.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2010/jpgu/
日本地球惑星科学連合 2010 年大会
竹広真一 (2010/01/15 作成)
2010 年 5 月 23 日 (日) 〜 28 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
2010/jpgu/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2010 : 主成分凝結を伴う火星大気対流の二次元数値実験 日本地球惑星科学連合 2010 年大会, PPS001-P07.
山下達也 (2010/02/09 作成)
2010 年 5 月 23 日 (日) 〜 28 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
[講演日時: 2010 年 05 月 23 日 講演場所: 幕張メッセ 国際会議場 講演セッション: P-PS001 火星 講演番号: PPS001-P07
予稿 pdf ファイルは ./abst/abst_ja.pdf . (英語版は ./abst/abst_en.pdf ). 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2010/kobe-u/
2010 年 神戸大学
林 祥介 (2010/02/23 作成)
2010/kobe-u/100126_epasemi_mikity/
大気セミナーアーカイブ資料
黒田 美紀 (2010/03/31)
[講演日時 : 2010 年 1 月 26 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/100126_epasemi_satoki/
大気セミナーアーカイブ資料
辻野 智紀 (2010/03/16)
[講演日時 : 2010 年 1 月 26 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/100126_epasemi_yukai/
大気セミナーアーカイブ資料
井谷 優花 (2010/03/24)
[講演日時 : 2010 年 1 月 26 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/
卒業論文発表会資料
黒田 美紀 (2009/03/02)
[講演日時 : 2010 年 2 月 26 日 講演場所 : 湯郷グランドホテル]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/paper/
黒田 美紀 卒業論文 2010: ベナール・レイリー型対流の線形論に関する考察
黒田 美紀 (2010/03/02 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/paper/pub/
黒田 美紀 卒業論文 2010: ベナール・レイリー型対流の線形論に関する考察
黒田 美紀 (2010/03/01 新規作成)
[卒論発表資料公開資源]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/poster/
黒田 美紀 卒業論文 2010: ベナール・レイリー型対流の線形論に関する考察
黒田 美紀 (2010/03/02 新規作成)
[卒論発表会 展示ポスター群 (ppt,pdf)]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/poster/pub/
黒田 美紀 卒業論文 2010: ベナール・レイリー型対流の線形論に関する考察
黒田 美紀 (2010/04/27 新規作成)
[卒論ポスター公開資源]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/presen/
黒田 美紀 卒業論文 2010: ベナール・レイリー型対流の線形論に関する考察
黒田 美紀 (2010/03/01 新規作成)
[卒論発表会 発表用 ppt ファイル]
2010/kobe-u/100226_mikity-Bthesis/presen/pub/
黒田 美紀 卒業論文 2010: ベナール・レイリー型対流の線形論に関する考察
黒田 美紀 (2010/04/27 新規作成)
[卒論公開資源]
2010/kobe-u/100226_satoki-Bthesis/
卒業論文発表会資料
辻野 智紀 (2009/03/02)
[講演日時 : 2010 年 2 月 26 日 講演場所 : 湯郷グランドホテル]
2010/kobe-u/100226_satoki-Bthesis/paper/
辻野 智紀 卒業論文 2010:鉛直 1 次元モデルを用いた赤道準二年周期振動の再現実験
辻野 智紀 (2010/03/02 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2010/kobe-u/100226_satoki-Bthesis/poster/
辻野 智紀 卒業論文 2010:鉛直 1 次元モデルを用いた赤道準二年周期振動の再現実験
辻野 智紀 (2010/03/02 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (ppt,pdf)]
2010/kobe-u/100226_satoki-Bthesis/presen/
辻野 智紀 卒業論文 2010:鉛直 1 次元モデルを用いた赤道準二年周期振動の再現実験
辻野 智紀 (2010/03/02 新規作成)
[卒業発表会 発表会 ppt ファイル]
2010/kobe-u/100226_taro/
年度末合宿発表会資料
北野太朗 (2010/03/15)
[講演日時 : 2010 年 2 月 26 日 講演場所 : 美作 湯郷グランドホテル]
2010/kobe-u/100226_tnyorai/
年度末合宿発表資料
島津 通 (2009/03/01)
[講演日時 : 2010 年 2 月 26 日 講演場所 : 湯郷グランドホテル]
2010/kobe-u/100226_yharuto-Bthesis/
卒業論文発表会資料
山元 治人 (2009/04/01)
[講演日時 : 2010 年 2 月 26 日 講演場所 : 湯郷グランドホテル]
2010/kobe-u/100226_yharuto-Bthesis/paper/
山元 治人 卒業論文 2010: 雪氷アルベドフィードバック下における地球気候の太陽放射依存性
山元 治人 (2010/03/15 新規作成 2010/03/15 山元 治人 新規作成 2010/04/27 山元 治人 修正)
[卒論 提出用 pdf ファイル]
2010/kobe-u/100226_yharuto-Bthesis/poster/
山元 治人 卒業論文 2010: 雪氷アルベドフィードバック下における地球気候の太陽放射依存性
山元 治人 (2010/03/15 新規作成 2010/03/15 山元 治人 新規作成 2010/04/27 山元 治人 修正)
[卒論発表会 展示用ポスター]
2010/kobe-u/100226_yharuto-Bthesis/presen/
山元 治人 卒業論文 2010: 雪氷アルベドフィードバック下における地球気候の太陽放射依存性
山元 治人 (2010/03/15 新規作成 2010/03/15 山元 治人 新規作成 2010/04/27 山元 治人 修正)
[卒論発表会 発表用 ppt ファイル]
2010/kobe-u/100226_yukai-Bthesis/
卒業論文発表会資料
井谷 優花 (2009/03/01)
[講演日時 : 2010 年 2 月 26 日 講演場所 : 湯郷グランドホテル]
2010/kobe-u/100226_yukai-Bthesis/paper/
井谷 優花 卒業論文 2010: 大気の射出限界と鉛直温度分布の関係についての考察
井谷 優花 (2010/03/01 新規作成 2010/03/01 井谷 優花 新規作成 2010/04/22 井谷 優花 修正)
[卒論 提出用 pdf ファイル]
2010/kobe-u/100226_yukai-Bthesis/poster/
井谷 優花 卒業論文 2010: 大気の射出限界と鉛直温度分布の関係についての考察
井谷 優花 (2010/03/01 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター]
2010/kobe-u/100226_yukai-Bthesis/presen/
井谷 優花 卒業論文 2010: 大気の射出限界と鉛直温度分布の関係についての考察
井谷 優花 (2010/03/01 新規作成)
[卒論発表会 発表用 ppt ファイル]
2010/kobe-u/100601_epasemi_sekki/
バルク法について
今関 翔 (2010/08/30)
[講演日時 : 2010 年 6 月 01 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館]
2010/kobe-u/100608_epasemi_taro/
大気大循環モデルを用いた傾圧不安定波動の数値計算
北野 太朗 (2010/06/29)
[講演日時 : 2010 年 6 月 8 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館]
2010/kobe-u/100615_epasemi_tnyorai/
Kuo スキームについて
島津 通 (2010/08/27)
[講演日時 : 2010 年 6 月 15 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館]
2010/kobe-u/100622_epasemi_tomosuga/
東インド洋・海洋大陸・西太平洋領域の季節内・季節・経年変動
須賀 友也 (2010/09/14)
[講演日時 : 2010 年 6 月 22 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館]
2010/kobe-u/100629_epasemi_yukai/
Nakajima et al. (1992) の論文紹介
井谷 優花 (2010/06/29)
[講演日時 : 2010 年 6 月 29 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/100706_epasemi_mikity/
Bjerknes. (1938) の論文紹介
黒田 美紀 (2010/08/25)
[講演日時 : 2010 年 7 月 6 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/100720_epasemi_yharuto/
Yokohata et al. (2002) の論文紹介
山元 治人 (2010/10/03)
[講演日時 : 2010 年 7 月 20 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/100727_epasemi_iwayama/
Ohkubo-Weissの基準を用いた点渦系の安定性の研究
岩山 隆寛 (2010/07/28)
[講演日時 : 2010 年 07 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/101104_epasemi_sekki/
異なる基本場での積雲対流の数値計算
今関 翔 (2011/03/02)
[講演日時 : 2010 年 11 月 04 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館 508 号室]
2010/kobe-u/101111_epasemi_taro/
PV による傾圧擾乱の発達過程の考察
北野 太朗 (2011/02/15)
[講演日時 : 2010 年 11 月11 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館 508 号室]
2010/kobe-u/101202_epasemi_tnyorai/
水惑星数値実験における海面温度の影響
島津 通 (2011/03/10)
[講演日時 : 2010 年 12 月02 日 講演場所 : 神戸大学自然科学総合研究棟 3 号館 508 号室]
2010/kobe-u/101209_epasemi_tomosuga/
東インド洋・海洋大陸・西太平洋領域の日・季節内・季節・経年変動
須賀 友也 (2011/02/18)
[講演日時 : 2010 年 12 月 09 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/kobe-u/101216_epasemi_yukai/
Kasting (1991) の紹介
井谷 優花 (2010/12/16)
[講演日時 : 2010 年 12 月 16 日 講演場所 : セミナー室 508]
2010/metsoc.spr/
2010 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2010/02/12)
2010 年 5 月 23 日 (日) 〜 5 月 26 日 (水), 国立オリンピック記念青少年総合センター
2010/metsoc.spr/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2010 : 主成分凝結を伴う火星大気対流の二次元数値実験. 日本気象学会 2010 年度春季大会, P103
山下 達也 (2010/06/11)
2010 年 5 月 23 日 (日) 〜 26 日 (水), 国立オリンピック記念青少年総合センター
[講演日時: 2010 年 05 月 23 日 講演場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター 講演セッション: ポスターセッション 講演番号: P103
予稿 pdf ファイルは ./abst/kishou-spring2010-yokou-v2.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2010/nies/
平成 22 (2010) 年国立環境研究所関係成果物
林祥介 (2010/04/27)
2010/nies/meeting-dcmodel/
林祥介, 石渡正樹, 小高正嗣, 中島健介, 高橋芳幸 (20109): 湿潤惑星大気用数値モデル群の開発および基礎的実験. 国立環境研究所 平成21年度スーパーコンピュータ利用研究報告会, 2010 年 11 月 09 日, 国立環境研究所.
林 祥介 (2010/09/26)
2010/pschool6/
第 6 回 CPS プラネタリスクール
納多 哲史 (2011/04/20 納多 哲史)
2010 年 1 月 4 日 (月) 〜 9 日 (土) シーパル須磨
[CPS 6th International School of Planetary Sciences, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.]
2010/pschool6/yamasita/
第 6 回 CPS プラネタリスクール ポスター (山下 達也)
山下 達也 (update: missing)
2010 年 1 月 4 日 (月) 〜 9 日 (土) シーパル須磨
[T. Yamashita, M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi, "Two-dimensional numerical experiments of Martian atmospheric convection with condensation of the major component", CPS 6th International School of Planetary Sciences, P-37, 4-9 January, 2010, Kobe, Japan.]
2010/wpgm/
2010 Western Pacific Geophysics Meeting
山下達也 (2010/06/27 作成)
2010 年 6 月 22 日 (火) 〜 25 日 (金) 台湾国際会議中心
2010/wpgm/mars-moistconv/
Yamashita et al., 2010 : "Two-dimensional numerical experiments of Martian atmospheric convection with condensation of the major component" 2010 Western Pacific Geophysics Meeting
山下達也 (2010/06/27)
2010 年 6 月 22 日 (火) 〜 25 日 (金) 台北国際会議中心
[講演日時: 2010 年 06 月 23 日 講演場所: 台北国際会議中心 講演セッション: P34A Comparative Planetary Atmospheres 講演番号: P34A-03
予稿テキストは ./abst/wpgm-yokou.txt 発表資料目次は ./presen/pub/index.html Yamashita, T., Odaka, M., Sugiyama, K., Nakajima, K., Ishiwatari, M., Hayashi, Y., "Two-dimensional numerical experiments of Martian atmospheric convection with condensation of the major component", Eos Trans. AGU, 91(26), West. Pac. Geophys. Meet. Suppl., Abstract P34A-03]
2011/
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 2011 年
林祥介 (2011/02/11)
2011/dps/
EPSC-DPS Joint Meeting 2011
林祥介 (2011/05/27)
2011 年 10 月 2 日 (日) 〜 10 月 7 日 (金), Nantes, France
2011/dps/mars-moistconv/
T. Yamashita, M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, Y. O. Takahashi, S. Nishizawa and Y.-Y. Hayashi, 2011: Two-dimensional model simulation of Martian atmospheric convection with condensation of the major component under fixed thermal forcing, EPSC-DPS Joint Meeting 2011
山下達也 (2012/03/05 山下 達也 編集)
02 - 07 October 2011, Nantes, France, La Cite Internationale des Congres Nantes Metropole
[講演日 : 2011 年 10 月 4 日(火) 講演場所 : La Cite Internationale des Congres Nantes Metropole 講演セッション : Atmospheres of Terrestrial Planets 講演番号 : P36 予稿 pdf ファイルは ./yokou/src/DPS2011-abstract_v8.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2011/hokudai/
2011 年 北海道大学
川畑 拓也 (2011/01/19)
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/
北海道大学 全学教育科目 「地球惑星科学2」 2011 年度講義資料
石渡正樹 (2011/12/22 石渡正樹)
公開資料はそれぞれのディレクトリの pub/
[講義場所は 北大高等教育センター S1]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture01/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 第1回講義資料
石渡 正樹 (2011/10/13)
2011/10/13 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は 大気の構造と熱収支
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture02/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学2 2011年度(H23 年度) 第2 回講義資料
石渡 正樹 (2011/10/20 )
2011/10/20 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は 太陽定数, 地球全体の熱収支, 熱の輸送, 雲
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture03/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学2 2011(H23 年度) 第3回講義資料
石渡 正樹 (2011/10/26)
2011/10/27 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は雲
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture04/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2011年度(H23 年度) 第4 回講義資料
石渡 正樹 (2011/11/16)
2011/11/10 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は低気圧・高気圧, 前線, 台風
[講義資料は pub]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture05/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2011年度(H23 年度) 第5 回講義資料 海洋の構造・循環
石渡 正樹 (2011/11/16)
2011/11/17 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture06/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2011年度(H23年度) 第6回講義資料 気候変動
石渡 正樹 (2011/11/23)
2011/11/24 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture07/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2011年度(H23 年度) 第7 回講義資料 太陽系の概観
石渡 正樹 (2011/11/26)
2011/12/08 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture08/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2010年度(H22 年度) 第8 回講義資料 太陽・太陽系起源論
石渡 正樹 (2010/12/09)
2010/12/16 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター N302
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture09/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2010年度(H22 年度) 第 9 回講義資料 惑星の運動, 自転と公転
石渡 正樹 (2010/12/10 石渡 正樹 修正)
2011/01/06 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター N302 内容は 惑星の運動, 自転と公転.
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture10/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 第10回講義資料 恒星, 恒星の進化
石渡 正樹 (2012/01/16 石渡 正樹)
2012/01/05 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容: 恒星, 恒星の進化
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture11/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2011年度(H23年度) 第11回講義資料 脈動変光星, 星団, 星雲
石渡 正樹 (2012/01/16)
2012/01/12 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容: 脈動変光星, 星団, 星雲
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture12/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 第12回講義資料 宇宙とその進化
石渡 正樹 (2012/01/19)
2012/01/19 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は宇宙とその進化
[講義資料は pub ]
2011/hokudai/momoko_chiwaku2/shiken/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 学期末試験問題
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/01/26 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 実施 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[試験問題は pub ]
2011/hokudai/yamasita_hss/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2011: 主成分の凝結を伴う対流の 2 次元数値計算, 第7回HSSワークショップ, 北海道大学, 札幌市.
山下達也 (2011/04/20)
[講演日 : 2011 年 2 月 24 日(木) 場所 : 北海道大学 創成科学研究棟 5階 大会議室 講演原稿は abst/src/H23_HSS_Abst_Yamashita.doc 発表資料目次は ./presen/pub/]
2011/isas-lp/
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 第44回月惑星シンポジウム 2011 年 8 月 1 日(月) 〜 8 月 3 日(水) 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 相模原市, 神奈川県
山下達也 (2011/07/26)
2011/isas-lp/mars-moistconv/
T. Yamashita, M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, Y. O. Takahashi, S. Nishizawa and Y.-Y. Hayashi, 2011: Two-dimensional model simulation of Martian atmospheric convection with condensation of the major component under xed thermal forcing, Proceedings of the 44th ISAS Lunar and Planetary Symposium, 6 pp. (CD-ROM) 山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2011: 水平一様熱強制の下で生じる火星大気中の主成分凝結対流の二次元数値実験, 第44回月惑星シンポジウム
山下達也 (2012/03/05 山下達也 編集)
[講演日 : 8 月 1 日 (月) 場所 : 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 研究管理棟 2F 会議室 講演原稿は ./proc/src/2011isas-lp_marsmoistconv_v10.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2011/jpgu/
日本地球惑星科学連合 2011 年大会
竹広真一 (2011/01/19 作成)
2011 年 5 月 22 日 (日) 〜 27 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
2011/jpgu/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2011 : Atmospheric convection with condensation of the major component 日本地球惑星科学連合 2011 年大会
山下達也 (2011/02/03 作成)
2011 年 5 月 22 日 (日) 〜 27 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
[講演日 : 5 月 25 日 講演セッション : P-PS02 Mars 講演番号 : PPS002-04 予稿 pdf ファイルは ./yokou/src/abst_ja.pdf (英語版は ./yokou/src/abst_en.pdf ). 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2011/kobe-u/
2011 年 神戸大学
林 祥介 (2011/02/23 作成)
2011/kobe-u/110120_epasemi_mikity/
Derbyshire et al. (2004) の紹介
黒田 美紀 (2011/03/10)
[講演日時: 2011/01/20 講演場所: セミナー室 508]
2011/kobe-u/110127_epasemi_takahasu/
大気セミナーアーカイブ資料
高橋 由実子 (2011/01/27)
[講演日時 : 2011 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110127_epasemi_taksaeki/
大気セミナーアーカイブ資料
佐伯拓郎 (2011/01/27)
[講演日時 : 2011 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110127_epasemi_ykawai/
大気セミナーアーカイブ資料
河合 佑太 (2011/01/27)
[講演日時 : 2011 年 1 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110203_epasemi_yharuto@
Derbyshire et al. (2004) の紹介
山元 治人 (2011/03/17)
[講演日時: 2011/02/03 講演場所: セミナー室 508]
2011/kobe-u/110204_sekki_Mthesis/
今関翔, 2011: 熱帯大気中の二次元積雲対流の数値計算 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文.
(maintainer: missing) (2011/02/16)
2011/kobe-u/110204_taro_Mthesis/
北野太朗, 2011: 傾圧不安定波動の時間発展についての数値実験 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文.
北野 太朗 (2010/03/24)
北野修士論文関係の格納ディレクトリ
2011/kobe-u/110204_tnyorai_Mthesis/
島津 通, 2011: 水惑星数値実験に見られる熱帯域対流活動の組織化:赤道対称成分, 反対称成分のふるまい 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文.
(maintainer: missing) (2011/01/28)
2011/kobe-u/110204_tomosuga_Mthesis/
須賀 友也, 2011: 長期連続毎時衛星観測に基く海洋大陸域雲活動の広帯域スペクトル 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文.
(maintainer: missing) (2010/03/18)
2011/kobe-u/110212_takahasu-Bthesis/
高橋由実子, 2011: Korteweg-de Vries 方程式のソリトン解に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
(maintainer: missing) (2011/02/10)
2011/kobe-u/110212_takahasu-Bthesis/paper/
高橋 由実子 卒業論文 2011:Korteweg-de Vries 方程式のソリトン解に関する考察
高橋 由実子 (2011/02/10 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2011/kobe-u/110212_takahasu-Bthesis/poster/
高橋 由実子 卒業論文 2011:Korteweg-de Vries 方程式のソリトン解に関する考察
高橋 由実子 (2011/02/23 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (odp,pdf)]
2011/kobe-u/110212_takahasu-Bthesis/presen/
高橋 由実子 卒業論文 2011:Korteweg-de Vries 方程式のソリトン解に関する考察
高橋 由実子 (2011/02/23 新規作成)
[卒論発表会 odp ファイル]
2011/kobe-u/110212_taksaeki-Bthesis/
佐伯拓郎, 2011: 成層圏突然昇温についての考察, 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
(maintainer: missing) (2011/02/11)
2011/kobe-u/110212_taksaeki-Bthesis/paper/
佐伯拓郎 卒業論文 2011: 成層圏突然昇温についての考察
佐伯拓郎 (2011/02/11 作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと eps ファイル, 整形された pdf ファイル)]
2011/kobe-u/110212_taksaeki-Bthesis/poster/
佐伯拓郎 卒業論文 2011: 成層圏突然昇温についての考察
佐伯拓郎 (2011/03/01 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (odp,pdf)]
2011/kobe-u/110212_taksaeki-Bthesis/presen/
佐伯拓郎 卒業論文 2011: 成層圏突然昇温についての考察
佐伯拓郎 (2011/03/02 新規作成)
[卒論発表会 odp ファイル]
2011/kobe-u/110212_ykawai-Bthesis/
河合 佑太, 2011: 準地衡風 2 層モデルを用いた中緯度大気循環の研究 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
(maintainer: missing) (2011/02/10)
2011/kobe-u/110212_ykawai-Bthesis/paper/
河合 佑太 卒業論文 2011:準地衡風 2 層モデルを用いた中緯度大気循環の研究
河合 佑太 (2011/02/11 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2011/kobe-u/110212_ykawai-Bthesis/poster/
河合 佑太 卒業論文 2011:準地衡風 2 層モデルを用いた中緯度大気循環の研究
河合 佑太 (2011/02/23 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (ppt,pdf)]
2011/kobe-u/110212_ykawai-Bthesis/presen/
河合 佑太 卒業論文 2011:準地衡風 2 層モデルを用いた中緯度大気循環の研究
河合 佑太 (2011/02/23 新規作成)
[卒論発表会 ppt ファイル]
2011/kobe-u/110212_ykawai-Bthesis/qg_2level_model/
河合 佑太 卒業論文 2011:準地衡風 2 層モデルを用いた中緯度大気循環の研究
河合 佑太 (2011/02/28 新規作成)
[作成した準地衡風 2 層モデルのソースおよび可視化スクリプト]
2011/kobe-u/110512_epasemi_yot/
大気セミナー発表資料 惑星大気大循環モデルを用いた地球的惑星から火星的惑星までのパラメタ実験
(maintainer: missing) (2011/05/27)
[講演日時 : 2011 年 05 月 12 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110602_epasemi_seiya/
大気セミナー発表資料 非線形次元削減による状態空間内の多様体の抽出
西澤 誠也 (2012/05/17)
[講演日時 : 2011 年 06 月 02 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110616_epasemi_yukai/
大気セミナー発表資料 大気大循環モデルを用いた地球型惑星の数値実験: 陸惑星の気候レジーム
井谷 優花 (2011/06/16)
[講演日時 : 2011 年 06 月 16 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110623_epasemi_mikity/
大気セミナー発表資料 非静力学モデルを用いた積雲対流の数値計算: 雲と放射の相互作用のメカニズム
黒田 美紀 (2012/04/19)
[講演日時 : 2011 年 06 月 23 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/110714_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 正二十面体格子大気モデル IGModel プロジェクト 〜 「バネ力学を用いた正二十面体測地線格子の改良(Tomita et al, 2001)」
河合 佑太 (2012/05/17)
[講演日時 : 2011 年 07 月 14 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/111013_epasemi_taksaeki/
大気セミナー発表資料 熱帯低気圧と気候変動の関係
佐伯 拓郎 (2011/11/01)
[講演日時: 2011 年 10 月 13 日 講演場所: セミナー室 508]
2011/kobe-u/111020_epasemi_takahasu/
大気セミナー発表資料 さまざまな方程式のソリトン解
高橋 由実子 (2011/10/27)
[講演日時 : 2011 年 10 月 20 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/111027_epasemi_yukai/
大気セミナー発表資料 大気大循環モデルを用いた地球の数値実験
井谷 優花 (2011/10/27)
[講演日時 : 2011 年 10 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/111110_epasemi_mikity/
大気セミナー発表資料 Held et al. 1993 の紹介
黒田 美紀 (2012/04/19)
[講演日時 : 2011 年 11 月 10 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/111215_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 正二十面格子大気モデル DIGMO における非静力学モデルの定式化と数値計算週手法
河合 佑太 (2011/12/15)
[講演日時 : 2011 年 12 月 15 日 講演場所 : セミナー室 508]
2011/kobe-u/111222_epasemi_taksaeki/
大気セミナー発表資料 2011 年台風第 6 号 について
佐伯 拓郎 (2012/04/16)
[講演日時: 2011 年 12 月 22 日 講演場所: セミナー室 508]
2011/kobe-u/murashin/
村上真也, 2011: 2次元非圧縮順圧流体中の非一様楕円渦の軸対称化過程に関する数値実験的研究 神戸大学 大学院自然科学研究科 地球惑星システム科学専攻 学位論文.
(maintainer: missing) (2010/11/25)
2011/kobe-u/murashin/ronbun/
村上真也, 2011: 2次元非圧縮順圧流体中の非一様楕円渦の軸対称化過程に関する数値実験的研究 神戸大学 大学院自然科学研究科 地球惑星システム科学専攻 学位論文.
(maintainer: missing) (2010/12/27)
[公開資源は pub]
2011/kobe-u/murashin/shinsa/
学位論文発表会発表資料
村上真也 (2011/03/24)
[目次は pub]
2011/mars-workshop/
2011 年 Fourth International Workshop on the Mars Atmosphere: Modeling and Observations
高橋芳幸 (2010/11/22 高橋芳幸)
2011 年 02 月 08 日 (火) 〜 02 月 11 日 (金), Paris, France.
2011/mars-workshop/mars-moistconv/
T. Yamashita, M. Odaka, K. Sugiyama, K. Nakajima, M. Ishiwatari, Y.-Y. Hayashi, "Atmospheric convection with condensation of the major component", Fourth International Workshop on the Mars Atmosphere: Modeling and Observations, 8th-11th February, 2011, Paris, France.
山下達也 (2011/04/18 山下達也)
[講演日 : 2 月 11 日 (金) 場所 : Institut Oceanographique de Paris, Paris, France. 予稿 pdf は ./yokou/pub/MarsWS2011-abst_v4.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2011/metsoc.spr/
2011 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2011/02/10)
2011 年 5 月 18 日 (水) 〜 5 月 21 日 (土), 国立オリンピック記念青少年総合センター
2011/metsoc.spr/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2011 : 主成分凝結を伴う 2 次元大気対流の準平衡状態 日本気象学会 2011 年度春季大会
山下 達也 (2011/04/25)
2011 年 5 月 18 日 (水) 〜 21 日 (土), 国立オリンピック記念青少年総合センター
[講演日時: 2011 年 05 月 18 日 講演場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター 講演セッション: 惑星大気 講演番号: D104 予稿 pdf ファイルは ./abst/kishou-spring2011-yokou-v2.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2012/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2012 年
林祥介 (2012/03/01)
2012/hokudai/
2012 年 北海道大学
石渡正樹 (2012/01/05)
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/
北海道大学 全学教育科目 「地球惑星科学2」 2012 年度講義資料
石渡正樹 (2012/11/14 石渡正樹)
公開資料はそれぞれのディレクトリの pub/
[講義場所は 北大高等教育センター S1]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture01/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24年度) 第1回講義資料
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/09/27 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は 大気の構造と熱収支
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture02/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学2 2012年度(H24 年度) 第2 回講義資料
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/10/04 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は 太陽定数, 地球全体の熱収支, 熱の輸送
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture03/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学2 2012(H24 年度) 第3回講義資料
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/10/11 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は雲
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture04/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2012年度(H24 年度) 第4 回講義資料
石渡 正樹 (2012/10/31)
2012/11/01 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は低気圧・高気圧, 前線, 台風
[講義資料は pub]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture05/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2012年度(H24 年度) 第5 回講義資料 海洋の構造・循環
石渡 正樹 (2012/11/01)
2012/11/08 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture06/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2012年度(H24年度) 第6回講義資料 気候変動
石渡 正樹 (2012/11/10)
2011/11/15 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture07/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2012年度(H24 年度) 第7 回講義資料 太陽系の概観
石渡 正樹 (2012/11/16)
2012/11/22 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture08/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24 年度) 第8 回講義資料 太陽・太陽系起源論
石渡 正樹 (2012/11/24)
2010/11/29 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture09/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24 年度) 第 9 回講義資料 公転, 惑星形成論
石渡 正樹 (2012/11/29 石渡 正樹 修正)
2012/12/06 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センターS1 内容は 公転, 惑星形成論.
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture10/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24年度) 第10回講義資料 恒星, 恒星の進化
石渡 正樹 (2013/01/09 石渡 正樹 修正)
2012/12/20 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容: 恒星の進化
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture11/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24年度) 第11回講義資料 星雲, 系外惑星
石渡 正樹 (2013/01/09)
2013/01/10 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容: 宇宙における距離の測り方, 星雲, 系外惑星
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture12/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24年度) 第12回講義資料 宇宙とその進化
石渡 正樹 (2013/01/09)
2013/01/17 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S1 内容は宇宙とその進化
[講義資料は pub ]
2012/hokudai/momoko_chiwaku2/shiken/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 学期末試験問題
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/01/26 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 実施 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[試験問題は pub ]
2012/jpgu/
日本地球惑星科学連合 2012 年大会
竹広真一 (2012/01/31 作成)
2012 年 5 月 20 日 (日) 〜 25 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
2012/jpgu/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2012 : Two-dimensional simulation of Martian atmospheric convection with the major component condensation over CO2 ice surface 日本地球惑星科学連合 2012 年大会
山下達也 (2012/02/17 作成)
2011 年 5 月 20 日 (日) 〜 25 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
[講演日 : 5 月 24 日 講演セッション : P-PS03 Mars 講演番号 : PPS003-05 予稿 pdf ファイルは ./yokou/src/abst_ja.pdf (英語版は ./yokou/src/abst_en.pdf ). 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2012/keigai_ws/
系外惑星大気ワークショップ
竹広 真一 (2012/03/05 竹広 真一)
2012 年 3 月 15 日 (木) 〜 17 日 (土), ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター
2012/keigai_ws/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2012 : 火星主成分凝結対流の二次元数値実験 〜CO2凍結表面上の場合〜, 系外惑星 WS
山下 達也 (2012/03/17)
2012 年 3 月 15 日 (木) 〜 17 日 (土), ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター
[講演日時: 2012 年 03 月 17 日 講演場所: ニチイ学館 神戸ポートアイランドセンター 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2012/kobe-u/
2012 年 神戸大学
林 祥介 (2012/02/10 作成)
2012/kobe-u/120112_epasemi_takahasu/
大気セミナー発表資料 BDO方程式の性質
高橋 由実子 (2012/02/27)
[講演日時 : 2012 年 01 月 12 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120209_yukai_Mthesis/
井谷 優花, 2012: 神戸大学大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻 修士論文.
井谷 優花 (2012/02/15)
2012/kobe-u/120210_daisuke-Bthesis/
船橋 大亮, 2012: 大気の放射吸収線形を決める物理過程についての考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
船橋 大亮 (2012/02/29)
2012/kobe-u/120210_hidekoba-Bthesis/
小林 英貴, 2012: 1次元放射平衡モデルによる大気の鉛直温度構造の考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
小林 英貴 (2012/02/10)
2012/kobe-u/120210_tbseki-Bthesis/
関 友也, 2012: 地球大気の放射場に関する放射伝達方程式についての考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
(maintainer: missing) (2012/02/10)
2012/kobe-u/120210_tyubo-Bthesis/
中坊 孝司, 2012: 大気の鉛直構造と表面温度との関係についての考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
(maintainer: missing) (2012/02/10)
2012/kobe-u/120228_epasemi_yukai/
井谷 優花, 研究室年度末合宿の発表資料
井谷 優花 (2012/03/22)
2012/kobe-u/120517_epasemi_noda/
大気セミナー発表資料 「同期回転系外惑星の気候不安定性」
納多 哲史 (2012/06/13)
[講演日時 : 2012 年 05 月 17 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120531_epasemi_onishi/
大気セミナー発表資料 暴走温室効果と大気境界層を結びつける「??=1」
大西 将徳 (2012/05/31)
[講演日時 : 2012 年 05 月 31 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120614_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 密度に基づく圧縮性流れの数値解法による非静力学モデルについて
河合 佑太 (2011/12/15)
[講演日時 : 2012 年 06 月 14 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120621_epasemi_takahasu/
大気セミナー発表資料 「雲解像モデルによる雲対流の長時間計算」
高橋 由実子 (2012/06/21)
[講演日時 : 2012 年 06 月 21 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120705_epasemi_taksaeki/
大気セミナー発表資料 「2011 年台風第 6 号の不規則運動について」
佐伯 拓郎 (2012/09/03)
[講演日時 : 2012 年 07 月 05 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120712_epasemi_tbseki/
大気セミナー発表資料 「大循環モデルから推測される 火星水氷雲の起源と役割 -Montmessin et al.(2004) の論文紹介」
関 友也 (2012/09/05)
[講演日時 : 2012 年 07 月 12 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120719_epasemi_daisuke/
大気セミナー発表資料 「NASA Ames 大気大循環モデルを用いた火星のダストサイクルとダスト供給地のモデル化」
船橋 大亮 (2012/09/07)
[講演日時 : 2012 年 07 月 19 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/120726_epasemi_mikity/
大気セミナー発表資料 「雲解像モデルによる積雲対流の長時間計算に向けて」
黒田 美紀 (2012/07/26)
[講演日時 : 2012 年 07 月 26 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/121011_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 密度に基づく圧縮性流れの数値解法による全球非静力学モデルの開発
河合 佑太 (2013/03/05)
[講演日時 : 2012 年 10 月 11 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/121018_epasemi_takahasu/
大気セミナー発表資料 「deepconv arare5 による今関(2011) の再計算とサーマル実験」
高橋 由実子 (2012/10/18)
[講演日時 : 2012 年 10 月 18 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/121101_epasemi_taksaeki/
大気セミナー発表資料 「日本南岸における台風の不規則運動に関する研究」
佐伯 拓郎 (2013/02/27)
[講演日時 : 2012 年 11 月 1 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/121108_epasemi_mikity/
大気セミナー発表資料 「雲解像モデルによる積雲対流の長時間計算 - 圧力減少問題についての予備実験 -」
黒田 美紀 (2012/11/08)
[講演日時 : 2012 年 11 月 08 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/121115_epasemi_tbseki/
大気セミナー発表資料 「大循環モデルを用いた火星季節水循環の特徴と安定性に関する研究
関 友也 (2013/02/28)
[講演日時 : 2012 年 11 月 15 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kobe-u/121129_epasemi_daisuke/
ツ邨、・サ・゜・ハ。シネッノスサチ 。。ヨヒフネセオ螟ホスユ、ネイニ、ホイミタアツ邨、、ホ・タ・ケ・ネハャノロ: ヒフネセオ螟ホイニサ熙ヌ、ホヌョツモケ篁簀ル、ホ・タ・ケ・ネコヌツ酖ヘ Heavens et al. (2011) 、ホマタハクセメイラ
チ・カカ ツ醫シ (2012/11/29)
[ケヨア鯣 : 2012 年 11 月 29 日 講演場所 : セミナー室 508]
2012/kyoto-u/
2012 年 京都大学
山本 博基 (2012/03/11)
2012/kyoto-u/20121019_sakai/
酒井敏 「あほなことせぇ ---旧教養部の哲学---」
杉山耕一朗 (2012/12/17)
2012/metsoc.spr/
2012 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2012/02/11)
2011 年 5 月 18 日 (水) 〜 5 月 21 日 (土), 国立オリンピック記念青少年総合センター (日時・場所後で書き換え)
2012/metsoc.spr/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林 祥介, 2012 : 火星極冠上空を想定した主成分凝結対流の二次元数値実験 日本気象学会 2012 年度春季大会
山下 達也 (2012/03/17)
2012 年 5 月 26 日 (土) 〜 29 日 (火), つくば
[講演日時: 2012 年 05 月 28 日 講演場所: つくば国際会議場 B 会場 講演セッション: 降水システム II 講演番号: B310 予稿 pdf ファイルは ./abst/kishou-spring2012-yokou-v5.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2012/nagoya-u/
2012 年 名古屋大学
林 祥介 (2012/02/17 作成)
2012/okayama-u/
2012 年 岡山大学
林 祥介 (2012/04/06 作成)
2012/okayama-u/120227_epasemi_shokichi/
石岡 翔, 2012: 2011 年度神戸大学地球および惑星大気科学研究室卒論合宿発表内容.
石岡 翔 (2012/04/17)
2012/okayama-u/120227_epasemi_shokichi/presen/
石岡 翔, 2012: 2011 年度神戸大学地球および惑星大気科学研究室卒論合宿発表内容.
石岡 翔 (2012/04/12 2012/04/12 黒田 美紀 新規作成)
2013/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2013 年
林祥介 (2013/02/05)
2013/cps-wtk-miniworkshop/
2013 年 惑星大気小研究会 at CPS
竹広 真一 (2013/01/28 作成)
2013 年 2 月 4 日 〜 2 月 5 日 at 神戸大学惑星科学研究センター
2013/cps-wtk-miniworkshop/mars-moistconv/
Yamashita et al., 2013 : Two-dimensional simulation of Early Martian atmospheric convection with the major component condensation -- Parameter experiments on critical saturation ratio and number density of condensation nuclei --, Mini-Workshop on Planetary Atmosphere
山下達也 (2013/11/01 更新)
神戸大学惑星科学研究センター 2013 年 2 月 4 日 -- 2 月 5 日
[講演日時 : 2013 年 2 月 5 日 講演場所 : 神戸大学惑星科学研究センター 発表資料目次は ./pub/]
2013/hokudai/
2013 年 北海道大学
石渡正樹 (2013/01/31)
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/
北海道大学 全学教育科目 「地球惑星科学2」 2013 年度講義資料
石渡正樹 (2013/10/21 石渡正樹)
公開資料はそれぞれのディレクトリの pub/
[講義場所は 北大高等教育センター S2]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture01/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2013年度(H25年度) 第1回講義資料
石渡 正樹 (2013/10/07)
2013/10/03 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 大気の構造と熱収支
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture02/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013年度(H25 年度) 第2 回講義資料
石渡 正樹 (2013/10/07)
2012/10/10 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 太陽定数, 地球全体の熱収支, 熱の輸送
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture03/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013(H24 年度) 第3回講義資料
石渡 正樹 (2013/10/11)
2012/10/17 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は雲
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture04/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013年度(H25 年度) 第4 回講義資料
石渡 正樹 (2012/10/31)
2013/10/24 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は低気圧・高気圧, 前線, 台風
[講義資料は pub]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture05/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013年度(H25 年度) 第5 回講義資料 海洋の構造・循環
石渡 正樹 (2013/10/24)
2013/10/31 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture06/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013年度(H25年度) 第6回講義資料 気候変動
石渡 正樹 (2013/10/31)
2011/11/07 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture07/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013年度(H25 年度) 第7 回講義資料 太陽系の概観
石渡 正樹 (2013/11/07)
2013/11/14 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture08/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2013年度(H25 年度) 第8 回講義資料 太陽・太陽系起源論
石渡 正樹 (2013/11/26)
2010/11/28 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture09/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2012年度(H24 年度) 第 9 回講義資料 公転, 惑星形成論
石渡 正樹 (2014/01/08 石渡 正樹 修正)
2014/01/09 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センターS2 内容は 公転, 惑星形成論.
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture10/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2013年度(H25年度) 第10回講義資料 恒星, 恒星の進化
石渡 正樹 (2014/01/09 石渡 正樹 修正)
2014/01/16 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 恒星の進化
[講義資料は pub ]
2013/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture11/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2013年度(H25年度) 第11回講義資料 星雲, 系外惑星
石渡 正樹 (2013/01/09)
2014/01/23 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 宇宙における距離の測り方, 星雲, 宇宙の進化
[講義資料は pub ]
2013/isas-taiki/
第27回 大気圏シンポジウム
山下 達也 (2013/02/25)
日時: 2013 年 2 月 28 日(木) - 3 月 1 日(金) 場所: 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 本館2階会議場, 神奈川県相模原市
2013/isas-taiki/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2013 : 初期火星大気中の主成分凝結対流の二次元数値実験 - 臨界飽和比と凝結核数密度に関するパラメータ依存性 -, 第 27 回大気圏シンポジウム
山下達也 (2013/11/01 更新)
2013 年 2 月 28 日 (木) 〜 3 月 1 日 (金) ISAS
[講演日 : 3 月 1 日 (金) 場所 : 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 研究管理棟 2F 会議室 講演原稿は ./proceeding/pub/7-5.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/]
2013/jpgu/
日本地球惑星科学連合 2013 年大会
竹広真一 (2013/02/04 作成)
2013 年 5 月 19 日 (日) 〜 24 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
2013/jpgu/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2013 : A 2D numerical simulation of atmoepheric convection with condensation of major component under early Mars condition (invited), 日本地球惑星科学連合 2013 年大会
高橋芳幸 (2013/05/31 作成)
2013 年 5 月 19 日 (日) 〜 24 日 (金) 幕張メッセ国際会議場
[講演日 : 5 月 21 日 講演セッション : P-PS04 Mars 講演番号 : P-PS04-02 予稿 pdf ファイルは ./abst/src/PPS04-02.pdf (英語版は ./abst/src/PPS04-02_E.pdf ). 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2013/kobe-u/
2013 年 神戸大学
林 祥介 (2012/12/03 作成)
2013/kobe-u/130208_cassy_Bthesis/
柏本 光司, 2013: バスタブ渦の起源とその形成メカニズム 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
柏本 光司 (2013/02/08)
2013/kobe-u/130208_kanna625_Bthesis/
佐藤緩奈, 2013: Kelvin-Helmholtz 不安定の数値シミュレーション 神戸大学 理学部 地球惑星科学専攻 卒業論文.
(maintainer: missing) (2013/02/08)
2013/kobe-u/130208_mikity_Mthesis/
黒田美紀, 2013: 雲解像モデルを用いた積雲対流の長時間計算 -圧力方程式における熱膨張項の寄与- 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士学位論文.
(maintainer: missing) (2013/02/01)
2013/kobe-u/130208_nobesaka_Bthesis/
坂廼邉 翼, 2013: 二重拡散対流の線形安定性解析と数値計算 神戸大学 大学院理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
(maintainer: missing) (2013/02/08)
2013/kobe-u/130208_takahasu_Mthesis/
高橋由実子, 2013: 積雲成長の初期条件依存性に関する数値実験 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士学位論文.
(maintainer: missing) (2013/02/01)
2013/kobe-u/130208_taksaeki_Mthesis/
佐伯拓郎, 2013: 日本南岸における台風の不規則運動に関する観測的研究 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士学位論文.
(maintainer: missing) (2012/01/11)
2013/kobe-u/130208_ykawai_Mthesis/
河合佑太, 2013: 高精度有限体積法による非静力学惑星大気循環モデルの開発 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士学位論文.
(maintainer: missing) (2012/02/01)
2013/kobe-u/130530_epasemi_reni/
大気セミナー発表資料 Investigation of the diurnal-cycle of Ciliwung River, Jawa, Indonesia
河合 佑太 (2013/10/25)
[講演日時 : 2013 年 05 月 30 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/130606_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 Lian & Showman(2010) の紹介 〜巨大惑星における大規模潜熱加熱による赤道ジェット形成
河合 佑太 (2013/09/12)
[講演日時 : 2013 年 06 月 06 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/130620_epasemi_tbseki/
大気セミナー発表資料 「大気大循環モデルを用いた火星大気の数値計算:放射活性な水氷雲の存在が火星の気候に与える影響」
関 友也 (2013/09/10)
[講演日時 : 2013 年 06 月 20 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/130704_epasemi_reni/
大気セミナー発表資料 A distributed runoff model for flood prediction in ungauged basin - Kojima et al
河合 佑太 (2013/10/25)
[講演日時 : 2013 年 07 月 04 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/130718_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 Ishiwatari et al(2007) の紹介: 灰色大気の気候状態の太陽定数依存性~暴走温室状態から全球凍結状態まで
河合 佑太 (2013/09/12)
[講演日時 : 2013 年 07 月 18 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/131031_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 Smith al. (2006) のレビュー ~ Global Climate and Ocean Circulation on an Aquaplanet OceanAtmosphere General Circulation Model
河合 佑太 (2014/04/12)
[講演日時 : 2013 年 10 月 31 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/131114_epasemi_tbseki/
大気セミナー発表資料 「大気大循環モデルを用いた火星大気水循環の数値計算」
関 友也 (2014/03/13)
[講演日時 : 2013 年 11 月 14 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/kobe-u/131219_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 Marshall et al.(2007) のレビュー: Mean Climate and Variability of the Atmosphere and Ocean on an Aquaplanet
河合 佑太 (2013/12/25)
[講演日時 : 2013 年 12 月 19 日 講演場所 : セミナー室 508]
2013/metsoc.hokkaido/
2013 年 日本気象学会北海道支部会研究発表会
石渡正樹 (2013/10/02)
2013 年 6 月 24 日 (月) 北海道大学 学術交流会館
2013/metsoc.hokkaido/venus_conv/
川畑拓也, 小高正嗣(北大・理), 杉山耕一朗(ISAS/JAXA) 石渡正樹(北大・理), 2013: 金星雲層内における対流の数値計算
石渡正樹 (2013/10/02)
2013 年 日本気象学会北海道支部会研究発表会 2013 年 6 月 24 日 (月) 北海道大学 学術交流会館
2013/metsoc.spr/
2013 年 日本気象学会春季大会
林祥介 (2013/01/29)
2013 年 5 月 15 日 (水) 〜 18 日 (土) 国立オリンピック記念青少年総合センター (日時・場所後で書き換え)
2013/metsoc.spr/mars-moistconv/
山下達也, 小高正嗣, 杉山耕一朗, 中島健介, 石渡正樹, 林祥介, 2013 : 初期火星大気中の主成分凝結対流の二次元数値実験 - 臨界飽和比と凝結核数 密度に対する依存性 - 日本気象学会 2013 年度春季大会
山下達也 (2013/05/31 更新)
2013 年 5 月 15 日 (水) 〜 18 日 (土) 国立オリンピック記念青少年総合センター
[講演日 : 5 月 17 日 講演セッション : ポスターセッション 講演番号 : P334 予稿 pdf ファイルは ./abst/src/kishou-spring2013-yokou-v6.pdf 発表資料目次は ./presen/pub/index.html]
2014/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2014 年
林祥介 (2014/03/13)
2014/aogs/
Asia Oceania Geosciences Society 2014
樫村博基 (2014/02/05)
2014 年 07 月 27 日 (月) 〜 08 月 01 日 (金), Royton Sapporo Hotel,札幌
2014/hokudai/
2013 年 北海道大学
石渡正樹 (2013/01/31)
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/
北海道大学 全学教育科目 「地球惑星科学2」 2014 年度講義資料
石渡正樹 (2014/12/16 石渡正樹)
公開資料はそれぞれのディレクトリの pub/
[講義場所は 北大高等教育センター S2]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture01/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第1回講義資料
石渡 正樹 (2014/09/28)
2014/10/02 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 大気の構造と熱収支
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture02/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013年度(H25 年度) 第2 回講義資料
石渡 正樹 (2013/10/07)
2012/10/10 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 太陽定数, 地球全体の熱収支, 熱の輸送
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture03/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2013(H24 年度) 第3回講義資料
石渡 正樹 (2013/10/11)
2012/10/17 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は雲
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture04/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2014年度(H26 年度) 第4 回講義資料
石渡 正樹 (2014/10/24)
2014/10/30 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は低気圧・高気圧, 前線, 台風
[講義資料は pub]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture05/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2014年度(H26 年度) 第5 回講義資料 海洋の構造・循環
石渡 正樹 (2014/11/06)
2014/11/06 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture06/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2014年度(H26年度) 第6回講義資料 気候変動
石渡 正樹 (2014/11/08)
2011/11/13 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture07/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2014年度(H26年度) 第7回講義資料 天気予報
石渡 正樹 (2014/11/23)
2014/11/20 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture08/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2014年度(H26年度) 第8回講義資料 天文学のご利益, 太陽
石渡 正樹 (2014/11/23)
2014/11/27 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture09/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第9回講義資料 太陽・太陽系起源論
石渡 正樹 (2014/11/27)
2014/12/11 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture10/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26 年度) 第 10 回講義資料 公転, 惑星形成論
石渡 正樹 (2014/12/11 石渡 正樹 修正)
2014/12/18 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センターS2 内容は惑星形成論.
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture11/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第11回講義資料 恒星, 恒星の進化
石渡 正樹 (2014/12/27 石渡 正樹 修正)
2015/01/08 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 恒星の進化
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture12/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第12回講義資料 宇宙の進化
石渡 正樹 (2015/01/19)
2015/01/15 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 宇宙における距離の測り方, 宇宙の進化
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture13/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2013年度(H25年度) 第11回講義資料 星雲, 系外惑星
石渡 正樹 (2013/01/09)
2014/01/23 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 宇宙における距離の測り方, 星雲, 宇宙の進化
[講義資料は pub ]
2014/hokudai/momoko_chiwaku2/shiken/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 学期末試験問題
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/01/26 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 実施 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[試験問題は pub ]
2014/hokudai/yamasita_dthesis/
山下 達也, 2014: 初期火星大気を想定した主成分凝結対流の二次元数値実験〜臨界飽和比と凝結核数混合比に対する依存性〜, 北海道大学理学博士論文, 107 pp.
山下達也 (2014/06/07)
2014/isas-lp/
第47回 月・惑星シンポジウム
小高正嗣 (2014/07/03)
日時: 2014 年 8 月 4 日(月) - 8 月 6 日(水) 場所: 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 本館2階会議場, 神奈川県相模原市
[研究会ページは http://www.isas.jaxa.jp/j/researchers/symp/2014/0804_moon_boshu.shtml ]
2014/isas-lp/mars-assess/
杉山耕一朗, 小高正嗣, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 火星表層環境評価チーム, 2014: 数値気象モデルを用いた着陸探査のための火星表層環境評価, 第47回 月・惑星シンポジウム
小高正嗣 (2014/07/03)
日時: 2014 年 8 月 4 日(月) - 8 月 6 日(水) 場所: 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究本部 本館2階会議場, 神奈川県相模原市
[発表日時: 2014 年 8 月 4 日(月) 予稿原稿(公開版)は yokou/pub , 発表資料(公開版)は presen/pub]
2014/jpgu/
日本地球惑星科学連合 2014 年大会
竹広真一 (2014/01/28 作成)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金) パシフィコ横浜
2014/jpgu/AFES-Venus-Spect/
樫村博基, 杉本憲彦, 高木征弘, 大淵済, 榎本剛, 高橋芳幸, 林祥介 2014: 簡易金星大気大循環モデル高解像度計算の運動エネルギースペクトル. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
樫村博基 (2014/02/03)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 5 月 1 日(木) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-CG38 惑星大気圏・電磁圏 講演番号 : PCG38-07 ]
2014/jpgu/dcpam-dustlifting/
荻原弘尭, 高橋芳幸, 石渡正樹, 小高正嗣, 林祥介, 2014: 火星におけるダスト巻き上げスキームの DCPAM への実装 とそれを用いた地表面ダストフラックス診断実験 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
荻原弘尭 (2014/04/24)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 5 月 1 日(木) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-PS02 Mars 講演番号 : PPS02-P02]
2014/jpgu/dcrtm-steam/
大西 将徳, はしもとじょーじ, 倉本圭, 高橋芳幸, 高橋康人, 石渡正樹, 林祥介 2014 : Line-by-line 放射計算による水蒸気大気の放射特性. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
大西 将徳 (update: missing)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金) パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 4 月 28 日 (火) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演番号 : PPS21-12 セッション : 「惑星科学」P-PS21]
2014/jpgu/deepconv-giant/
杉山耕一朗, 中島健介, 小高正嗣, 倉本圭, 林祥介, 2014: 巨大惑星を想定した雲対流の 2 次元数値計算 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
杉山耕一朗 (2014/04/24)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 5 月 1 日(木) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-CG38 惑星大気圏・電磁圏 講演番号 : PCG38-P03]
2014/jpgu/deepconv-venus/
杉山耕一朗, 川畑拓也, 小高正嗣, 中島健介, 石渡正樹, 2014: 金星雲層を想定した鉛直対流の数値計算 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
杉山耕一朗 (2014/04/24)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 5 月 1 日(木) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-CG38 惑星大気圏・電磁圏 講演番号 : PCG38-02]
2014/jpgu/deepconv-venus_wave/
安藤紘基, 杉山耕一朗, 今村剛, 小高正嗣, 中島健介, 2014: 雲解像モデルを用いた金星重力波の2次元数値実験 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
杉山耕一朗 (2014/04/24)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 5 月 1 日(木) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-CG38 惑星大気圏・電磁圏 講演番号 : PCG38-P04]
2014/jpgu/icflow-surfdisp/
竹広 真一 2014 : ジュール加熱により引き起こされる地球内核中の流れに対する 表面変位の影響. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
竹広真一 (update: missing)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金) パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 4 月 30 日 (水) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演番号 : SEM37-12 セッション : 「地磁気・古地磁気・岩石磁気」S-EM37]
2014/jpgu/melos-dcpam/
小高正嗣, 杉山耕一朗, 高橋芳幸, 西澤誠也, 林祥介, はしもとじょーじ, 2014: 惑星大気大循環モデル DCPAM を用いた MELOS1 探査機のための 火星表層環境評価, 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
小高正嗣 (2014/01/31)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 4 月 28 日(月) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-PS02 火星 (Mars) 講演番号 : PPS02-P03]
2014/jpgu/mhdconv-cylinder/
堀 久美子, 竹広 真一, 清水 久芳, 2014: 回転円筒内の磁気対流の線形安定性と波動. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
竹広真一 (2014/02/13 作成)
2014 年 4 月 28 日(月) -- 5 月 2 日(金), パシフィコ横浜
[講演日時: 2014 年 4 月 28 日(月) 講演番号: MIS24-13 セッション: M-IS24 地球流体力学:地球惑星現象への分野横断的アプローチ]
2014/jpgu/sphrconv-thin/
佐々木洋平, 竹広真一, 石岡圭一, 中島健介, 林祥介, 2014: 高速に回転する薄い球殻内の熱対流により引き起こされる表層の帯状流. 日本地球惑星科学連合 2014 年大会.
佐々木洋平 (2014/01/30)
2014 年 4 月 28 日 (月) 〜 5 月 2 日 (金), パシフィコ横浜
[講演日時 : 2014 年 5 月 1 日(木) 講演場所 : パシフィコ横浜 講演セッション : P-CG38 惑星大気圏・電磁圏 講演番号 : PCG38-01]
2014/kobe-u/
2014 年 神戸大学
林 祥介 (2014/03/13 作成)
2014/kobe-u/140109_epasemi_reni/
大気セミナー発表資料 Study on rainfall-driven diurnal cycle of tropical reiver: Observation and simulation for Ciliwung River, Java, Indonesia
河合 佑太 (2013/10/25)
[講演日時 : 2014 年 01 月 09 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/140123_epasemi_tbseki/
大気セミナー発表資料 「大気大循環モデルによる火星大気での水循環の数値計算」
関 友也 (2014/03/13)
[講演日時 : 2014 年 01 月 23 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/140206_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 水惑星実験のための海洋大循環モデルの開発と基礎的な数値実験
河合 佑太 (2014/03/14)
[講演日時 : 2014 年 02 月 06 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/140207_tbseki-Mthesis/
関友也, 2014: 大気大循環モデルによる火星大気での水循環の数値計算 神戸大学 大学院理学研究科 地球惑星科学専攻 修士学位論文.
関 友也 (2014/03/28)
2014/kobe-u/140612_epasemi_reni/
大気セミナー発表資料 Study on rainfall-driven diurnal cycle of tropical river: Observation and simulation for Ciliwung River, Jawa, Indonesia
高橋 芳幸 (2014/06/13)
[講演日時 : 2014 年 06 月 12 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/140619_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 Enderton and Marshall (2009) の紹介 ~ 水惑星における大気・海洋・氷圏の気候とそれらの南北エネルギー輸送の探究
河合 佑太 (2014/03/14)
[講演日時 : 2014 年 06 月 19 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/140703_epasemi_daisuke/
大気セミナー発表資料 「金星大気大循環モデルにおけるバルク雲パラメタリゼーション」
船橋 大亮 (2014/07/03)
[講演日時 : 2014 年 07 月 03 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/140724_epasemi_murashin/
大気セミナー発表資料 「Benard対流の線形論
村上 真也 (2014/07/24)
[講演日時 : 2014 年 07 月 24 日 講演場所 : セミナー室 508]
2014/kobe-u/141106_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 複雑な気候モデルにおける多重平衡解と気候状態決定の機構の考察
河合 佑太 (2014/03/14)
[講演日時 : 2014 年 11 月 06 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2015 年
林祥介 (2015/02/04)
2015/hokudai/
2015 年 北海道大学
石渡正樹 (2015/02/02)
2015/hokudai/momoko_KikouHendou/
北海道大学 全学教育科目 「気候変動を科学する」 第三回「太陽系惑星の構造と起源」 2015 年度講義資料
石渡正樹 (2015/11/11)
講義資料は pub/index.html で閲覧できる.
[講義日時は 2015/04/28 16:30--18:00 講義場所は 北大高等教育センター]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/
北大全学授業「地球惑星科学II」 (石渡担当分)
石渡 正樹 (2015/11/04)
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture01/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27年度) 第1回講義資料
石渡 正樹 (2015/11/04)
2015/10/01 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 大気の構造と熱収支
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture02/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第2回講義資料
石渡 正樹 (2015/11/04)
2012/10/08 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 太陽定数, 地球全体の熱収支, 熱の輸送
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture03/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015(H27年度) 第3回講義資料
石渡 正樹 (2015/11/04)
2015/10/15 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は対流, 雲
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture04/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第4 回講義資料
石渡 正樹 (2015/11/04)
2015/11/05 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は低気圧・高気圧, 前線, 台風
[講義資料は pub]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture05/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第5回講義資料 海洋の構造・循環
石渡 正樹 (2015/11/09)
2015/11/12 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture06/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第6回講義資料 気候変動
石渡 正樹 (201/11/12)
2015/11/19 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture07/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第7回講義資料 天気予報
石渡 正樹 (2015/11/19)
2015/11/26 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture08/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第8回講義資料 天文学の意義, 太陽
石渡 正樹 (2015/11/27)
2015/12/10 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture09/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27年度) 第9回講義資料 太陽・太陽系起源論
石渡 正樹 (2015/12/11)
2015/12/17 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture10/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27 年度) 第 10 回講義資料 公転, 惑星形成論
石渡 正樹 (2014/12/17 石渡 正樹 修正)
2014/12/24 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センターS2 内容は惑星形成論.
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture11/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第11回講義資料 恒星, 恒星の進化
石渡 正樹 (2014/12/27 石渡 正樹 修正)
2015/01/08 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 恒星の進化
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture12/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27年度) 第12回講義資料 宇宙の進化
石渡 正樹 (2016/01/08)
2015/01/14 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 宇宙における距離の測り方, 宇宙の進化
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture13/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第13回講義資料 星雲, 系外惑星
石渡 正樹 (2014/01/17)
2015/01/22 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 系外惑星
[講義資料は pub ]
2015/hokudai/momoko_chiwaku2/shiken/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2011年度(H23年度) 学期末試験問題
石渡 正樹 (2012/11/14)
2012/01/26 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 実施 北海道大学 高等教育機能開発センター S1
[試験問題は pub ]
2015/kobe-u/
2015 年 神戸大学
林 祥介 (2015/01/29 作成)
2015/kobe-u/150115_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 「海氷モデリングの基礎」
河合 佑太 (2015/02/05)
[講演日時 : 2015 年 01 月 15 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/150205_epasemi_daisuke/
大気セミナー発表資料 「単純雲モデルによる金星での水蒸気雲アルベドフィードバックの予測 -Hashimoto and Abe [2001] の紹介-」
船橋 大亮 (2015/02/05)
[講演日時 : 2015 年 02 月 05 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/150211_ryohori-Bthesis/
堀之内 龍一, 2015: 2 レベル準地衡流モデルを用いた傾圧不安定波に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文.
堀之内 龍一 (2015/02/11)
2015/kobe-u/150211_ryohori-Bthesis/paper/
堀之内 龍一 卒業論文 2015 : 2 レベル準地衡流モデルを用いた傾圧不安定波に関する考察
堀之内 龍一 (2015/02/11 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2015/kobe-u/150211_ryohori-Bthesis/poster/
堀之内 龍一 卒業論文 2015: 2 レベル準地衡流モデルを用いた傾圧不安定波に関する考察
堀之内 龍一 (2015/03/25 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (pptx, pdf)]
2015/kobe-u/150211_ryohori-Bthesis/presen/
堀之内 龍一 卒業論文 2015: 2 レベル準地衡流モデルを用いた傾圧不安定波に関する考察
堀之内 龍一 (2015/02/26 新規作成)
[卒論発表会 pptx ファイル]
2015/kobe-u/150213_fmiho23-Bthesis/
藤島 美保, 2015: 赤道波の特性に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
藤島 美保 (2015/02/13)
2015/kobe-u/150213_fmiho23-Bthesis/paper/
藤島 美保 卒業論文 2015: 赤道波の特性に関する考察
藤島 美保 (2015/02/13 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2015/kobe-u/150213_fmiho23-Bthesis/poster/
藤島 美保 卒業論文 2015:赤道域の大気・海洋中に存在する大規模波動の考察:自由振動問題
藤島 美保 (2015/02/26 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター(pptx, pdf)]
2015/kobe-u/150213_fmiho23-Bthesis/presen/
藤島 美保 卒業論文 2015:赤道域の大気・海洋中に存在する大規模波動の考察:自由振動問題
藤島 美保 (2015/02/26 新規作成)
[卒論発表会 pptx ファイル]
2015/kobe-u/150213_mmiyuki_Bthesis/
村上 美雪, 2015: 内部重力波の伝播特性に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
村上 美雪 (2015/02/13)
2015/kobe-u/150213_mmiyuki_Bthesis/paper/
村上 美雪 卒業論文 2015:内部重力波の伝播特性に関する考察
村上 美雪 (2015/02/13 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2015/kobe-u/150213_mmiyuki_Bthesis/poster/
村上 美雪 卒業論文 2015:内部重力波の伝播特性に関する考察
村上 美雪 (2015/02/26 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター(pptx, pdf)]
2015/kobe-u/150213_mmiyuki_Bthesis/presen/
村上 美雪 卒業論文 2015:内部重力波の伝播特性に関する考察
村上 美雪 (2015/02/26 新規作成)
[卒論発表会 pptx ファイル]
2015/kobe-u/150213_okazakis-Bthesis/
岡崎 正悟, 2015: 非粘性非圧縮2次元順圧流体における波数空間内のエネルギー変換過程に関する考察 神戸大学 理学部 数学科 卒業論文
岡崎 正悟 (2014/02/13)
2015/kobe-u/150213_okazakis-Bthesis/paper/
岡崎 正悟 卒業論文 2015:非粘性非圧縮2次元順圧流体における波数空間内のエネルギー変換過程に関する考察
岡崎 正悟 (2015/02/13 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2015/kobe-u/150213_okazakis-Bthesis/presen/
岡崎 正悟 卒業論文 2015:非粘性非圧縮2次元順圧流体に対する波数空間内のエネルギー変換過程に関する考察
岡崎 正悟 (2015/03/25 新規作成)
[卒論発表会 pptx ファイル]
2015/kobe-u/150213_ytakitk0_Bthesis/
滝口 裕子, 2015: 赤道域の大気海洋中に存在する大規模波動の考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
滝口 裕子 (2015/02/13)
2015/kobe-u/150213_ytakitk0_Bthesis/paper/
滝口 裕子 卒業論文 2015 : 大気海洋中に存在する大規模波動の考察
滝口 裕子 (2015/02/13 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2015/kobe-u/150213_ytakitk0_Bthesis/poster/
滝口 裕子 卒業論文 2015 : 大気海洋中に存在する大規模波動の考察
滝口 裕子 (2015/02/13 新規作成)
[卒論発表会で使用したポスターファイル]
2015/kobe-u/150213_ytakitk0_Bthesis/presen/
滝口 裕子 卒業論文 2015 : 大気海洋中に存在する大規模波動の考察
滝口 裕子 (2015/02/13 新規作成)
[大気セミナーで使用したスライド]
2015/kobe-u/150604_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 水惑星の寒冷な気候状態における海洋熱輸送の役割についての考察
河合 佑太 (2015/06/12)
[講演日時 : 2015 年 06 月 04 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/150702_epasemi_okazakis/
大気セミナー発表資料 2 次元乱流における秩序渦による乱流のカスケードの抑止の例示
岡崎 正悟 (2015/07/15)
[講演日時 : 2015 年 07 月 15 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/150716_epasemi_mmiyuki/
大気セミナー発表資料 シアーを持つ安定層における内部重力波のダクト伝播
村上 美雪 (2015/07/30)
[講演日時 : 2015 年 07 月 16 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/151105_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 水惑星設定の大気海洋海氷結合系における気候状態の数値的研究
河合 佑太 (2015/11/05)
[講演日時 : 2015 年 11 月 05 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/151126_epasemi_okazakis/
大気セミナー発表資料 準地衡 2 層モデルによる Nastrom-Gage スペクトルの再現
岡崎 正悟 (2015/11/26)
[講演日時 : 2015 年 11 月 26 日 講演場所 : セミナー室 508]
2015/kobe-u/151224_epasemi_mmiyuki/
大気セミナー発表資料 対流起源の内部重力波の層大気への伝播 −Goya & Miyahara (1999) の紹介−
村上 美雪 (2015/12/25)
[講演日時 : 2015 年 12 月 24 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2016 年
林祥介 (2016/01/19)
2016/aogs/
Asia Oceania Geosciences Society 2016
石渡正樹 (2016/02/19)
2016 年 07 月 31 日 (日) 〜 08 月 05 日 (金), 北京
2016/aogs/dcpam_runaway/
Ishiwatari, M., S. Noda, K. Nakajima, Y.O. Takahashi, S. Takehiro, Y.-Y. Hayashi 2016: A Numerical Experiment on Occurrence Condition of the Runaway Greenhouse State With an Atmospheric General Circulation Model. AOGS 2016
石渡正樹 (2016/02/19)
2016 年 7 月 31 日 (日) 〜 8 月 05 日 (金), 北京
[講演日時 : 2016 年 8 月 4 日(木) 講演場所 : China National Convention Centre, Beijing 講演セッション : PS12 Terrestrial Planetary Atmosphere And Their Evolution 講演番号 : PS12-A007]
2016/hokudai/
2016 年 北海道大学
石渡正樹 (2016/01/15)
2016/hokudai/momoko_KeisanKagakuFrontier/
北海道大学 大学院共通講義 「計算科学が開く新しい科学」 「観測できない惑星の気候の数値計算」 2015 年度講義資料
石渡正樹 (2016/01/19)
講義資料は pub/index.html で閲覧できる.
[講義日時は 2016/01/14 16:30--18:00 講義場所は 理学 5-201]
2016/hokudai/momoko_KikouHendou/
北海道大学 全学教育科目 「気候変動を科学する」 第二回「太陽系惑星の構造と起源」 2016 年度講義資料
石渡正樹 (2016/10/07)
講義資料は pub/index.html で閲覧できる.
[講義日時は 2016/04/26 16:30--18:00 講義場所は 北大高等教育センター]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/
北大全学授業「地球惑星科学II」 (石渡担当分) 2016 年度
石渡 正樹 (2016/10/06)
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture01/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2016年度(H28年度) 第1回講義資料
石渡 正樹 (2016/10/07)
2016/09/29 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 大気の構造と熱収支
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture02/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2016年度(H28年度) 第2回講義資料
石渡 正樹 (2016/10/07)
2016/10/06 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は 太陽定数, 地球全体の熱収支, 熱の輸送
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture03/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015(H27年度) 第3回講義資料
石渡 正樹 (2016/10/16)
2016/10/06 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は対流, 雲
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture04/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2016年度(H28年度) 第4 回講義資料
石渡 正樹 (2016/10/17)
2016/10/20 (木) 2 講目(10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容は低気圧・高気圧, 前線, 台風
[講義資料は pub]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture05/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第5回講義資料 海洋の構造・循環
石渡 正樹 (2015/11/09)
2015/11/12 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture06/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2016年度(H28年度) 第6回講義資料 気候変動
石渡 正樹 (2016/11/14)
2016/11/17 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture07/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第7回講義資料 天気予報
石渡 正樹 (2015/11/19)
2015/11/26 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture08/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 地球惑星科学II 2015年度(H27年度) 第8回講義資料 天文学の意義, 太陽
石渡 正樹 (2015/11/27)
2015/12/10 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture09/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27年度) 第9回講義資料 太陽・太陽系起源論
石渡 正樹 (2015/12/11)
2015/12/17 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture10/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27 年度) 第 10 回講義資料 公転, 惑星形成論
石渡 正樹 (2014/12/17 石渡 正樹 修正)
2014/12/24 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センターS2 内容は惑星形成論.
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture11/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第11回講義資料 恒星, 恒星の進化
石渡 正樹 (2014/12/27 石渡 正樹 修正)
2015/01/08 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 恒星の進化
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture12/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2015年度(H27年度) 第12回講義資料 宇宙の進化
石渡 正樹 (2016/01/08)
2015/01/14 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 宇宙における距離の測り方, 宇宙の進化
[講義資料は pub ]
2016/hokudai/momoko_chiwaku2/lecture13/
北海道大学 全学教育科目(基礎科目) 基礎地学II 2014年度(H26年度) 第13回講義資料 星雲, 系外惑星
石渡 正樹 (2014/01/17)
2015/01/22 (木) 2 講目 (10:30-12:00) 北海道大学 高等教育機能開発センター S2 内容: 系外惑星
[講義資料は pub ]
2016/kobe-u/
2016 年 神戸大学
林 祥介 (2016/01/29 作成)
2016/kobe-u/160205_abandou-Bthesis/
坂東 あいこ, 2016: 灰色大気の放射平衡温度分布に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
坂東 あいこ (2016/02/05)
2016/kobe-u/160205_abandou-Bthesis/model/
坂東 あいこ 卒業論文 2016:灰色大気の放射平衡温度分布に関する考察
坂東 あいこ (2016/02/05 新規作成)
[卒業論文で作成した数値モデル]
2016/kobe-u/160205_abandou-Bthesis/paper/
坂東 あいこ 卒業論文 2016:灰色大気の放射平衡温度分布に関する考察
坂東 あいこ (2016/02/05 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2016/kobe-u/160205_abandou-Bthesis/poster/
坂東 あいこ 卒業論文 2016:灰色大気の放射平衡温度分布に関する考察
坂東 あいこ (2016/03/23 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター(pptx, pdf)]
2016/kobe-u/160205_abandou-Bthesis/presen/
坂東 あいこ 卒業論文 2016:灰色大気の放射平衡温度分布に関する考察
坂東 あいこ (2016/03/23 新規作成)
[卒論発表会 pptx ファイル]
2016/kobe-u/160205_ishizaki-Bthesis/
石崎 渓, 2016: カルマン渦列のシミュレーション 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
石崎 渓 (2016/02/05)
2016/kobe-u/160205_ishizaki-Bthesis/model/
石崎 渓 卒業論文 2016:カルマン渦列の数値シミュレーション
石崎 渓 (2016/02/05 新規作成)
[卒業論文で作成した数値モデル]
2016/kobe-u/160205_ishizaki-Bthesis/paper/
石崎 渓 卒業論文 2016:カルマン渦列の数値シミュレーション
石崎 渓 (2016/02/05 新規作成)
[提出用ファイル群 (ソースの tex ファイルと整形された pdf ファイル)]
2016/kobe-u/160205_ishizaki-Bthesis/poster/
 石崎 渓 卒業論文 2016: カルマン渦列の数値シミュレーション
石崎 渓 (2016/03/25 新規作成)
[卒論発表会 展示用ポスター群 (pptx, pdf)]
2016/kobe-u/160205_ishizaki-Bthesis/presen/
 石崎 渓 卒業論文 2016: カルマン渦列の数値シミュレーション
石崎 渓 (2016/03/25 新規作成)
[卒論発表会 プレゼンファイル ]
2016/kobe-u/160205_matsudak-Bthesis/
松田 幸樹, 2016: 鉛直 1 次元放射対流平衡モデルによる灰色大気の温度構造に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
松田 幸樹 (2016/02/05)
2016/kobe-u/160205_tnisioka-Bthesis/
西岡 友樹, 2016: 1 次元放射平衡モデルを用いた灰色大気の鉛直温度構造に関する考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
西岡 友樹 (2016/02/05)
2016/kobe-u/160506_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 大気海洋海氷結合モデルによる水惑星の気候実験 ~ 海洋熱輸送が水惑星の気候に及ぼす影響の考察
(maintainer: missing) (2015/06/12)
[講演日時 : 2016 年 05 月 06 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/kobe-u/160609_epasemi_okazakis/
大気セミナー発表資料 準地衡2層モデルによる地衡流乱流の研究
(maintainer: missing) (2016/06/10)
[講演日時 : 2016 年 06 月 09 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/kobe-u/160623_epasemi_matsudak/
大気セミナー発表資料 灰色大気の気候状態の太陽定数依存性: 暴走温室状態から全球凍結状態まで - Ishiwatari et al. (2007) の紹介 -
(maintainer: missing) (2016/06/29)
[講演日時 : 2016 年 06 月 29 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/kobe-u/160707_epasemi_mmiyuki/
大気セミナー発表資料 対流によって励起された内部重力波の鉛直伝播に関する数値シミュレーション
(maintainer: missing) (2016/07/12)
[講演日時 : 2016 年 07 月 07 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/kobe-u/161013_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料 大気海洋海氷結合モデルによる水惑星の気候実験 ~ 海洋熱輸送が水惑星の気候に及ぼす影響の考察
(maintainer: missing) (2015/06/12)
[講演日時 : 2016 年 05 月 06 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/kobe-u/161020_epasemi_okazakis/
大気セミナー発表資料 準地衡 2 層モデルを用いた準地衡乱流の研究
(maintainer: missing) (2016/10/21)
[講演日時 : 2016 年 10 月 20 日 講演場所 : 神戸大学自然科学研究棟 3 号館 セミナー室 508]
2016/kobe-u/161110_epasemi_mmiyuki/
大気セミナー発表資料 対流によって励起された内部重力波の鉛直伝播に関する数値シミュレーション
(maintainer: missing) (2016/11/10)
[講演日時 : 2016 年 11 月 10 日 講演場所 : セミナー室 508]
2016/kobe-u/161215_epasemi_matsudak/
大気セミナー発表資料 雲とスノーボールアースの氷解
(maintainer: missing) (2016/12/21)
[講演日時 : 2016 年 12 月 15 日 講演場所 : セミナー室 508]
2017/
電脳関係者の原稿・スライド等アーカイブ 2017 年
林祥介 (2017/02/17)
2017/kobe-u/
2017 年 神戸大学
林 祥介 (2017/02/02 作成)
2017/kobe-u/170203_ikedaryo-Bthesis/
池田 諒, 2017: レイリー・ベナール対流における熱輸送とレイリー数の関係についての考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
池田 諒 (2017/03/22)
2017/kobe-u/170203_mmiyuki_Mthesis/
村上 美雪, 2017: 非線形・非静力学・圧縮性モデルを用いた内部重力波の数値実験的研究 神戸大学 大学院理学研究科 惑星学専攻 修士学位論文.
(maintainer: missing) (2017/02/03)
2017/kobe-u/170203_okazakis_Mthesis/
岡崎 正悟, 2017: 準地衡 2 層モデルにおける準地衡乱流の波数空間動力学に関する研究 神戸大学 大学院理学研究科 惑星学専攻 修士学位論文.
(maintainer: missing) (2017/03/22)
2017/kobe-u/170203_pikana-Bthesis/
宮野 加菜, 2017: 金星大気のスーパーローテーションに関する Thompson のメカニズムの研究 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
(maintainer: missing) (2017/02/03)
2017/kobe-u/170203_sakunasi-Bthesis/
櫻本 直己, 2017: 傾圧不安定における固有値問題の考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
(maintainer: missing) (2017/02/22)
2017/kobe-u/170203_shiojich-Bthesis/
塩尻 千里, 2017: 南北一次元エネルギーバランスモデルを用いた地表面温度分布の考察 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
(maintainer: missing) (2017/02/03)
2017/kobe-u/170203_yumiya-Bthesis/
宮階 悠, 2017: 傾圧不安定における Green 問題の研究 神戸大学 理学部 地球惑星科学科 卒業論文
宮階 悠 (2017/02/03)
2017/kobe-u/170427_epasemi_ykawai/
大気セミナー発表資料
(maintainer: missing) (2017/04/27)
[講演日時 : 2017 年 04 月 27 日 講演場所 : セミナー室 508]
2017/kobe-u/170608_epasemi_matsudak/
大気セミナー発表資料
(maintainer: missing) (2017/06/08)
[講演日時 : 2017 年 06 月 08 日 講演場所 : セミナー室 508]
index.htm@
電脳関係者の原稿・OHP等アーカイブ 目次ファイル
林祥介 (2010/05/24)
[直接編集しないこと. 編集する場合は index.rd を編集した後 make を実行すること.]

last update: 2017/09/24 10:03:08
this page is generated with mksigen